東山区

高台寺・アンドロイド観音の御朱印情報

はじめに

こんにちは、nobo@kyoto_gosyuin)です。
2019年2月、東山区の高台寺(こうだいじ)で世界初アンドロイド観音が報道陣に公開されました。
3月8日からは一般公開が行われ、毎日多くの参拝者が訪れ賑わっています。
この記事では、このアンドロイド観音の御朱印とその魅力についてご紹介します。

高台寺のアンドロイド観音のポスター

御朱印 について

こちらがアンドロイド観音の御朱印。朱印料は300円です。
左上には高台寺の山号である「鷲峰山」。右上の印の文字はわかりません…(調査中)
中央のアンドロイド観音には、般若心経の真言(マントラ)「羯諦羯諦ぎゃーていぎゃーてい 波羅羯諦はーらーぎゃーてい 波羅僧羯諦はーらーそうぎゃーてい 菩提薩婆訶ぼーじーそわかー」と書いてあります。

なお、この御朱印の授与終了時期は不明です。

アンドロイド観音の御朱印

御朱印は境内にある「利生堂(りしょうどう)」内で頂けます(土足厳禁)。
受付時間は朝の9時30分から、夕方の16:30まで。

アンドロイド観音の御朱印が頂ける高台寺の利生堂


世界初のアンドロイド観音

こちらが世界初のアンドロイド観音「マインダー(mindar)」。
高台寺と大阪大学などが共同で開発した観音様で、総事業費は約1億円だそうです。

アンドロイド観音

大きさは高さ195cm×幅90cm×奥行き90cm。
職員の方は「ロボットで観音様を作ったのではなく、観音様がロボットに変化した」とおっしゃっていました。

アンドロイド観音

頭部や手はシリコンですが、胴体は金属むき出しです。

アンドロイド観音

法話は1回につき50席で、時間は約25分。
1日5回行われています。

10:30〜/12:00〜/13:30〜/15:00〜/16:30〜

引用元:高台寺公式HP

法話中のアンドロイド観音の撮影は禁止。
法話前と法話後は自由に撮影することが出来ます。

アンドロイド観音が安置されている教化ホール

プロジェクションマッピングを利用した法話では、般若心経の「空」についてマインダーが語りかけてくれます。

Siriのような機械音声による語りで、最初は少し違和感がありますが、途中から馴染んできました。

アンドロイド観音のプロジェクションマッピング

「アンドロイド観音マインダー 般若心経を語る」の開催期間は3月8日から5月6日までで、高台寺境内にある教化ホールで行われています。
拝聴料は「ご志納」となっています。

アンドロイド観音が安置されている教化ホール

教化ホール内では、アンドロイド観音の御守が4種類授与中。

アンドロイド観音が安置されている教化ホール アンドロイド観音の御守

アンドロイド観音参拝記念のカードです。

裏には般若心経が印刷されています。

アクセス

  • 京都市営バス”清水道“より徒歩約5分
  • 京阪本線”祇園四条駅“より徒歩約13分

基本情報

御朱印の種類1種類
御朱印の朱印料300円
時間9:30〜16:30
宗旨臨済宗建仁寺派
住所京都市東山区下河原町526
公式HPhttps://www.kodaiji.com/mindar/index.html

周辺の御朱印情報

青龍寺の御朱印情報
青龍寺の御朱印情報京都市東山区にある洛陽三十三所観音霊場第9番札所・青龍寺(せいりゅうじ)の御朱印情報です。御本尊の聖観音菩薩は、天皇の命を受けた伝教大師最澄が観音像を掘ったもので、境内にはカンカン石と呼ばれている念仏石があり、これは隕石だと伝わっています。...
八坂庚申堂の御朱印
八坂庚申堂の御朱印情報京都市東山区にある八坂庚申堂(やさかこうしんどう)の御朱印と歴史、境内の様子などを詳しくご紹介します。正式名称は金剛寺というお寺で、奉納されているくくり猿はSNS上で「インスタ映え」すると話題になっています。...
安井金比羅宮の御朱印情報安井金比羅宮の御朱印と見どころの情報です。安井金比羅宮(やすいこんぴらぐう)は東山区に鎮座している神社。鳥居にも掲げられている通り「悪縁を切り良縁を結ぶ祈願所」として有名で、毎日全国から沢山の参拝客が訪れます。...
ABOUT ME
アバター
nobo
休日に自転車で京都を走り回り、御朱印を拝受しています。 御朱印を初めて頂いたのは2017年4月で、御朱印きっかけで神社仏閣によく行くようになりました。