北区

源光庵の御朱印|紅葉の名所!悟りの窓と迷いの窓が美しい洛北の名刹

京都市北区の源光庵の御朱印

こんにちは、nobo@nobo_kyoto)です。

北区の鷹峯にある「源光庵(げんこうあん)」。
京都では珍しい曹洞宗のお寺で、「そうだ 京都、行こう。」のポスターに載るなど、紅葉の名所として知られています。

この記事では、源光庵で頂ける御朱印を中心に、歴史や悟りの窓と迷いの窓などについて詳しくご紹介いたします!

京都市北区の源光庵

源光庵の御朱印について

御朱印の基本情報
  • 御朱印の種類:通常1種類
  • 御朱印の料金:300円
  • 時間:9:00〜17:00(最終受付16:30)

源光庵では、通常1種類の御朱印が授与されています。

霊芝観世音の御朱印

源光庵で頂ける「霊芝れいし観世音」の御朱印です。

霊芝観世音は、再興の祖・卍⼭道⽩が宇治田原の山中で感得した霊芝自然の観音像とのこと。

京都市北区の源光庵の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝、日付
    中央:霊芝観世音
    左側:京 洛北 源光庵
  • 朱印
    中央:霊芝観世音、佛法僧寶
    左側:京都洛北鷹峯 源光庵

 

御朱印は受付で御朱印帳を預け、帰りに受け取る方式でした。

料金は1体300円で、時間は「9:00〜17:00(最終受付16:30)」です。

京都市北区の源光庵の御朱印



源光庵ってどんなお寺?

歴史

源光庵の起こりは、南北朝時代の貞和3年(1347)。
大徳寺第二世・徹翁義亨が隠居所として創建したのが始まりです。

京都市北区の源光庵

その後は衰微が続き、江戸時代の元禄7年(1694)、石川県・大乗寺の卍⼭道⽩によって復興し、宗派は臨済宗から曹洞宗に改宗。

京都市北区の源光庵

現在の本堂は復興の際に建てられたもので、「復古禅林」の額が掲げられています。

京都市北区の源光庵

注目すべきポイントは、堂内の天井。

よく見ると、手形のようなものがうっすら見えますね。
実はこれ、鳥居元忠らが自害したことで知られる伏見城の遺構であり、自害後に血の海となった床が掲げられています。

この「血天井」は供養を目的としており、源光庵の他にも三十三間堂近くの「養源院」や大原の「宝泉院」などにも現存しています。

京都市北区の源光庵の血天井

悟りの窓と迷いの窓

源光庵で有名なのが、こちらの丸い窓と四角の窓。

京都市北区の源光庵の窓

丸い窓は大宇宙を表した「悟りの窓」、四角の窓は⽣⽼病死の四苦⼋苦を表した「迷いの窓」と名付けられています。

京都市北区の源光庵の窓

青もみじ・紅葉・雪…。

この窓からは、四季折々で美しい光景を望むことが出来ます。

京都市北区の源光庵の窓

私が訪れた時は新緑の季節で、輝く緑がとても美しかったです…!

また紅葉のシーズンにも訪れてみたいと思います。

京都市北区の源光庵の窓

源光庵へのアクセス

  • 京都市営バス「鷹峯源光庵前」から徒歩すぐ

源光庵の基本情報

御朱印の種類通常1種類
御朱印の値段300円
御朱印の時間9:00〜17:00(最終受付16:30)
拝観料400円
宗旨曹洞宗
御本尊釈迦牟尼仏
源光庵周辺のホテル楽天トラベル
源光庵の関連商品Amazon / 楽天市場
住所京都市北区鷹峯北鷹峯町47
公式HPhttps://genkouan.or.jp/

ABOUT ME
nobo
休日に自転車で京都を走り回り、御朱印を拝受しています。 御朱印を初めて頂いたのは2017年4月で、御朱印きっかけで神社仏閣によく行くようになりました。