東山区

三十三間堂の御朱印 – 季節で変わる美しい御朱印帳と圧巻の観音像

こんにちは、nobo@kyoto_gosyuin)です。

京都市東山区にある「三十三間堂(さんじゅうさんげんどう)」。
正式名称は「蓮華王院れんげおういん」というお寺ですが、お堂の柱間が「33」であることから、一般的に三十三間堂と呼ばれています。

この記事では、そんな三十三間堂で頂ける「2種類の御朱印と御朱印帳」を中心に、歴史や千手観音像などについて詳しくご紹介いたします!

京都市東山区の三十三間堂

三十三間堂の御朱印

御朱印の基本情報
  • 御朱印の種類:通常2種類
  • 御朱印の料金:300円
  • 時間:4/1〜11/15:8時半〜17時、11/16〜3/31:9時〜16時

三十三間堂の御朱印は2種類ある!

三十三間堂では、通常2種類の御朱印が授与されています。

  • 洛陽三十三所観音霊場第17番の御朱印
  • 洛陽三十三所観音霊場第17番の御詠歌の御朱印
種類大悲殿御詠歌
画像三十三間堂の御朱印三十三間堂の御朱印
料金300円300円
補足代表的

洛陽三十三所観音霊場とは?

観音菩薩を祀る「京都市内の33ヶ寺」を巡る観音霊場のこと。
平安時代に後白河上皇が定めたとされ、明治初期の廃仏毀釈の影響で中断し、平成17年(2005)に復興された。

詳しくはコチラの記事をご覧ください!

洛陽三十三所観音霊場
【地図あり】洛陽三十三所観音霊場とは?御朱印帳や先達について紹介!京都にある33の観音霊場をめぐる「洛陽三十三所観音霊場」。この記事では、各札所で頂ける御朱印を始め、公式御朱印帳や地図、満願証、先達制度、ガイドブックなどについて詳しくご紹介いたします。...

御朱印を1つ1つ詳しく見ていきましょう!

大悲殿の御朱印

「洛陽三十三所観音霊場第17番」の御朱印です。
特に指定せず、御朱印をお願いするとコチラを書いて頂けます。

少々読みづらいですが、右上には「洛陽十七番 蓮華王院」の朱印が押してあります。

京都市東山区の三十三間堂の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝、日付
    中央:大悲殿
    左側:蓮華王院
  • 朱印
    右側:洛陽十七番 蓮華王院
    中央:寺紋
    左側:三十三間堂

 

御朱印の意味

中央に書いてある大悲殿だいひでん」は、「観音様を安置するお堂」を意味します。
西国三十三所や洛陽三十三所観音霊場など、観音霊場の御朱印によく使用される言葉です。

京都市東山区の三十三間堂の御朱印

札所案内

1つ前の札所:第16番・仲源寺の御朱印情報

仲源寺の御朱印
仲源寺の御朱印 - 眼病平癒のおじぞうさんを祀る洛陽観音霊場京都市東山区・祇園商店街の中にある仲源寺(ちゅうげんじ)の御朱印情報です。仏師の定朝(ていじょう)が地蔵菩薩を彫り、四条橋の北東に祀ったのが当寺の起こりとされ、御本尊の目疾地蔵尊は眼病平癒の信仰を集めています。観音堂に祀られている千手観音菩薩は洛陽三十三所観音霊場第16番札所。...

1つ次の札所:第18番・善能寺の御朱印情報

善能寺の御朱印情報
善能寺の御朱印情報京都市東山区・泉涌寺塔頭の善能寺(ぜんのうじ)の御朱印情報です。本堂(祥空殿)は、1971(昭和46)年に北海道で起こった「ばんだい号墜落事故」の遺族の一人が寄進したもので、ばんだい号墜落事故の犠牲者を始めとする航空殉難者の慰霊堂となっています。御朱印は1種類のみで泉涌寺境内にある泉涌寺本坊にて頂けます。...

御詠歌の御朱印

「洛陽三十三所観音霊場第17番の御詠歌」の御朱印です。
御詠歌の御朱印には、「奉拝」「日付」の書き入れはありません。

御詠歌とは?

仏教やお寺の教えを「五・七・五・七・七」の和歌にしたもの。

京都市東山区の三十三間堂の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    かぞふれば
    ながき三十路の
    三つのまに
    みのりのこえも
    かずまさりして
  • 朱印
    右側:洛陽十七番 蓮華王院
    中央:寺紋
    左側:三十三間堂

 

三十三間堂の御詠歌は「かぞふれば ながきみそじの みつのまに みのりのこへも かずまさりして」。
ぜひ、大悲殿の御朱印と一緒に頂いてみてくださいね!

京都市東山区の三十三間堂の御朱印

御朱印帳が無くても…書き置きがある!

三十三間堂では、書き置きの御朱印も用意されているので、御朱印帳が無い方でも御朱印を頂くことが可能。
書き置きの御朱印をください」と書き手の方に伝えると頂けます。

京都市東山区の三十三間堂の御朱印

書き置きの御朱印の保管には、差し込むだけの「書き置き御朱印 専用御朱印帳」やフィルムで挟む「御朱印ホルダー」などがオススメですよ〜!

