大田神社の期間限定御朱印情報

大田神社のカキツバタの御朱印 北区

基本情報

  • 期間:4月29日〜5月31日
  • 御朱印の初穂料:300円
  • 時間:9:30〜16:30

カキツバタシーズン限定の御朱印!

上賀茂神社の境外摂社である大田神社はカキツバタで有名な神社です。
カキツバタはアヤメ科アヤメ属の花で、例年5月上旬に開花し5月中旬に見頃を迎えます。今年は例年より少し早い4月末に開花し始めました。
毎年、約2,000平方㍍の沼沢地「大田ノ沢」に美しく咲く約25,000株のカキツバタを見ようと多くの観光客で賑わいます。

この大田ノ沢には古代からカキツバタが群生していたといわれ、古くよりたくさんの人々を魅了して来ました。
平安時代の歌人で「千載和歌集」の撰者である藤原俊成はカキツバタを見てこの様な歌を読んでいます。

神山(こうやま)や 大田の沢の かきつばた ふかきたのみは 色にみゆらむ

1939(昭和14)年には国の天然記念物に指定されました。
大田神社では美しいカキツバタを後世に伝えるため、「大田沢カキツバタ育成協力金」として一人300円の協力をお願いしています。

5月末まで頂ける限定御朱印には、御祭神の天細女命(あめのうずめのみこと)に因んだ神楽鈴の印が入っています。御朱印帳に書いて頂けます。
この限定御朱印の授与は昨年から始まったようです。

御朱印は境内にある授与所で頂けます。

授与所ではカキツバタのイラストが入った御朱印帳やはんかち、手ぬぐい、絵はがきが授与されています。

大田神社の詳しい歴史や通常の御朱印情報はこちら

大田神社の御朱印情報

2017年9月9日

ABOUT US

アバター
休日に自転車で京都を走り回り、御朱印を拝受しています。
御朱印を初めて頂いたのは2017年4月で、御朱印きっかけで神社仏閣によく行くようになりました。
2017年12月の京都検定3級に挑戦しましたが、1点足りずに惜しくも不合格...