下京区

仏光寺の御朱印(法語印)を11種類紹介!幻の”直書き”についても!

京都市下京区の仏光寺の御朱印

こんにちは、nobo(@nobo_kyoto)です。

京都市下京区にある「仏光寺(ぶっこうじ)」。
浄土真宗の開祖・親鸞聖人が創建したと伝わり、真宗仏光寺派の本山となっているお寺です。

この記事では、そんな仏光寺で頂ける「ステキな御朱印(法語印)」を中心に、以前授与されていた「幻の直書き」や歴史などについてご紹介いたします!

京都市下京区の仏光寺

仏光寺の御朱印(法語印)について

仏光寺の御朱印は、「法語印」という名称で授与されており、「絵入りの法語印」と「文字のみの法語印」の2種類があります。

絵入りの法語印

絵入りの法語印は、書き置きのみで授与されています。

京都市下京区の仏光寺の御朱印(法語印)

御朱印の大部分は複写となっており、一部だけ手作業で色付けされています。

京都市下京区の仏光寺の御朱印(法語印)

絵柄や文字は3ヶ月1度変更されるとのこと。

京都市下京区の仏光寺の御朱印(法語印)

季節に合わせたイラストがステキですね〜!!

京都市下京区の仏光寺の御朱印(法語印)

文字のみの法語印

文字のみの法語印は、御朱印帳に直接頂きました。

京都市下京区の仏光寺の御朱印(法語印)

中央の文字は何パターンかあるようですが、特にこちらからは選べない仕様となっていました。

京都市下京区の仏光寺の御朱印(法語印)

シンプルながらステキな法語印ですね〜!

京都市下京区の仏光寺の御朱印(法語印)

仏光寺の御朱印(法語印)が頂ける場所

法語印は、境内にある宗務所受付にて頂くことが出来ます。
時間は「9:00〜15:30」です。

なお、お寺の業務などの都合で頂けない場合があるので参拝前に仏光寺公式HPを確認することをおすすめします。

京都市下京区の仏光寺



仏光寺の見開き絵入りの御朱印(法語印)

現在は書き置きのみとなっている絵入りの法語印ですが、以前は御朱印帳に直接書いてもらうことが出来ました。

こちらの見開きタイプの絵入りの法語印は、2016年5月〜2017年6月頃までに授与されていたもの。
絵柄は毎月変わるようになっていました。

京都市下京区の仏光寺の御朱印(法語印)

朝早くから並び、整理券をとってから書いてもらうというなかなか大変な法語印でした。

幻の直書き法語印…大切にしたいと思います!

京都市下京区の仏光寺の御朱印(法語印)
御朱印を頂くのが大変だった神社仏閣
御朱印を貰うのが大変だった京都の寺社5選!山登りからお百度まで!2017年4月に御朱印巡りを始めた私は、今まで数百体の御朱印を頂いてきました。その中には「この御朱印は頂くのが大変だったなぁ」というものがいくつかあります。山登りやお百度詣り、早起きが必要なものなど、肉体的・精神的に大変だった神社とお寺をまとめました。...

仏光寺ってどんなお寺?

仏光寺の起こりは、鎌倉時代の建暦2年(1212)。
越後流罪から京都へ帰ってきた親鸞聖人が、山科に一宇の草庵を結んだのが始まりとされています。

京都市下京区の仏光寺

第96代・後醍醐天皇が「東南方向に一筋の光を見た」という夢をご覧になり、使いの者が向かったところ、そこには当寺から盗まれ捨てられていた阿弥陀如来の木像がありました。

京都市下京区の仏光寺

その後、後醍醐天皇の勅願により「阿弥陀佛光寺」という寺号を賜り、略して「佛光寺(仏光寺)」と呼ばれるようになりました。

京都市下京区の仏光寺

阿弥陀堂と御影堂の間や門の近くには、桜が植えられており、春になるととってもキレイな花を咲かせますよ〜!

京都市下京区の仏光寺

また、境内にはd食堂(D&Department KYOTO)があり、美味しい料理を楽しむことが出来ます。

参拝後の休憩にいかがでしょうか!

京都市下京区の仏光寺



仏光寺へのアクセス

  • 京都市営地下鉄烏丸線「四条駅」から徒歩約3分
  • 阪神電気鉄道京都線「烏丸駅」から徒歩約2分
  • 京都市営バス「四条烏丸」から徒歩約3分

仏光寺の基本情報

御朱印の種類2種類(文字のみ・絵入り)
御朱印の値段300円,500円
御朱印の時間9:00〜15:30
御朱印の場所宗務所受付
宗旨真宗佛光寺派(本山)
拝観料境内自由
御本尊阿弥陀如来立像
住所京都市下京区新開町397
公式HPhttps://www.bukkoji.or.jp/

ABOUT ME
nobo
休日に自転車で京都を走り回り、御朱印を拝受しています。 御朱印を初めて頂いたのは2017年4月で、御朱印きっかけで神社仏閣によく行くようになりました。