東山区

清水寺の御朱印は11種類!御朱印帳や限定2種類もまとめて紹介!

京都市東山区の清水寺の御朱印

こんにちは、nobo@nobo_kyoto)です。

京都市東山区にある世界遺産「清水寺(きよみずでら)」。
数ある京都のお寺の中で最も人気があり、国内外から多くの観光客が訪れています。

私も清水寺が大好きでして、今まで数え切れないほど参拝し、計30体以上の御朱印を頂いてきました。

この記事では、そんな”清水寺マニア”な私が、清水寺で頂ける11種類の御朱印を中心に、御朱印帳や期間限定で授与された御朱印など、圧倒的情報量でお伝えいたします。

この記事で分かること
  • 清水寺で頂ける11種類の御朱印
  • 御朱印が頂ける場所
  • 2種類の期間限定御朱印
  • オリジナル御朱印帳
  • 歴史や諸堂の説明
京都市東山区の清水寺の御朱印

清水寺の御朱印が頂ける場所と種類

清水寺の御朱印は11種類!

清水寺は「西国三十三所」や「洛陽三十三所観音霊場」など、複数の霊場の札所になっており、通常11種類の御朱印が授与されています。
御朱印の納経料(値段)はすべて「300円」です。

清水寺の代表的な御朱印は「①本堂(西国)」。
清水寺で御朱印巡りを楽しみたい方には、「⑨阿弥陀如来(法然)」「⑫不動明王」もオススメです。

①本堂(西国)②御詠歌(西国)③善光寺堂④奥の院
清水寺の西国三十三所の御朱印清水寺の西国三十三所の御詠歌清水寺の善光寺堂の御朱印清水寺の奥の院の御朱印
★代表的★
(西国第16番)
西国第16番洛陽第10番洛陽第11番
本堂横本堂横本堂横本堂横

⑤本堂(洛陽)⑥朝倉堂⑦泰産寺⑧阿弥陀如来(法然)
清水寺の本堂の御朱印清水寺の朝倉堂の御朱印清水寺の泰産寺の御朱印清水寺の法然上人二十五霊場の御朱印
洛陽第12番洛陽第13番洛陽第14番法然上人第13番
本堂横本堂横本堂横阿弥陀堂

⑨御詠歌(法然)⑩阿弥陀如来(六阿弥陀)⑪不動明王(他)神仏霊場
清水寺の法然上人二十五霊場の御詠歌清水寺の洛陽六阿弥陀の御朱印清水寺の音羽の滝の御朱印京都市東山区の清水寺の御朱印
法然上人第13番洛陽六阿弥陀第3番神仏霊場第117番
阿弥陀堂阿弥陀堂音羽の滝本堂横

場所と種類

清水寺の境内には、3ヶ所の「納経所(御朱印が貰える場所)」があります。

  1. 本堂横の納経所
  2. 阿弥陀堂の納経所
  3. 音羽の滝の納経所

3ヶ所とも拝観ルート上にあるので、迷うことは無いと思います。

各納経所の受付時間・御朱印の種類は、以下の通りです。
洛陽三十三所観音霊場の御朱印については、本堂横の納経所でまとめて授与されています。

①本堂横②阿弥陀堂③音羽の滝
京都市東山区の清水寺の納経所京都市東山区の清水寺の納経所京都市東山区の清水寺の納経所
8:00〜18:00(*)8:00〜18:00(*)8:00〜17:00
①本堂(西国)
②御詠歌(西国)
③善光寺堂
④奥の院
⑤本堂(洛陽)
⑥朝倉堂
⑦泰産寺
⑧阿弥陀如来(法然)
⑨御詠歌(法然)
⑩阿弥陀如来(六阿弥陀)
⑪不動明王

(*) 7・8月は18:30まで。



清水寺「本堂横の納経所」で頂ける御朱印

清水寺の御朱印が頂ける場所

①本堂の御朱印(西国三十三所)

清水寺の「本堂(西国三十三所の第16番)」の御朱印です。

西国三十三所とは?

主に近畿地方にある「33ヶ所の観音霊場」を巡拝する霊場のこと。
起源は奈良時代までさかのぼり、日本最古の巡礼として「日本遺産」に登録されています。

「清水寺の代表的な御朱印」であり、何も指定せずに御朱印をお願いすると、コチラを書いてもらえます。

清水寺の本堂の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝、日付
    中央:大悲閣
    左側:清水寺
  • 朱印
    右側:西國十六番
    中央:梵字(キリーク)の御宝印
    左側:清水寺納経印

 

また、「2022年3月31日までの期間中」は、左上に「西国三十三所草創1300年記念」の特別朱印が追加されます。

この期間中にしか頂けない「限定」仕様ですね!

