南区

東寺の御朱印は全9種類!御朱印帳や夜間ライトアップ限定も紹介!

京都市南区の東寺の御朱印

こんにちは、nobo(@nobo_kyoto)です。

京都市南区にある弘法大師こうぼうだいし空海くうかいゆかりの「東寺(とうじ)」。
正式名称は「教王護国寺きょうおうごこくじ」といい、世界遺産に指定されているお寺です。

この記事では、東寺で頂ける「通常9種類」の御朱印やオリジナル御朱印帳、さらに「期間限定御朱印帳・御朱印」などについて、実際の写真と圧倒的情報量でご紹介いたします。

御朱印の意味や仏像についても詳しく載せていますので、御朱印をきっかけに「東寺の魅力」を少しでも知って頂けたら嬉しいです!

京都市南区の東寺

東寺の御朱印について

御朱印の基本情報
  • 御朱印の種類:9種類
  • 御朱印の朱印料:300円
  • 納経所:食堂内
  • 時間:8:30〜16:30

御朱印の種類

東寺は真言宗十八本山や洛陽三十三所観音霊場京都十二薬師霊場など複数の札所になっており、通常9種類の御朱印が授与されています。

御朱印の料金で300円で、全て手書きして頂けます。

御朱印の種類一覧
  1. 弘法大師(代表的)
  2. 大日如来(京都十三仏霊場)
  3. 薬師如来(京都十二薬師霊場)
  4. 十一面観音(洛陽三十三所観音霊場)
  5. 毘沙門天(都七福神)
  6. 愛染明王(西国愛染十七霊場)
  7. 不動明王
  8. 虚空蔵菩薩
  9. 南無八幡大菩薩

9種類のうち、「南無八幡大菩薩」以外の全てに「梵字ぼんじ(仏様を表す文字)」が入っているのが特徴です。

①弘法大師②大日如来③薬師如来
東寺の弘法大師の御朱印東寺の大日如来の御朱印東寺の薬師如来の御朱印
★代表的★
(真言宗十八本山、京都三弘法、神仏霊場)
京都十三仏霊場京都十二薬師霊場

④十一面観音⑤毘沙門天⑥愛染明王
東寺の十一面観音の御朱印東寺の毘沙門天の御朱印東寺の愛染明王の御朱印
洛陽三十三所観音霊場都七福神西国愛染十七霊場

⑦不動明王⑧虚空蔵菩薩⑨南無八幡大菩薩
東寺の不動明王の御朱印東寺の虚空蔵菩薩の御朱印東寺の八幡菩薩の御朱印
国宝・秘仏観智院鎮守八幡宮

一部ネット上に「御詠歌の御朱印も頂ける」という情報がありますが、2021年8月現在、御詠歌は授与されていません。
上記9種類で全てです。



①弘法大師の御朱印

弘法大師こうぼうたいし(空海)」は、東寺の代表的な御朱印になります。
御朱印を1体だけ頂きたい方は、コチラを頂くといいでしょう。

下の方でも紹介しますが、春と秋に行われる夜間特別拝観時は、弘法大師の御朱印(書き置き)のみが授与されます。

東寺の弘法大師の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝、日付
    中央:梵字(ユ)、弘法大師
    左側:東寺
  • 朱印
    右側:済世利人
    中央:寶印
    左側:真言宗総本山東寺印

 

弘法大師の御朱印は、個人的に「京都で最も美しい御朱印」だと思っています。
文字も達筆ですし、何より中央の「寶印」がステキです!

東寺の弘法大師の御朱印
【計9体】京都のお寺で頂いた「弘法大師」の御朱印まとめ真言宗の宗祖である弘法大師・空海。京都には弘法大師ゆかりのお寺が複数あり、それぞれで御朱印を頂くことが出来ます。この記事では、最近弘法大師にハマっている筆者が、京都のお寺で実際に頂いた御朱印をまとめて掲載しています。...

