出世稲荷神社の御朱印情報

出世稲荷神社の御朱印 左京区

アクセス

  • 京都バス”梅の宮前”より徒歩約10分

出世稲荷神社は豊臣秀吉が邸内に勧請した神社!

出世稲荷神社(しゅっせいなりじんじゃ)は左京区大原に鎮座している神社。
御祭神は稲倉魂命・猿田彦命など五柱。御神徳は10種類あります。

  1. 開運出世の福
  2. 衣食住の福
  3. 地位名望の福
  4. 衆人愛敬の福
  5. 農工商その他一切の生業に大繁栄の福
  6. 延命長寿と病気平癒の福
  7. 千客万来の福
  8. 武運長久の福
  9. 善智識の福
  10. 金銀財宝の福

1587(天正15)年、豊臣秀吉公は邸宅・聚楽第(じゅらくてい)造営に際し、邸内に伏見稲荷大社から稲荷神社を勧請しました。これが当社の起こり。
その翌年に後陽成天皇が稲荷社に参拝、天皇から「出世稲荷」の神号を受けます。

奥の宮

聚楽第は1595(文禄4)年に取り壊されましたが、稲荷神社は元の場所に鎮座し続けました。
その後、1663(寛文3)年に千本旧二条へ遍座、出世開運の神として庶民から信仰を集め、江戸時代後期には奉納された300本を超える鳥居が建ったそう。

水天宮(左上)、大神宮(右上)、三石大神(下)

資金難などにより社殿の維持や修復が困難になったため、2012(平成24)年に現在地に移転しました。
移転前に尾上松之助・牧野省三などから奉納された鳥居も現在地に移されました。
ちなみに土地は売却され、出世稲荷神社跡地には石標とマンションが建っています。



御朱印について

  • 御朱印の種類:1種類
  • 御朱印の初穂料:300円
  • 社務所の時間:9:00〜17:00

出世稲荷神社では1種類の御朱印を頂くことが出来ます。
印の真ん中には「出世宮」、右は「豊太閤」左は「御創立」と書いてあります。
豊太閤とは豊臣秀吉公の敬称。

御朱印は境内にある社務所で拝受できます。

社務所の中には社殿・御神体や奉納された堂本印象作の雲龍図などがあり、無料で拝観することができます。

出世鈴のお守り

京都の稲荷神社特集記事はこちら

京都の稲荷神社で頂ける御朱印まとめ

2018年2月19日

関連リンク

出世稲荷神社公式HP


ABOUT US

アバター
休日に自転車で京都を走り回り、御朱印を拝受しています。
御朱印を初めて頂いたのは2017年4月で、御朱印きっかけで神社仏閣によく行くようになりました。
2017年12月の京都検定3級に挑戦しましたが、1点足りずに惜しくも不合格...