清水寺の本堂の御朱印

「大悲閣」の意味とは?

御朱印の中心に書いてある「大悲閣」は、「だいひかく」と読みます。
意味は「観音様(仏像)を安置する建物」。

清水寺の本堂の御朱印



②御詠歌の御朱印(西国三十三所)

西国三十三所第16番の御詠歌ごえいかの御朱印です。

御詠歌とは?

仏教やお寺の教えを「五・七・五・七・七」の和歌にしたもの。

御朱印には、松尾芭蕉が作った和歌「松風や 音羽の滝の 清水を むすぶ心は 涼しかるらん」が書いてあります。

清水寺の御詠歌の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:日付
    中央:松風や 音羽の滝の 清水を むすぶ心は 涼しかるらん
  • 朱印
    右側:西國十六番
    中央:梵字(キリーク)の御宝印
    左側:草創1300年記念印、清水寺納経印

 

御詠歌の御朱印は美しいので、個人的に気に入っています。
清水寺は特に字が達筆なので、松尾芭蕉の歌がより一層引き立っていますね。

清水寺の御詠歌の御朱印
札所案内

第15番「今熊野観音寺」 → 清水寺 → 第17番「六波羅蜜寺

③善光寺堂の御朱印(洛陽10番

洛陽らくよう三十三所観音霊場第10番「善光寺堂ぜんこうじどう」の御朱印です。

洛陽三十三所観音霊場とは?

観音菩薩を祀る「京都市内の33ヶ寺」を巡る観音霊場のこと。
平安時代に後白河上皇が定めたとされ、明治初期の廃仏毀釈はいぶつきしゃくの影響で中断し、平成17年(2005)に復興されました。

清水寺の善光寺堂の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝、日付
    中央:大悲閣
    左側:清水 善光寺堂
  • 朱印
    右側:洛陽十番
    中央:梵字(キリーク)の御宝印
    左側:清水 善光寺堂

 

善光寺堂は、清水坂の店々を抜けたところにあるお堂です。
鎌倉時代以前からあった「地蔵堂」が起源とし、その後、六臂ろっぴ坐像の「如意輪観音にょいりんかんのん」も併せて祀るようになりました。

清水寺の善光寺堂の御朱印

④奥の院の御朱印(洛陽11番)

洛陽三十三所観音霊場第11番「奥の院」の御朱印です。

清水寺の奥の院の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝、日付
    中央:大悲閣
    左側:清水 奥の院
  • 朱印
    右側:洛陽十一番
    中央:梵字(キリーク)の御宝印
    左側:清水 奥の院

 

奥の院は、本堂と同じ「舞台造」のお堂。
開基・行叡ぎょえいと開山・延鎮えんちんが滝行を行った際の「草庵の旧跡」と伝えられ、舞台上からの眺めは最高です!

清水寺の奥の院の御朱印



⑤本堂の御朱印(洛陽12番)

洛陽三十三所観音霊場第12番「本堂」の御朱印です。

清水寺の本堂の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝、日付
    中央:大悲閣
    左側:清水寺 本堂
  • 朱印
    右側:洛陽十二番
    中央:梵字(キリーク)の御宝印
    左側:清水寺

 

本堂については、また下の方で詳しく紹介しているので、よかったら読んでみてくださいね!

清水寺の本堂の御朱印

⑥朝倉堂の御朱印(洛陽13番)

洛陽三十三所観音霊場第13番「朝倉あさくら堂」の御朱印です。

清水寺の朝倉堂の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝、日付
    中央:大悲閣
    左側:清水 朝倉堂
  • 朱印
    右側:洛陽十三番
    中央:梵字(キリーク)の御宝印
    左側:清水 朝倉堂

 

朝倉堂は本堂の西側にあるお堂。
現在の見た目からは想像できませんが、応仁の乱後の建立当初は「舞台造」だったようです。

清水寺の朝倉堂の御朱印

⑦泰産寺の御朱印(洛陽14番)

洛陽三十三所観音霊場第14番「泰産たいさん寺」の御朱印です。

清水寺の泰産寺の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝、日付
    中央:大悲閣
    左側:清水 泰産寺
  • 朱印
    右側:洛陽十四番
    中央:梵字(キリーク)の御宝印
    左側:清水 泰産寺

 