真言宗十八本山(9番)及び神仏霊場巡拝の道(84番)の御朱印帳には、弘法大師の御朱印が書き入れられます。

東寺の弘法大師の御朱印
真言宗十八本山・札所案内

第8番「泉涌寺」 → 東寺 → 第10番「勧修寺

また、東寺は弘法大師ゆかりの3ヵ寺を巡る「京都三弘法」の一つでもあります。

京都三弘法とは?

京都三弘法は、京都市内にある「弘法大師ゆかりの3ヵ寺(東寺・仁和寺にんなじ神光院じんこういん)」を巡る霊場です。
1月1日(元日)〜2月3日(節分)」の間に三弘法を巡礼すると、1年の厄除になるといわれています。

京都三弘法の御朱印帳

京都三弘法については、こちらの記事をご覧ください!

京都三弘法
京都三弘法とは?弘法大師ゆかりの3ヵ寺の紹介と御朱印帳も!京都市内に弘法大師・空海ゆかりの3ヵ寺「東寺・仁和寺・神光院」を巡る「京都三弘法(きょうとさんこうぼう)」についての紹介です。江戸中期頃に始まり、元日から節分までに巡礼すると、1年の厄除になるといわれています。専用御朱印帳は三つ折りになっています。...

弘法大師について

弘仁14年(823)、弘法大師は時の天皇である第52代・嵯峨天皇から東寺を与えられ、真言密教の道場としました。
中世以降は弘法大師信仰が流行。大師は信仰の対象となっていき、御影堂(国宝)の中には、弘法大師坐像(国宝)が安置されています(無料エリア)。

京都市南区の御影堂御影堂

②大日如来の御朱印

講堂内に安置されている「大日如来」の御朱印です。
京都十二薬師霊場の第12番札所になっています。

講堂は有料エリアにあります。
東寺の大日如来の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝、日付
    中央:梵字(バン)、大日如来
    左側:東寺
  • 朱印
    右側:京都十三佛第十二番
    中央:梵字(バン)
    右側:真言宗総本山東寺印

 

京都十三仏霊場の専用御朱印帳に頂きました。
バインダー式になっており、サイズが大きいので迫力があります。

東寺の大日如来の御朱印御朱印帳は食堂にて授与されています。
京都十三仏霊場・札所案内

第11番「随心院」 → 東寺 → 第13番「法輪寺

大日如来について

明応6年(1497)の康珍作であり、真言宗中心の仏様。
講堂内には、弘法大師が手掛けた「立体曼荼羅」が形成されており、大日如来はその中央に祀られています。
現世安穏や諸願成就のご利益があるそうです。

京都市南区の東寺の講堂講堂

③薬師如来の御朱印

金堂に安置されている東寺の御本尊「薬師如来」の御朱印です。
京都十二薬師霊場の第2番札所になっています。

金堂は有料エリアにあります。
東寺の薬師如来の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝、日付
    中央:梵字(ベイ)、薬師如来
    左側:東寺
  • 朱印
    右側:済世利人
    中央:梵字(ベイ)
    左側:真言宗総本山東寺印

 

京都十二薬師霊場の専用御朱印帳に頂きました。
こちらもバインダー式の御朱印帳になっています。

東寺の薬師如来の御朱印御朱印帳は食堂にて授与されています。
京都十二薬師霊場・札所案内

第1番「平等寺(因幡堂)」 → 東寺 → 第3番「水薬師寺

薬師如来について

京都十二薬師霊場第2番「金剛薬師」。
薬壺は持たず、右手に「施無畏印」、左手に「与願印」を持っているのが特徴。
向かって右側に日光菩薩、左側に月光菩薩を安置し、合わせて「薬師三尊像」と呼ばれています。

京都市南区の東寺の金堂金堂(国宝)

