河合神社の御朱印情報

下鴨神社の摂社・河合神社の御朱印 左京区

基本情報

住所:京都市左京区下鴨泉川町59
正式名称:鴨川合坐小社宅神社
分類:摂社
御祭神:玉依姫命(たまよりひめのみこと)
時間:6:30〜17:00
御朱印の種類:1種類
御朱印の初穂料:300円

アクセス

京阪電気鉄道”出町柳駅”より徒歩約8分
京都市営バス”下鴨神社前”より徒歩約7分

河合神社 は美人の聖地の神社!

下鴨神社の境内に広がる糺の森(ただすのもり)は3万6000坪の広さがあり、縄文時代から生き続けています。この糺の森の一角にあるのがこちらの摂社・河合神社です。
創建された年は定かになっていませんが、神武天皇の頃と伝えられています。現在の社殿は1699(延宝7)年の式年遷宮の際に古殿舎を修造したものです。
御祭神の玉依姫命は神武天皇の母で、とても美しかったということから美麗の神様として祀られています。そのため参拝者は男性より女性の方が多い。下鴨神社の摂社・ 河合神社 の 御朱印

こちらは三井社です。三塚社とも呼ばれており、中社に賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)、西社に伊賀古夜日賣命(いかこやひめのみこと)、東社に玉依媛売命(たまよりひめのみこと)が祀られています。下鴨神社の摂社・河合神社の御朱印

三井社の反対側に雷門(中門)があります。下鴨神社の摂社・ 河合神社 の 御朱印

こちらが本殿です。本殿右側には”鏡絵馬”という特徴的な絵馬が並べてあります。次回訪れた際に写真を撮り詳しく掲載したいと思います。下鴨神社の摂社・ 河合神社 の 御朱印

御朱印について

河合神社で拝受できる御朱印は書き置きの物のみです(2017年5月現在)。サイズは少し小さめの縦13.2cm×横9.5cmで、下鴨神社の封筒に入った状態で頂けます。ちなみにこの封筒の上に描かれている絵はカモアオイという植物だそうです。下鴨神社の摂社・ 河合神社 の 御朱印

雷門をくぐってすぐ左手に朱印所があります。下鴨神社の摂社・ 河合神社 の 御朱印

関連リンク

下鴨神社公式HP


ABOUT US

アバター
休日に自転車で京都を走り回り、御朱印を拝受しています。
御朱印を初めて頂いたのは2017年4月で、御朱印きっかけで神社仏閣によく行くようになりました。
2017年12月の京都検定3級に挑戦しましたが、1点足りずに惜しくも不合格...