京都市東山区の三十三間堂の御朱印

三十三間堂の御朱印帳

三十三間堂では、「年中同じの御朱印帳」と「季節によってデザインが変わる御朱印帳」が授与されています。

御朱印帳のサイズと料金
  • サイズ:縦18cm×横12cm(大判)
  • 料金:1000円

限定御朱印帳

今回、私は「春限定」の若草色の御朱印帳を拝受。
若草色の他にも、ピンク色の御朱印も授与されていました。

京都市東山区の三十三間堂の御朱印帳

正面には、お堂と柳の葉の美しい箔押しが施されています。
季節によって生地の色が変化し、箔押しもイチョウやモミジなどに変わります。

京都市東山区の三十三間堂の御朱印帳

御朱印帳の1ページ目には、美しい金色の御影がいらっしゃいます。
なんともありがたい御朱印帳ですね。

御朱印帳を頂いてから、御朱印を書き入れてもらうことも可能です。
その場合の料金は「1300円」。

京都市東山区の三十三間堂の御朱印帳

背面には、「洛東 国寶 三十三間堂」と印刷されていました。
帳面に文字が印刷されている御朱印帳は、なかなか珍しいと思います。

洛東は「京都市東部」のこと。
京都市東山区の三十三間堂の御朱印帳

年中同じの御朱印帳

こちらは年中同じデザインの御朱印帳です。
茶色の生地に、斜めから見たお堂の箔押しが施されています。

こっちのデザインも美しいですね〜!

京都市東山区の三十三間堂の御朱印帳

御朱印と御朱印帳が頂ける場所

三十三間堂の御朱印と御朱印帳は、本堂内中央にある御朱印所で頂けます。

時間
4/1〜11/15:8時半〜17時、11/16〜3/31:9時〜16時
京都市東山区の三十三間堂

なお、外に御朱印所が設置されることもあります。
※画像は2021年1月17日の写真(境内無料日/毎年1月15日に近い日曜日)。

京都市東山区の三十三間堂



周辺の御朱印情報

三十三間堂の周辺には、三十三間堂を管理している「妙法院門跡」や豊臣秀吉公を祀る「豊国神社」、方広寺鐘銘事件の舞台になった「方広寺」などがあります。
ぜひ、一緒に参拝してみてくださいね!

妙法院門跡の御朱印
妙法院門跡の御朱印 - 国宝の庫裏がある天台宗三門跡の一つ京都市東山区にある「妙法院門跡(みょうほういんもんせき)」で頂ける御朱印や歴史などについての紹介です。妙法院門跡は通常非公開のお寺ですが、神仏霊場巡拝の道の第119番になっているため、非公開時でも御朱印を頂くことができます。...
豊国神社
豊国神社の御朱印情報基本情報 住所:京都市東山区大和大路正面茶屋町530 御祭神:豊臣秀吉公 時間:9:00~16:30 御朱印の初穂料:300円 ...
方広寺(京都)の御朱印 |境内には大きな鐘、かつては大仏も京都市東山区にある方広寺(ほうこうじ)で頂ける3種類の御朱印の紹介です。うち2種類には豊臣家の家紋でもある「五七の桐」の朱印が押してあり、限定御朱印やオリジナル御朱印帳の授与も。方広寺鐘銘事件で有名な鐘やかつてあった大仏についてもご紹介します。...

三十三間堂ってどんなお寺?

歴史

もともと、三十三間堂があるこの地には、永延2年(988)に建てられた法住寺殿がありました。

京都市東山区の三十三間堂

長寛2年(1164)、後白河上皇の勅命により、平清盛が法住寺殿の一角に「蓮華王院本堂」を寄進。
これが三十三間堂の起こりとなります。

京都市東山区の三十三間堂画像:京都府立京都学・歴彩館 京の記憶アーカイブから(一部切り抜き)

その後は不動堂や五重塔などが建てられ、巨大な伽藍が造営されますが、建長元年(1249)に発生した「建長の大火」により焼失。

文永3年(1266)に本堂のみが再建され、過去4度の大修理を経て、現在まで残っています。

京都市東山区の三十三間堂



仏像

三十三間堂の見どころといえば、やはり千手観音像。
国宝の本堂の中に、国宝の千手観音像が1001体(全て御本尊)も安置されています。

私は今まで三十三間堂を5回訪れていますが、その素晴らしい仏像に毎回感動しています。
写真に収めたくなるほど美しい仏像群ですが、堂内は写真撮影禁止なのでお気をつけください。

京都市東山区の三十三間堂画像:境内案内板より

お堂の中央に安置されている「千手観音坐像(中尊)」は、鎌倉期の再建時に仏師・運慶の息子「湛慶」らによって造られたもの。
像高は3.35m、台座などを含めると7mを超える立派な観音様です。

京都市東山区の三十三間堂画像:境内案内板より

また、千手観音坐像を中心に、千手観音立像が左右500体ずつズラリと安置されています。
千手観音立像1000体のうち、124体は平安時代の創建時から残る「創建仏」であり、その他の876体は、鎌倉期の再建の際に16年かけて造られてもの。

京都市東山区の三十三間堂画像:境内案内板より

観音様の表情は、1体1体微妙に違います。
このことから、「必ず会いたい人に似た観音様がいらっしゃる」という俗説も伝えられています。

報道公開された際の動画がYouTubeにありますので、ぜひ圧巻の観音群をご覧ください!

三十三間堂へのアクセス

  • 京都市営バス「博物館三十三間堂前」からすぐ
  • 京阪本線「七条駅」から徒歩約7分

三十三間堂の基本情報

御朱印の種類通常2種類
御朱印の料金300円
御朱印帳の料金1000円
時間4/1〜11/15:8時半〜17時
11/16〜3/31:9時〜16時
拝観料大人600円、中高生400円、小学生300円
御本尊千手観音
宗派天台宗
正式名称蓮華王院本堂
札所洛陽三十三所観音霊場第17番
住所京都市東山区三十三間堂廻町657
公式HPhttp://sanjusangendo.jp/

ABOUT ME
アバター
nobo
休日に自転車で京都を走り回り、御朱印を拝受しています。 御朱印を初めて頂いたのは2017年4月で、御朱印きっかけで神社仏閣によく行くようになりました。