上京区

護浄院の御朱印情報

アクセス

住所:京都市上京区荒神口通寺町東入荒神町122

  • 京阪鴨東線”神宮丸太町駅”より徒歩約10分
  • 京都市営バス”荒神口”より徒歩1分

護浄院は清三宝大荒神尊を祀るお寺!

今回ご紹介する護浄院(ごじょういん)は、京都市上京区にある天台宗延暦寺派のお寺。この辺の地名の「荒神町」は、当寺から来ているそうです。
御本尊は清三宝大荒神尊(きよしさんぽうだいこうじんそん)を祀っていて、地元の人々からは「こうじんさん」と呼ばれ親しまれています。

護浄院の御朱印情報

771(宝亀2)年、第49代・光仁天皇の息子である開成皇子は仏門に入りました。
摂津の勝尾山で修行中、鬼神となった荒神が現れたため、皇子は自ら荒神を彫刻し、清(現在の箕面市)に祀ったそうです。これが当寺の起こりといわれています。
清三宝大荒神尊の「清」はこの地名から来ていて、三宝は「仏・法・僧」という意味だそうです。

護浄院の鳥居神仏習合のお寺なので、境内に鳥居が建っています。

現在地に移されたのは1600(慶長5)年。豊臣秀吉公の命によるもので、その際に第107代・後陽成天皇自作の如来荒神七体が合わせて祀られました。

下の写真のお堂には弁財天や不動明王、薬師如来などが祀られています。

護浄院のお堂

観音堂に祀られている准胝観音菩薩は、洛陽三十三観音霊場の第3番札所に指定されています。
実はこの准胝観音菩薩は、江戸時代に池の中から出現したと伝わっていて、女性の守り本尊として子授けなどの信仰を集めています。

護浄院の准胝観音菩薩


御朱印について

  • 御朱印の種類:4種類
  • 御朱印の納経料;300円
  • 時間:8:00〜16:00(夏は17:00まで)

護浄院では、4種類の御朱印をいただくことができます。

1.清三宝大荒神の御朱印

御本尊の清三宝大荒神の御朱印です。
右上には清荒神の印が押してあります。

護浄院の清三宝大荒神の御朱印

2.洛陽三十三所観音霊場第3番札所の御朱印

洛陽三十三所観音霊場第3番札所「准胝観音菩薩」の御朱印です。
中央には「准胝尊」の墨書き。

護浄院の准胝観音菩薩の御朱印

1つ前の札所:洛陽三十三所観音霊場第2番「誓願寺」の御朱印情報

誓願寺の御朱印情報基本情報 住所:京都市中京区新京極桜之町453-398 御本尊:阿弥陀如来 宗派:浄土宗西山深草派 時間;9時〜17時 御朱印...

1つ次の札所:洛陽三十三所観音霊場第4番「行願寺(革堂)」の御朱印情報

行願寺の御朱印情報
行願寺(革堂)の御朱印情報京都市中京区にある行願寺(ぎょうがんじ)の5種類ある御朱印や歴史などの紹介です。西国三十三所第19番・洛陽三十三所観音霊場第4番などの札所になっており、創建者の行円上人のエピソードにちなみ、革堂(こうどう)という通称で親しまれています。...

3.福禄寿の御朱印

京の七福神第4番「福禄寿」の御朱印です。
右上には「京都七福神第四番」の印が押してあります。

護浄院の福禄寿の御朱印

4.恵比寿神の御朱印

京都七福神第5番「恵比寿神」の御朱印です。
中央の鯛の印がとてもかわいらしいですね。

護浄院の恵比寿神の御朱印

御朱印は境内にある寺務所で頂けます。

護浄院の御朱印情報

人がいらっしゃらない場合は、インターホンを押すと対応してくださいます。
ボタンの位置が一風変わっていますね(笑)

護浄院の御朱印情報

関連リンク

洛陽三十三所観音霊場第3番「護浄院(清荒神)」- 洛陽三十三観音公式HP

ABOUT ME
アバター
nobo
休日に自転車で京都を走り回り、御朱印を拝受しています。 御朱印を初めて頂いたのは2017年4月で、御朱印きっかけで神社仏閣によく行くようになりました。