④十一面観音の御朱印

食堂内に安置されている「十一面観音」の御朱印です。
洛陽三十三所観音霊場の第23番札所になっています。

東寺の十一面観音の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝、日付
    中央:梵字(キャ)、十一面観音
    左側:東寺
  • 朱印
    右側:洛陽二十三番
    中央:東寺の寺紋+梵字(キャ)
    左側:真言宗総本山東寺印

 

洛陽三十三所観音霊場専用御朱印帳に頂きました。
表紙は金襴生地を使っているので、見た目も美しい御朱印帳です。

東寺の十一面観音の御朱印御朱印帳は食堂にて授与されています。
洛陽三十三所観音霊場・札所案内

第22番「城興寺」 → 東寺 → 第24番「長圓寺

十一面観音について

美術院の仏師・明珍恒男氏によるもので、御朱印所がある食堂内に祀られています。
もともと、洛陽三十三所観音霊場の札所本尊は、醍醐寺開祖・理源大師聖宝作と伝わる千手観音でしたが、昭和5年(1930)の終い弘法の日に発生した火災により大破してしまいました。
現在は修復されており、境内の宝物館2階に安置されています。

京都市南区の東寺の食堂食堂

⑤毘沙門天の御朱印

毘沙門堂内に安置されている「毘沙門天」の御朱印です。
京都で最も有名な七福神めぐり「都七福神」の一つに数えられています。

東寺の毘沙門天の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝、日付
    中央:毘沙門天
    左側:東寺
  • 朱印
    右側:都七福神 七福即生
    中央:梵字(ベイ)
    左側:東寺毘沙門堂

 

下の画像は、都七福神の専用御朱印帳に頂いた御朱印です。
よく見てみると、「毘沙門天」上の梵字が書かれていません。

どうやら、通常の御朱印帳に頂く場合は「梵字アリ」都七福神専用御朱印帳は「梵字ナシ」になるようです。

東寺の毘沙門天の御朱印御朱印帳は食堂にて授与されています。

コチラは都七福神の専用台紙に頂いた御朱印。
台紙の種類は、左から「扇」「色紙」「色紙」です。

東寺の毘沙門天の御朱印



毘沙門天について

東寺で有名な毘沙門天といえば、国宝に指定されている「兜跋毘沙門天とばつびしゃもんてん」。
古くは平安京の入り口「羅城門」に安置されていたもので、毘沙門天堂は兜跋毘沙門天を祀るために建立されたお堂です。
現在、兜跋毘沙門天は宝物館に移されており、堂内には別の毘沙門天が安置されています。

京都市南区の東寺の毘沙門堂

都七福神を巡ろう!

都七福神は、七福神を祀る「京都府内の7社寺(1社6寺)」を巡礼する行事です。

日本各地で行われている七福神巡りの中で、最も古い歴史があります。
1月中に巡礼すると、「七難即滅・七福即生」極まりなしといわれ、特に福がもたらされるといいます。

みなさんも巡礼してみてくださいね!

都七福神の扇子
都七福神一覧
都七福神
「都七福神」とは?各社寺の御朱印や専用の色紙・御朱印帳も紹介!日本最古の七福神巡りとされる「都七福神(みやこしちふくじん)」は、京都府内にある7社寺を巡礼する行事です。この記事では、4回巡礼している筆者が、歴史から専用の色紙と御朱印帳、各社寺の紹介まで圧倒的情報量でその魅力をお伝えします。幻の扇子についても触れています。...

⑥愛染明王の御朱印

毘沙門堂内に安置されている「愛染明王」の御朱印です。
西国愛染十七霊場の第8番札所になっています。

東寺の愛染明王の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝、日付
    中央:梵字(ウン)、愛染明王
    左側:東寺
  • 朱印
    右側:西国愛染第八番
    中央:梵字(ウン)
    左側:真言宗総本山東寺印

 

愛染明王について

愛染明王は、上で紹介した毘沙門天の脇侍として祀られています。
御朱印の説明書きによれば、「良縁・恋愛成就」の信仰を集めているとのこと。
ちなみに、東寺塔頭の観智院にも、立派な愛染明王が安置されていますよ!

