左京区

法然院の御朱印|紅葉が美しい!哲学の道沿いにある自然豊かな古刹

京都市左京区の法然院の御朱印

こんにちは、nobo@nobo_kyoto)です。

京都市左京区の哲学の道沿いにある「法然院(ほうねんいん)」。
四季折々で美しい景色を楽しむことができるお寺で、特に秋の紅葉シーズンにはたくさんの参拝者が訪れます。

この記事では、そんな法然院で頂ける御朱印を中心に、歴史や境内の様子などについてお伝えします!

拝観について

開門の時間は「6:00~16:00」。拝観料不要で境内の散策は自由。
毎年4月1日〜7日、11月18日〜24日には、伽藍内の特別公開が行われます。
※拝観料800円。

京都市左京区の法然院

法然院の御朱印について

南無阿弥陀佛の御朱印

法然院で頂ける「南無阿弥陀佛」の御朱印です。

字がとても達筆で美しいですね〜!

京都市左京区の法然院の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝、日付
    中央:南無阿弥陀佛
    左側:獅子谷 法然院
  • 朱印
    右側:法然上人御遺跡
    中央:不明
    左側:善氣山獅子谷法然院

 

右上には「法然上人御遺跡」の朱印が押してあります。

中央の朱印は謎です・・・。
もしわかる方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えて下さい!

京都市左京区の法然院の御朱印

私が訪れた時は、書き置きのみの授与になっていました。
頂けるだけでありがたい・・・!

京都市左京区の法然院の御朱印

御朱印が頂ける場所

御朱印は境内にある「寺務所」で頂けます。

京都市左京区の法然院

御朱印の料金は、なんと受ける側が自由に決める「志納金」方式。
私は普通に300円を納めさせて頂きました。

法要などが日常的に行われているお寺なので、御朱印は頂けないことが多いです。
御朱印の対応は、寺務が無いときに行っているそうです(お寺の方談)。

京都市左京区の法然院



法然院ってどんなお寺?

歴史

法然院の起こりは、鎌倉時代の建永元年(1206)。
浄土宗の開祖・法然上人が、弟子らと共に六時礼讃ろくじらいさんを行った草庵が起源とされています。

京都市左京区の法然院

その後、草庵は荒廃が続きましたが、江戸時代の寛永年間(1624〜43)に京極浄教寺の僧・道念が閑居し「法然院」と命名。

道念の死後に再び荒廃しましたが、延宝8年(1680)に知恩院38世・萬無が草庵に住み込み、弟子の忍澂にんちょうと共に「念仏道場」として再興しました。

京都市左京区の法然院

近年まで浄土宗捨世派の本山でしたが、昭和28年(1953)に独立し、現在はどの宗派にも属さない単立寺院となっています。

京都市左京区の法然院



境内の様子

参拝者をまず出迎えるのが、こちらの山門。
茅葺屋根かやぶきやねに苔が生していて、とても風情があります。

京都市左京区の法然院

内部から見るとこんな感じ。いや〜絵になりますね!

京都市左京区の法然院

山門をくぐると、左右に2つの「白砂壇びゃくさだん」があります。

京都市左京区の法然院の白砂壇

白砂壇は、細長い形の白い盛り砂で、表面には季節にあわせた砂紋が描かれています。

京都市左京区の法然院の白砂壇

図案は結構な頻度で変わるので、「今日はどんな砂紋なんだろう?」と参拝の度にワクワクするんですよね〜!

京都市左京区の法然院の白砂壇

法然院は紅葉が美しいことで有名で、見頃には多くの参拝者で賑わいます。

京都市左京区の法然院

水面に映る紅葉も美しいですね〜!

京都市左京区の法然院

この年の紅葉はちょっとハズレ気味だったので、また次の年にリベンジしたいと思います。
(あんまりいい写真が撮れなかった)

京都市左京区の法然院

ゆったりとした時間が流れ、心から底から落ち着ける法然院。

京都市左京区の法然院

紅葉シーズン以外もオススメなお寺なので、みなさんもぜひ参拝してみてくださいね!

京都市左京区の法然院
哲学の道周辺のお寺・神社
哲学の道周辺のお寺・神社11選!銀閣寺から南禅寺まで散策しよう!京都市左京区にある哲学の道周辺にあるお寺・神社を11ヶ所を御朱印と共にご紹介。哲学の道は、琵琶湖疎水の分線沿いにある散歩道のことで、距離は銀閣寺から熊野若王子神社までの約2kmあります。道沿いには桜が植えられており、春には圧巻の桜並木を楽しむことが出来ます。...

法然院へのアクセス

  • 京都市営バス「浄土寺」から徒歩約7分

法然院の基本情報

御朱印の種類通常1種類
宗旨単立寺院
拝観料境内自由
拝観時間6:00〜16:00
特別公開4月1日〜7日、11月18日〜24日
開山法然
御本尊阿弥陀如来
住所京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町30
公式HPhttp://www.honen-in.jp/

ABOUT ME
nobo
休日に自転車で京都を走り回り、御朱印を拝受しています。 御朱印を初めて頂いたのは2017年4月で、御朱印きっかけで神社仏閣によく行くようになりました。