泰産寺は、境内の南側にあるお堂です。
創建は奈良時代と非常に古く、「子安の塔」と呼ばれる朱色の三重塔は、安産祈願の信仰を集めています。

清水寺の泰産寺の御朱印
札所案内

第9番「青龍寺」→ 清水寺5ヶ所 → 第15番「六波羅蜜寺

洛陽三十三所観音霊場
先達が教える「洛陽三十三所観音霊場」| 御朱印帳や地図も紹介!京都にある33の観音霊場をめぐる「洛陽三十三所観音霊場」。この記事では、各札所で頂ける御朱印を始め、公式御朱印帳や地図、満願証、先達制度、ガイドブックなどについて詳しくご紹介いたします。...
京都の安産祈願のお寺
安産の信仰を集める京都のお寺4選。あの清水寺の境内にもあった!京都市内には世界遺産「清水寺」から街中の小さなお寺まで、「安産祈願」の信仰を集めているお寺が複数あります。この記事では、その中から特に篤く信仰されているお寺を4カ寺ピックアップ。創建由緒から安産にまつわる逸話まで、詳しくご紹介します。...

(他)本堂の御朱印(神仏霊場巡拝の道)

神仏霊場巡拝の道第117番(京都第37番)・本堂の御朱印です。
朱印の追加は特に無いので、「(他)」として紹介します。

清水寺の神仏霊場の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝、日付
    中央:大悲閣
    左側:清水寺
  • 朱印
    中央:梵字(キリーク)の御宝印
    左側:清水寺納経印

 

以前は右上に「神仏霊場」の朱印が押されていましたが、2021年9月現在は、押すのを辞めているそうです。

札所案内

第116番「八坂神社」→ 清水寺 → 第118番「六波羅蜜寺

清水寺「阿弥陀堂の納経所」で頂ける御朱印

清水寺の御朱印が頂ける場所

①阿弥陀如来の御朱印(法然上人二十五霊場)

法然上人ほうねんしょうにん二十五霊場13番札所・阿弥陀堂の御朱印です。

法然上人二十五霊場とは?

浄土宗の宗祖・法然上人の遺跡などを巡拝する霊場です。
札所のほとんどは近畿地方にあり、浄土宗以外のお寺も含まれています。
一番最後の25番札所は、清水寺と同じ東山にある浄土宗総本山「知恩院」。

清水寺の阿弥陀堂の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝、日付
    中央:阿弥陀如来
    左側:清水寺 阿弥陀堂
  • 朱印
    右側:圓光大師廿五霊場第十三番
    中央:梵字(キリーク)の御宝印
    左側:清水寺納経印

 

阿弥陀堂は、本堂と奥の院の中間にあるお堂。
鎌倉時代初期、清水寺に招かれた法然上人が「常行じょうぎょう念仏」を修した場所と伝えられており、「日本最初の常行念仏道場」と称しています。

清水寺の阿弥陀堂

②御詠歌の御朱印(法然上人二十五霊場)

法然上人二十五霊跡13番札所の御詠歌の御朱印です。

内容は「阿弥陀佛と 十声唱えて まどろまん 長き眠りと なりもこそすれ」。

清水寺の阿弥陀堂の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:日付
    中央:「阿弥陀佛と 十声唱えて まどろまん 長き眠りと なりもこそすれ」
  • 朱印
    右側:圓光大師廿五霊場第十三番
    中央:梵字(キリーク)の御宝印
    左側:清水寺納経印

 

札所案内

第12番「欣浄寺(伊勢)」→ 清水寺 → 第14番「正林寺

私が京都府内で頂いた「御詠歌の御朱印」は、コチラの記事にまとめています!
色々なお寺の御詠歌を見たい方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

京都の御詠歌の御朱印
【計24体】京都のお寺で頂いた「御詠歌の御朱印」まとめ!仏教の教えやお寺の事を「五・七・五・七・七」形式の和歌にした「御詠歌(ごえいか)」。西国三十三所や洛陽三十三所観音霊場などの霊場では、御詠歌の御朱印を頂くことが出来ます。この記事では、私が京都お寺で頂いた御詠歌の御朱印を計24体まとめてみました。...

③阿弥陀如来の御朱印(洛陽六阿弥陀)

洛陽六阿弥陀めぐりの第3番の御朱印です。

清水寺の阿弥陀堂の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝、日付
    中央:阿弥陀如来
    左側:清水寺 阿弥陀堂
  • 朱印
    右側:圓光大師廿五霊場第十三番
    中央:梵字(キリーク)の御宝印
    左側:清水寺納経印

 

洛陽六阿弥陀めぐりとは?

