【秋季特別拝観限定】東寺・限定御朱印帳と特別御朱印情報

南区

基本情報

  • 住所:京都市南区九条町1
  • 御朱印帳の納経料:2500円(御朱印料込)
  • 御朱印帳のサイズ:16cm×11.5cm
  • 御朱印帳のタイプ:ジャバラ式
  • 御朱印のタイプ:見開き

アクセス

  • JR”京都駅”より徒歩約14分
  • 近鉄京都線”東寺駅”より徒歩約9分
  • 京都市営バス”東寺東門前”より徒歩すぐ

秋季特別拝観限定の御朱印帳と御朱印?

南区の世界遺産・東寺では10月28日から12月10日まで「紅葉ライトアップと金堂・講堂夜間特別拝観」が行われています。拝観料は1000円で、紅葉ももちろん綺麗ですが、金堂・講堂の中も必見です!
ちなみに私が行った11月13日はまだ見頃では無かったようです。

そんな紅葉の見頃を迎える東寺で、「そうだ、京都、行こう。」キャンペーンを記念した限定御朱印帳が授与されています。東寺の方の話によると、この御朱印帳は今回の特別拝観期間限定で授与されるそうです。なお、これはあくまで予定で授与期間が伸びることもあるとのこと。
御朱印帳には講堂内に配置されている21体の仏像ゆかりのモチーフがデザインされており、とてもかっこいいです。
御朱印帳のサイズは16cm×11.5cmといわゆる小さいサイズ。

透明の御朱印帳カバー付き。

この御朱印帳だけに書いてある特別御朱印がこちらです。
右には「梵天(ぼんてん)」、左には「帝釈天」と墨書きされており、両面に日付が入っています。
梵天にはガチョウ、帝釈天には象の朱印が押してあります。どちらもゆかりの動物です。

夜間特別拝観中は御朱印帳に御朱印を書いてもらうことは出来ませんが、書き置きの「弘法大師」の御朱印は授与されています。納経料は300円。
御朱印帳、御朱印は帰り道にある売店(?)にて授与されています。日中に売店を訪れても御朱印帳は授与されていません。夜のみの模様です。

関連リンク

東寺-2017夜間特別拝観

そうだ、京都、行こう。-東寺


ABOUT US

アバター
休日に自転車で京都を走り回り、御朱印を拝受しています。
御朱印を初めて頂いたのは2017年4月で、御朱印きっかけで神社仏閣によく行くようになりました。
2017年12月の京都検定3級に挑戦しましたが、1点足りずに惜しくも不合格...