中京区

矢田寺の御朱印情報

矢田寺の御朱印について

矢田寺では1種類の御朱印が拝受できます。左上に押してある地蔵の朱印がとてもかわいい。
御朱印は本堂向かって右側で頂くことができますが、お寺の業務により御朱印の授与をやらない日があったり、早めに授与を打ち切る場合があるとのことです。
 京都 中京区の 矢田寺 の 御朱印

矢田寺 の御本尊は高さ2mもある地蔵菩薩!

矢田寺は三条寺町の繁華街の一角に建っている小さなお寺です。
845(承和2)年、大和(奈良県)の矢田寺の別院として五条坊門に創建されたのが始まり。その後、1579(天正7年)に豊臣秀吉公の名により現在地に移されました。
お盆に六道珍皇寺で行われる「迎え鐘」は有名ですが、これに対し矢田寺では、ご先祖様が無事冥土に戻れるように「送り鐘」が8月16日に行われます。京都 中京区の 矢田寺 の 御朱印

本堂に安置されている御本尊の地蔵菩薩は、高さ約2mもある立像で、地獄から亡者を救う地蔵として古くから信仰を集めてきました。
毎年12月23日には「かぼちゃ供養」が行われ、数量限定でかぼちゃをいただくことが出来ます。朝早くから行列が出来るくらいの人気。
矢田寺では珍しい「ぬいぐるみ地蔵」が授与されており、特に若い女性から人気とのこと。 京都 中京区の 矢田寺 の 御朱印

矢田寺へのアクセス

  • 京都市営バス「河原町三条」から徒歩約3分

矢田寺の基本情報

御朱印の料金300円
時間?〜16、17時まで?
御本尊地蔵菩薩
宗旨西山浄土宗
札所等洛陽四十八願地蔵第28番
住所京都市中京区寺町通三条上ル523
公式HPなし

ABOUT ME
nobo
休日に自転車で京都を走り回り、御朱印を拝受しています。 御朱印を初めて頂いたのは2017年4月で、御朱印きっかけで神社仏閣によく行くようになりました。