江戸中期、木食もくじき上人が阿弥陀如来の霊感を受けて発願した霊場です。
定められている功徳日を3年3ヶ月続けて巡拝すると、無病息災や諸願成就などのご利益が得られるとされています。

洛陽六阿弥陀めぐりの御朱印一覧
洛陽六阿弥陀めぐりの誓願寺
洛陽六阿弥陀めぐりとは?御朱印と共に各札所を詳しく紹介!阿弥陀如来を祀る京都市内の6ヵ寺を巡拝する霊場「洛陽六阿弥陀めぐり」の御朱印と札所の紹介です。江戸中期頃に始まった霊場で、定められている功徳日を3年3ヶ月続けて巡拝すると、無病息災や家運隆盛などのご利益が得られるとされています。...

阿弥陀堂の堂内には、立派な阿弥陀如来が安置されています。
ぜひ、こちらでも手をあわせてみてくださいね!

清水寺の阿弥陀堂
札所案内

第2番「永観堂禅林寺」→ 清水寺 → 第4番「安祥院

清水寺「音羽の滝の納経所」で頂ける御朱印

京都府東山区の清水寺の納経所



不動明王の御朱印

音羽おとわの滝前の納経所で頂ける「不動明王」の御朱印です。
不動明王は、音羽の滝の正面と上部にある建物内に安置されています。

清水寺の音羽の滝の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝、日付
    中央:不動明王
    左側:清水寺 滝の堂
  • 朱印
    右側:圓光大師廿五霊場第十三番
    中央:梵字(キリーク)の御宝印
    左側:清水寺納経印

 

音羽の滝は、清水寺開創の起源であり、寺名の由来にもなっている非常に重要な場所です。

加藤眞吾著「清水寺の謎」によれば、京都盆地に降った雨が何十年もかけて地下1000メートルまで濾過され浸透し、伏流水となって断層の割れ目から湧き出ているそうです。

まさに「清らかな水」が流れ出ており、誰でも飲むことが出来ますよ〜!

京都府東山区の清水寺の御朱印

清水寺の御朱印の「限定御朱印」とは?

月参り巡礼の御朱印

2017年7月18日に行われた「西国三十三所 月参り巡礼」の際に頂いた御朱印です。

月参り巡礼は西国三十三所草創1300年記念事業の一環で、1番札所から順に、月に1回行われている行事です。

清水寺の限定御朱印

月参り巡礼の際は、右下に特別朱印が追加されます。
とてもありがたい御朱印ですね!

清水寺の限定御朱印

成就院の御朱印

清水寺の塔頭寺院である「成就院(じょうじゅいん)」。
堂内は通常非公開ですが、毎年「春(4〜5月)と秋(11〜12月)」に特別公開されます。

清水寺の塔頭の成就院

この特別公開時限定で、成就院の御朱印が授与されます。
※書き置きのみ。

とても美しいお庭が見れるので、ぜひ拝観してみてくださいね!

成就院の御朱印



清水寺のオリジナル御朱印帳

こちらが清水寺のオリジナル御朱印帳です。
サイズは通常の大判サイズ。

色は紺とピンクの2色で、舞台をデザインした金色の箔が押してあります。

京都市東山区の清水寺の御朱印帳

裏面には清水寺の寺紋が入っています。

京都市東山区の清水寺の御朱印帳この御朱印帳は、私の「初御朱印帳」なので結構思い出深いです。
清水寺らしい品のある表紙が気に入ってます。

京都市東山区の清水寺の御朱印帳

他にも、画像のような御朱印帳も授与されています。
どちらもカッコイイですね〜!

なお、御朱印帳は「本堂横の納経所のみ」取り扱っています。

京都市東山区の清水寺の御朱印帳



幻の「地主神社」の御朱印

清水寺境内にある「地主神社」。
清水寺と共に世界遺産に登録されており、「縁結びの神様」として人気の神社です。

京都市東山区の地主神社

そんな地主神社でも、かつては御朱印が授与されていました。
授与終了になった正確な時期については不明ですが、少なくとも2017年4月からは授与されていません。

京都市東山区の地主神社の御朱印

下の画像は、地主神社で実際に授与されていた御朱印です。
ぜひとも、復活して頂きたいですね…。

京都市東山区の地主神社の御朱印
京都市東山区の地主神社の御朱印
地主神社の御朱印 - 現在は貰えない「縁」が素敵な御朱印とは?京都市東山区の清水寺に隣接する「地主神社(じしゅじんじゃ)」で授与されていた御朱印を画像付きでご紹介いたします。御祭神「大国主命」の墨書きや大きな「縁」の朱印がステキですが、現在は頂けません。歴史や清水寺との関係、恋占いの石についてもお伝えします!...