京都市南区の観智院の愛染明王画像:観智院のパンフレットより

⑦不動明王の御朱印

御影堂内に安置されている「不動明王」の御朱印です。
不動明王坐像(国宝)は、弘法大師作と伝えられ、大師の念持仏でもあったといいます。

東寺の不動明王の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝、日付
    中央:梵字(カーン)、不動明王
    左側:東寺
  • 朱印
    右側:八難即滅
    中央:梵字(カーン)
    左側:真言宗総本山東寺印

 

不動明王について

弘法大師が入定のため高野山に向かった際、蓮華門まで見送ったという伝説が残されています。
平安末期、東寺長者が像の修復を行ったところ、長者がすぐに死亡してしまったため、それ以降は一切開帳されていません。
下の画像は、明治頃に撮影されたと見られる不動明王坐像の貴重なお姿です。

東寺の不動明王Public domain, via Wikimedia Commons



⑧虚空蔵菩薩の御朱印

観智院に安置されている「虚空蔵菩薩」の御朱印です。
観智院は東寺の塔頭であり、東寺真言宗の別格本山になっています。

東寺の虚空蔵菩薩の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝、日付
    中央:梵字(タラーク)、虚空蔵菩薩
    左側:東寺、観智院
  • 朱印
    右側:別格本山
    中央:梵字(不明)
    左側:観智院印

 

観智院については、コチラの記事に詳しくまとめていますので、ぜひご覧ください!

観智院の御朱印
東寺・観智院(京都)の御朱印 - 五大虚空蔵菩薩を祀る別格本山京都市南区にある世界遺産の東寺。その北側には、東寺真言宗別格本山でもある塔頭「観智院(かんちいん)」があります。この記事では、五大虚空蔵像で有名な観智院で頂ける御朱印を中心に、歴史や仏像、見どころなどについてご紹介いたします。...

⑨南無八幡大菩薩の御朱印

東寺の鎮守である「八幡宮」の御朱印です。
9種類の中で唯一、梵字の墨書きが無く、右上の字が「八幡山(東寺の山号)」になっているのが特徴ですね。

東寺の八幡菩薩の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:八幡山
    中央:南無八幡大菩薩
    左側:東寺
  • 朱印
    右側:教王護國寺
    中央:八幡宮 東寺
    左側:真言宗総本山東寺印

 

八幡宮について

東寺創建の際、都の王城鎮護を祈願して祀られました。
明治元年(1868)に焼失して以降、長らく再建されることは無く、平成4年(1992)になりようやく再建が叶いました。
かつて建物内に安置されていた国宝「八幡三神像」は、日本最古の神像であり、弘法大師が同一の霊木から刻んだものと伝えられています。

京都市南区の東寺の鎮守八幡宮
京都市内の空海作の仏像
【40体】京都市内にある「弘法大師・空海作の仏像」まとめ全国各地にたくさんの伝説を残している真言宗の開祖・弘法大師空海。この記事では、複数の文献を参考にし、京都市内にある空海作と伝わる仏像をまとめました。見つけることができた37体の仏像名と、寺社名について詳しく紹介しています。...

御朱印が頂ける場所と時間は?

上記9種類の御朱印と御朱印帳は、すべて「食堂」内の御朱印所でいただけます。
受付時間は「8:30〜16:30」になります。

食堂は無料エリアにあるので、御朱印を頂くのに拝観料は必要ありません

御朱印はすべて書き置きのものが用意されています。
御朱印帳をお持ちで無い方は、書き置きを頂くといいでしょう。

ちなみに、御朱印所にて「9種類の書き置き御朱印セット」が授与されていたこともありました。
十数回の参拝の中で、9種類のセットを見たのは一回だけなので、相当レアだと思われます。

京都市南区の東寺の食堂



東寺の御朱印帳について

東寺では、5種類の御朱印帳が授与されています。
どれもステキなデザインですね〜!

