書き置きの御朱印を貼るのに最適なのりはなに?

御朱印初心者向け

スポンサーリンク

 はじめに

限定御朱印などに多い書き置きの御朱印。Twitterのフォロワーさんの写真を見たところ、ほとんどの方が御朱印帳にのりで貼り付けて保存しています。
たくさん種類があるのりの中でどれが一番最適なのりなのか気になったので、Twitterで見かけた4種類ののりを比較し検証してみました。
のり選びの参考にしていただければ幸いです。

スティックのり

使用したスティックのりはトンボから発売されている消えいろPIT。のりは青色で塗ったところがわかりやすく、乾くと無色になるのが特徴です。
消えいろPITはXS・S・N・Gと4サイズありますが、今回は家にあった2番目に小さいSサイズを使用しました。

少し力を入れすぎたため、一部にのりの塊が発生してしまいました。

貼った後少し待つと青い部分はすべて透明になり、キレイに貼れました。
よく見ると塊の部分が少しだけボコッと出ていますが気になるレベルではありません。

テープのり

使用したテープのりはコクヨから発売されているドットライナー。
形や使用方法は一般的な修正テープに似ており、とても使いやすいです。

スティックのりとは違い、四辺にのりを塗りました。テープ状ののりなのでまったく手がべたつきません。

御朱印帳に貼ってみたところ非常にキレイな仕上がりになりました。四辺だけでしっかり貼れます。

 注意

頂いた情報によると上のテープのりは徐々に黄ばんでくるそうです。もし上のテープのりを購入しようと思っている方は気をつけて下さい。黄ばんできたらまた追記したいと思います。



でんぷんのり

昔懐かしいでんぷんのり。使用したのはヤマトから発売されている和紙糊。公式サイトによると作業がしやすいように接着時間を長くしてるそう。
ラベルにも書いてある通り普通のでんぷんのりに比べてちょっとだけ高級です。

100円ショップで購入した小さなハケでまんべんなく塗りました。

のりに入っている水分が多いためか、御朱印帳の紙がちょっとぐにゃっとなりました。
もしかすると、塗ったのりが少し多かったかもしれません。

ヤマト でんぷんのり 和紙糊 100g W-100

スプレーのり

おそらく4種類の中で一番知名度が低いスプレーのり。使用したのは3Mから発売されているスプレーのり55。2・3秒でまんべんなく散布でき、貼り付けが非常に楽です。

スプレーのりは飛散するため、下にダンボールやいらない紙などを敷くことが必要。
無色のためしっかりと全体に散布できているか確認しにくいです。

しわもなくしっかりと貼ることが出来ました。
ちなみに今回使ったスプレーのり55は、剥がしやすいのりなので失敗してもキレイに剥がせることが出来ます。

各項目ごとのランキング

4種類ののりでいろいろなランキングを作ってみました。あくまで個人の感想です。

のりを塗る労力が少ないランキング

  1. スプレーのり
  2. テープのり
  3. スティックのり
  4. でんぷんのり

出先で貼りやすいランキング

  1. テープのり
  2. スティックのり
  3. でんぷんのり
  4. スプレーのり

キレイに貼れるランキング

  1. スプレーのり
  2. テープのり
  3. スティックのり
  4. でんぷんのり

貼った後にずらして微調整出来るランキング

  1. でんぷんのり
  2. スティックのり
  3. スプレーのり
  4. テープのり

総合ランキング

  1. テープのり
  2. スプレーのり
  3. スティックのり
  4. でんぷんのり

準備の手間とキレイさなどを総合的に考えるとテープのりが一番いいかなぁと思いました。
のりによっては変色するものもあるそうなので、変色してきたものがあればまた追記していきます。


スポンサーリンク

ABOUT US

nobo
休日に自転車で京都を走り回り、御朱印を拝受しています。
御朱印を初めて頂いたのは2017年4月で、御朱印きっかけで神社仏閣によく行くようになりました。
2017年12月の京都検定3級に挑戦しましたが、1点足りずに惜しくも不合格...