京都大神宮の御朱印情報

下京区

スポンサーリンク

アクセス

阪急電鉄京都本線”河原町駅”より徒歩約4分
京都市営バス”四条河原町”より徒歩約4分

京都大神宮は珍しい”萌え”神社

京都大神宮は、京都市下京区寺町通にある神社。
御祭神は伊勢神宮の内宮から勧請した天照皇大神、外宮から勧請した豊受大神など。

京都大神宮

1873(明治6)年、お伊勢参りが叶わない人々のために御祭神を伊勢神宮から勧請。
翌々年の1875(明治8)年に社殿が建立されました。

京都大神宮は萌え神社として有名です。上の写真にも映っていますが、かわいい巫女さんのイラストがこの神社のキャラクターです。

この巫女さんのイラストが入ったオリジナルの御朱印帳も授与されています。

京都大神宮の御朱印帳

2017.04.23

御朱印帳だけではなく、おみくじやお守り、絵馬にもこの巫女さんのイラストが使われています。

京都大神宮


御朱印について

  • 御朱印の種類:2種類
  • 御朱印の初穂料:300円
  • 授与所の時間:9:00〜17:00

京都大神宮では2種類の御朱印を頂くことが出来ます。
右が「丸印」、左が「角印」、頂く際にどちらをいただきたいか申告します。

 

京都大神宮

また、季節によっていろんなスタンプを押してもらえます。こちらは希望者のみです。

あじさい・鉾・すすきと月見団子・こおろぎと松茸

京都大神宮の御朱印

南天と雪・牡丹・梅・雛人形

2018年10月は「コスモス」と「栗」のスタンプを押して貰えます。

また、巫女さんの印が3種類あり、こちらも希望者のみに押してもらえます。
2種類同時に押してもらうことは可能ですが、必ず最初に書き手さんに申告してください。(3種類同時に押してもらえるかは不明)
後から追加をお願いされて押す場所に困ることが多いそうです。

3つのスタンプを一度に押して貰うことは可能ですが、小さいサイズの御朱印帳だと無理な場合があります。

こちらは5月の18日・19日・20日・25日・26日・27日の6日間のみで授与された限定御朱印。初穂料350円。
1日限定20体・書き置きのみで、巫女ちゃんの全身スタンプと鶴亀のスタンプが押してあります。

こちらは2018年7月14〜24日に授与された限定御朱印。
右下の花は檜扇(ひおうぎ)というもので、古代より悪霊退散に用いられ、祗園祭に欠かせないものだそう。

2018年10月に授与された例祭斎行記念御朱印。
イラストは「祓鈴・稲穂」と「クロガネモチ」です。

たまに「丸印・角印は無しで巫女さんの印だけ押してほしい」という方がいらっしゃるそうです。
これについて書き手は「巫女印は御朱印に添えるものなので、これは御朱印の意味が違ってくる。」とおっしゃっており、対応に困ってるそうです。

この記事を読んだ方は上記の事をぜひ注意してほしいですm(_ _;)m

関連リンク

京都大神宮 公式HP
京都大神宮のブログ
京都大神宮 公式Twitter

スポンサーリンク

ABOUT US

nobo
休日に自転車で京都を走り回り、御朱印を拝受しています。
御朱印を初めて頂いたのは2017年4月で、御朱印きっかけで神社仏閣によく行くようになりました。
2017年12月の京都検定3級に挑戦しましたが、1点足りずに惜しくも不合格...