左京区

由岐神社の御朱印を3種類紹介!鞍馬の火祭で有名な鞍馬寺の鎮守社

京都市左京区の由岐神社の御朱印

こんにちは、nobo@nobo_kyoto)です。

左京区の鞍馬寺境内にある「由岐神社(ゆきじんじゃ)」。
鞍馬寺の鎮守社で、京都三大奇祭「鞍馬の火祭」で有名な神社です。

この記事では、由岐神社で頂ける3種類の御朱印を中心に、歴史や火祭についてもご紹介いたします!

参拝には鞍馬寺の拝観料 (愛山費)が必要です。

京都市左京区の鞍馬寺

由岐神社の御朱印について

御朱印の基本情報
  • 御朱印の種類:通常3種類
  • 御朱印の料金:500円(1体)
  • 時間:9:00〜16:15

由岐神社では、通常3種類の御朱印が授与されています。
なお、御朱印は全て用紙での授与となっており、直書きの御朱印はありません。

御朱印の種類
  1. 由岐神社の御朱印
  2. 火祭①の御朱印
  3. 火祭②の御朱印
①由岐神社②火祭1③火祭2
京都市左京区の由岐神社の御朱印京都市左京区の由岐神社の御朱印京都市左京区の由岐神社の御朱印
★代表的★
用紙のみ
用紙のみ用紙のみ

御朱印の料金は、1種類「500円」2種類セット「800円」3種類セット「1000円」で、特性クリアファイルに入った状態で頂けます。

京都市左京区の由岐神社の御朱印

由岐神社の御朱印

中央に「くらま 由岐神社」と書いてある御朱印です。
右下の鞍馬天狗がかわいいですね〜!

京都市左京区の由岐神社の御朱印

火祭①の御朱印

由岐神社の例祭「鞍馬の火祭」の御朱印です。
紅葉や火祭のイラストがステキです。

京都市左京区の由岐神社の御朱印



火祭②の御朱印

こちらも「鞍馬の火祭」の御朱印です。
躍動感のある火祭のイラストがかっこいいですね!

京都市左京区の由岐神社の御朱印

御朱印が頂ける場所

御朱印は境内にある授与所で頂けます。
時間は「9:00〜16:15」ですが、季節によって早く閉まることがあります。

京都市左京区の由岐神社

私が訪れた時は、秋限定の御朱印も授与されていました。

御朱印帳もステキですね〜!

京都市左京区の由岐神社の御朱印

由岐神社ってどんな神社?

歴史

社伝によれば、由岐神社の起こりは平安時代の天慶3年(940)。
都の北方を鎮護するため、宮中にあった由岐神社を遷したのが始まりとされています。

京都市左京区の由岐神社

社名の「ゆき」は、天皇の病気や世の中が不安定になった際、由岐神社の社前に「ゆき(矢を入れる器具)」を掲げて平穏を祈願したことが由来。

京都市左京区の由岐神社大きな御神木

重要文化財に指定されている拝殿は、慶長12年(1607)に豊臣秀頼が再建したもので、清水寺の本堂のような舞台造(懸造)となっています。

京都市左京区の由岐神社



鞍馬の火祭

毎年10月22日に行われる由岐神社の例祭「鞍馬の火祭」。

天慶3年(940)、宮中に祀られていた由岐明神を鞍馬山へ遷す際、鞍馬の人々が松明を持って出迎えたという故事を由来とし、京都三大奇祭(他は広隆寺の牛祭・今宮神社のやすらい祭)の一つに数えられています。

京都市左京区の由岐神社

無数の松明が使用される火祭はスゴイ迫力。
私はまだ映像でしか見たこと無いので、ぜひ生で見てみたいです!

貴船・鞍馬の寺社まとめ

貴船と鞍馬にある「貴船神社鞍馬寺・由岐神社」については、こちらの記事にまとめているので、ぜひ見てみてくださいね!

貴船・鞍馬の寺社と御朱印まとめ
貴船・鞍馬にある寺社と御朱印まとめ【貴船神社・鞍馬寺・由岐神社】京都市左京区の貴船・鞍馬にある3寺社「貴船神社・鞍馬寺・由岐神社」の紹介です。古い歴史を持つ貴船神社は「縁結びの神」としてしられ、鞍馬寺は60年に1度御開帳される尊天を安置。鞍馬寺の境内にある由岐神社は、京都三大奇祭の一つである「鞍馬の火祭」で有名です。...

由岐神社へのアクセス

  • 叡山電鉄鞍馬線「鞍馬駅」から徒歩約8分

由岐神社の基本情報

御朱印の種類通常3種類(書き置きのみ)
御朱印の料金500円(1体,ファイル付き)
時間9:00〜16:15
主祭神大己貴命、少彦名命
住所京都市左京区鞍馬本町1073
公式HPhttp://www.yukijinjya.jp/

ABOUT ME
nobo
休日に自転車で京都を走り回り、御朱印を拝受しています。 御朱印を初めて頂いたのは2017年4月で、御朱印きっかけで神社仏閣によく行くようになりました。