オリジナル御朱印帳
  • 紅葉(大判、カバー付き)
  • 桜・赤(大判、カバー付き)
  • 桜・ピンク(大判、カバー付き)
  • 黄色(大判、カバー無し)
  • 亀(小判、カバー付き)
京都市南区の東寺の御朱印帳 京都市南区の東寺の御朱印帳

さらに、各種巡礼用の専用御朱印帳もあります!
東寺から、霊場めぐりを初めてみてはいかがでしょうか?

巡礼用御朱印帳
  • 京都十三仏霊場
  • 真言宗十八本山
  • 洛陽三十三所観音霊場(蛇腹)
  • 洛陽三十三所観音霊場(金襴)
  • 都七福神
  • 京都十二薬師霊場
京都市南区の東寺の御朱印帳

紅葉の御朱印帳

私は悩みに悩んだ結果、紅葉の御朱印帳をいただきました。
紅葉の柄と、寺紋・寺名の箔押しもステキです!

京都市南区の東寺の御朱印帳

裏面の箔押しはなく、一面に紅葉が広がっています。

京都市南区の東寺の御朱印帳

表題部分は、御朱印の書き手さんに書いていだきました。
本当に達筆で、美しい御朱印帳がさらに美しくなったように感じます。

京都市南区の東寺の御朱印帳



東寺の限定御朱印帳と限定御朱印

限定御朱印帳

毎年、春と秋に行われる夜間特別拝観では、講堂内に配置されている「21体の仏像ゆかりのモチーフ」などがデザインされた限定御朱印帳が授与されています。

京都市南区の東寺の限定御朱印

刺繍がとても美しく、手触りも最高。
夜間特別拝観でしか手に入らない一品です。

京都市南区の東寺の限定御朱印

なお、2021年4月現在は、ピンク色のものも授与されています。

クールな紺色とキュートなピンク色。
お好きな方を頂いてくださいね!

京都市南区の東寺の限定御朱印

限定御朱印

上で紹介した御朱印帳には、「梵天」「帝釈天」の御朱印が書き入れられています。

梵天と帝釈天は、共に講堂内に安置されています。
それぞれの仏像ゆかりの「ガチョウ」「ゾウ」の朱印が可愛いですね!

京都市南区の東寺の御朱印

限定御朱印帳が頂ける場所

限定御朱印帳は、こちらの売店にて頂くことが出来ます。
中は結構狭めなので、混雑時はちょっと大変です。

京都市南区の東寺の限定御朱印

夜間特別拝観時は、持ち込み御朱印帳への直書きは行われず、弘法大師の書き置き御朱印のみが授与されています。
拝観の記念に1体頂いてみてはいかがでしょうか。

京都市南区の東寺の限定御朱印



東寺ってどんなお寺?

歴史

東寺の起こりは、平安京の始まりまでさかのぼります。
「泣くよウグイス平安京」でおなじみの延暦13年(794)、平安遷都が行われた際、王城鎮護のために羅城門の左右に2つのお寺が創建されました。

東側のお寺が「東寺」、西側のお寺が「西寺」と称され、共に都の二大官寺とされました。
なお、西寺は廃寺になってしまったため、現在は残されていません。

京都市南区の東寺

弘仁14年(823)、弘法大師は、時の天皇である第52代・嵯峨天皇に東寺を与えられ、真言密教の道場としました。
天長2年(825)には講堂が建立され、淳和天皇から「教王護国寺」の勅額を賜ります。