清水寺ってどんなお寺?

歴史

清水寺の歴史は非常に古く、その起源は794年の平安遷都前までさかのぼります。

伝えによれば、宝亀9年(778)の4月、奈良の僧・延鎮が夢告によって北に向かっていると、東山で「金色の水」が流れる滝を発見。

延鎮が水流をたどると、そこには「行叡ぎょえい」と名乗る白衣姿の修行者が待っており、延鎮に対して「この地にお堂を建てて、木株で観音像を造りなさい」と告げて消えていきました。

京都市東山区の清水寺

2年後の宝亀11年(780)、鹿狩りのために音羽山に入った「武将・坂上田村麻呂」は、修行をしていた延鎮と遭遇。
賢心に「殺生の罪」を説かれた田村麻呂は深い感銘を受け、賢心と意気投合しました。

京都市東山区の清水寺

延暦17年(798)、田村麻呂の助力を得て「十一面千手観世音菩薩」が造られ、安置するためのお堂も建立。
創建当初は「北観音寺」と称していましたが、境内に流れ出る「清らかな水」から、のちに「清水寺」と称されるようになりました。

京都市東山区の清水寺

本堂

「京都といえばこれっ!」ってくらい有名な清水寺の本堂。
舞台造という形式で造られており、現在は国宝に指定されています。

京都市東山区の清水寺

古くから舞台造だったようですが、舞台が造られた理由は未だに謎。

京都市東山区の清水寺一番有力な説としては、平安時代に参拝者が急増し、手狭になったため拡張したと考えられています。

京都市東山区の清水寺

古くから焼失と再建を繰り返しており、現在の本堂は寛永10年(1633)に徳川家光によって再建されたもの。

2020年まで檜皮屋根の葺き替え工事など行われ、長い間、覆われた状態が続いていました。

京都市東山区の清水寺

ライトアップ時は中が透けて見えてたので、これはこれで好きでした。

ぜひ、ピッカピカになった本堂を参拝してみてくださいね〜!

京都市東山区の清水寺



清水寺周辺の御朱印情報

清水寺の周辺には、清水寺裏門から行ける「清閑寺」や東山にそびえ立つ五重塔「八坂の塔(法観寺)」などがあります。

清閑寺の御朱印 - 歌の中山で有名な東山の古刹、市街を一望も京都市東山区にある「清閑寺(せいかんじ)」で頂ける御朱印を中心に清水寺から清閑寺へ続く山路「歌の中山」や歴史、京都市街地を一望できる要石などについての紹介です。御朱印はご住職が不在の場合、書き置きのみの授与となります。...
八坂の塔(法観寺)の御朱印 - 東山のシンボルは内部拝観可能!京都市東山区にある八坂の塔で有名な「法観寺(ほうかんじ)」で頂ける御朱印を中心に、お寺・五重塔の歴史や塔内部の解説、境内にあるお堂などについて詳しくご紹介いたします!東山のシンボルである八坂の塔は、実は2層部分まで内部拝観が可能です。...

清水寺周辺の寺社については、こちらの記事にまとめていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね〜!

清水寺周辺の寺社
【まとめ】清水寺周辺の寺社8選 - 頂ける御朱印も詳しく紹介!大人気のお寺である「清水寺」の周辺にある8寺社のまとめです。どの寺社も古い歴史を持っており、見どころたっぷりの場所ばかりです。頂ける御朱印の画像も掲載しているので、御朱印巡りの参考にもなります。...

清水寺の基本情報

時間8:00〜18:00
(7・8月は18:30まで)
御朱印の種類11種類
御朱印の値段300円
授与所の場所3ヶ所(本堂横、阿弥陀堂不動明王、音羽の滝)
札所等西国三十三所第16番、神仏霊場巡拝の道第117番(京都第37番)、洛陽三十三所観音霊場第10,11,12,13,14番、法然上人二十五霊場第13番、洛陽六阿弥陀第3番
御本尊十一面千手観音
宗旨北法相宗
拝観料大人:400円
住所京都市東山区清水1丁目294
公式HPhttps://www.kiyomizudera.or.jp/

清水寺へのアクセス

  • 京都市営バス「清水道」から徒歩約10分
  • 京都市営バス「五条坂」から徒歩約10分
  • 京阪電気鉄道京阪本線「清水五条駅」から徒歩約25分

ABOUT ME
nobo
休日に自転車で京都を走り回り、御朱印を拝受しています。 御朱印を初めて頂いたのは2017年4月で、御朱印きっかけで神社仏閣によく行くようになりました。