その後、創建当時から「官寺」だった東寺は、弘法大師信仰の高まりとともに、「民間寺院」となっていきました。

現在は地元の人達から篤く信仰されており、弘法大師の月命日にあたる毎月21日には「縁日(弘法さん)」が開かれ、境内は多くの人で賑わいます。

京都市南区の東寺弘法市

五重塔

今や京都のランドマークとなっている国宝「五重塔」。
初代は弘法大師が着工し、元慶7年(883)に完成しました。

京都市の東寺の五重塔

焼失と再建を繰り返しており、現在の塔は、江戸時代に徳川第3代将軍・家光によって建立された5代目になります。

京都市の東寺の五重塔

五重塔内部は通常非公開。

定期的に公開されており、塔内部の美しい密教空間を拝観することが出来ます。
当たり前ですが、内部は撮影禁止です。

京都市の東寺の五重塔

なお、塔の中に入れるわけではなく、外から覗くだけです。
ちなみに、東山・法観寺にある「八坂の塔」は、中に入って塔を登ることが出来ますよ〜!

八坂の塔(法観寺)の御朱印 - 東山のシンボルは内部拝観可能!京都市東山区にある八坂の塔で有名な「法観寺(ほうかんじ)」で頂ける御朱印を中心に、お寺・五重塔の歴史や塔内部の解説、境内にあるお堂などについて詳しくご紹介いたします!東山のシンボルである八坂の塔は、実は2層部分まで内部拝観が可能です。...

東寺周辺の御朱印情報

東寺の近くには、上でも紹介した塔頭「観智院」や桜が美しいことで知られる「六孫王神社」などがあります。
また、油小路東寺道にある「伏見稲荷大社御旅所」では、稲荷祭期間中(毎年4月中旬〜五月初め)限定で御朱印が授与されます。

ぜひ、合わせて参拝してみてくださいね!

観智院の御朱印
東寺・観智院(京都)の御朱印 - 五大虚空蔵菩薩を祀る別格本山京都市南区にある世界遺産の東寺。その北側には、東寺真言宗別格本山でもある塔頭「観智院(かんちいん)」があります。この記事では、五大虚空蔵像で有名な観智院で頂ける御朱印を中心に、歴史や仏像、見どころなどについてご紹介いたします。...
六孫王神社の御朱印
六孫王神社の御朱印情報東寺の近くに鎮座している六孫王神社(ろくそんのうじんじゃ)の御朱印情報です。六孫王神社の御祭神は源経基(六孫王大神)など三柱。京都の名水として知られる六孫王誕生水が有名で本殿と誕生水弁財天社の2種類の御朱印を頂けます。御朱印の情報と社務所の時間などの情報を掲載しています。...
伏見稲荷大社御旅所の御朱印情報基本情報 住所:京都市南区西九条池ノ内町98(伏見稲荷大社御旅所) 期間:4月23日〜5月3日 御祭神:稲荷大神、天照皇大神、豊受...

東寺へのアクセス

  • 京都市営バス「東寺東門前」から徒歩すぐ
  • 京都市営バス「東寺西門前」から徒歩すぐ
  • 京都市営バス「東寺南門前」から徒歩約3分
  • 京都市営バス「東寺道」から徒歩約7分
  • 近鉄京都線「東寺駅」から徒歩約5分
  • JR「京都駅」から約15分

東寺の基本情報

御朱印の種類通常9種類
御朱印の値段300円
時間8:30〜16:30
御朱印帳の種類5種類
授与所の場所食堂
札所等真言宗十八本山第9番、神仏霊場巡拝の道第84番(京都第4番)、洛陽三十三所観音霊場第23番、京都十二薬師霊場第2番、西国愛染十七霊場第8番、都七福神、京都三弘法
御本尊薬師如来
宗旨東寺真言宗(総本山)
拝観料境内自由
(講堂・金堂は有料)
住所京都市南区九条町1
公式HPhttps://toji.or.jp/

ABOUT ME
nobo
休日に自転車で京都を走り回り、御朱印を拝受しています。 御朱印を初めて頂いたのは2017年4月で、御朱印きっかけで神社仏閣によく行くようになりました。