特集記事

京都市内にある4つの五重塔まとめ!

京都市内にある五重塔

こんにちは、nobo@nobo_kyoto)です。

この記事では、京都市内にある4つの五重塔について、歴史や内部の様子などについて詳しくご紹介いたします!

京都の五重塔①:醍醐寺

まずは、伏見区の真言宗醍醐派総本山「醍醐寺だいごじ」にある五重塔(国宝)。

京都府内で最も古い木造建築物で、塔の高さは38メートル。
塔上部の金属部分(相輪)だけで約13メートルもあります。

京都市山科区の醍醐寺の五重塔

歴史

第60代・醍醐天皇の冥福を祈るため、第三皇子の代明親王が建立を発願。
承平6年(936)、第61代・朱雀天皇が工事に着手し、天暦5年(951)に完成したと伝えられています。

京都市山科区の醍醐寺の五重塔

室町時代に起こった応仁の乱では、醍醐寺の伽藍のほとんどが燃えましたが、五重塔は奇跡的に焼失を回避。

その後は地震や台風の被害を受けたものの、何度も修復工事が行われ、建立から1000年経った現在でも立派な姿を保っています。

京都市山科区の醍醐寺の五重塔

内部

初層の内部には、両界曼荼羅や真言八祖像などの貴重な平安絵画が残されています。

京都市山科区の醍醐寺の五重塔

塔の内部は通常非公開とされていますが、毎月29日に行われる「五重大塔開扉 納経法要」では、扉の外から内部を見ることが可能です。

京都市山科区の醍醐寺の五重塔

基本情報

分類国宝
建立年天暦5年(951)
高さ38メートル
公開通常非公開(毎月29日は扉の外から拝観可能)
公式HPhttps://www.daigoji.or.jp/
京都市伏見区の醍醐寺の御朱印
醍醐寺の御朱印の種類と頂き方まとめ!西国第11番&桜の名所のお寺!京都市伏見区にある真言宗醍醐派総本山「醍醐寺(だいごじ)」で頂ける御朱印の種類や料金、頂く際の注意点などについての紹介です。醍醐寺は西国三十三所や真言宗十八本山などの札所になっており、通常9種類の御朱印が授与されています。桜の名所として知られており、桜のシーズンには大変多くの人が訪れます。...

京都の五重塔②:東寺

次は、南区の東寺真言宗総本山「東寺とうじ」にある五重塔(国宝)。

塔の高さは54.8メートルで、日本で最も高い木造塔とされています。

京都市の東寺の五重塔



歴史

天長3年(826)、弘法大師・空海が金堂の次に着手した建物で、約50年後の元慶年間(877-85)に完成しました。

京都市南区の東寺の五重塔

その後は焼失と再建を繰り返しており、現在の五重塔は、寛永21年(1644)に江戸幕府3代将軍・徳川家光によって建立された5代目になります。

内部

塔の中心にある「心柱」を真言密教の本尊・大日如来と見立て、周りには4体の如来像と8体の菩薩像を安置。

初層の柱や壁には、金剛界曼荼羅・真言八祖像・八大龍王などが極彩色で描かれています。

京都市南区の東寺の五重塔

内部は通常非公開となっていますが、京の冬の旅などで定期的に公開されているので、見るチャンスは結構あります。

京都市南区の東寺の五重塔心柱

基本情報

分類国宝
建立年寛永21年(1644) ※5代目
高さ54.8メートル
公開通常非公開(定期的に公開)
公式HPhttps://toji.or.jp/
東寺の御朱印を11種類紹介!御朱印帳や夜間ライトアップ限定も!京都市南区にある世界遺産「東寺(とうじ)」で頂ける御朱印の紹介です。東寺は複数の霊場の札所になっており、通常9種類の御朱印が授与されています。オリジナル御朱印帳の他、夜間拝観限定の御朱印帳と御朱印についてもご紹介します。...

京都の五重塔③:法観寺

続いて、東山区にある臨済宗建仁寺派「法観寺ほうかんじ」にある五重塔(重要文化財)。

一般的に「八坂の塔」と呼ばれ、東山一帯のランドマークになっている塔です。
高さは46メートルで、日本で3番目に高い五重塔とされています。

京都市東山区の八坂の塔(法観寺)

歴史

崇峻天皇5年(592)、聖徳太子が夢の中で「如意輪観音」からお告げを受け、この地に五重塔を建立。
その塔内に「仏舎利(お釈迦様の骨)」を納めたと伝えられています。
※創建年は諸説あり

京都市東山区の八坂の塔(法観寺)

戦火などで焼失と再建を繰り返し、現在の五重塔は、永享12年(1440)に建てられた4代目のものになります。

京都市東山区の法観寺の五重塔

内部

初層には、心柱(大日如来)を中心とした「五智如来」が安置され、壁には色鮮やかな仏画などが描かれています。

京都市東山区の八坂の塔(法観寺)の内部阿閦如来

法観寺の五重塔は常時公開(不定休)されており、塔内は撮影OKとなっています。

京都市東山区の八坂の塔(法観寺)の内部

しかも…なんと二層まで登ることできるんです!

京都市東山区の八坂の塔(法観寺)の内部

二層には透明のガラスがはめ込まれ、八坂通りなどを眺めることが可能。
これほどしっかり拝観できる五重塔はあまり無いので、ぜひ訪れてほしいです!

京都市東山区の八坂の塔(法観寺)からの眺め

基本情報

分類重要文化財
建立年永享12年(1440) ※4代目
高さ46メートル
公開常時公開(不定休)
公式HPなし
八坂の塔(法観寺)の御朱印|東山のシンボルは内部拝観可能!京都市東山区にある八坂の塔で有名な「法観寺(ほうかんじ)」で頂ける御朱印を中心に、お寺・五重塔の歴史や塔内部の解説、境内にあるお堂などについて詳しくご紹介いたします!東山のシンボルである八坂の塔は、実は2層部分まで内部拝観が可能です。...

京都の五重塔④:仁和寺

最後は、真言宗御室派総本山「仁和寺にんなじ」にある五重塔(重要文化財)。

高さは36.18メートルで、拝観料なしで近くから見ることが可能です。

仁和寺の境内



歴史

東寺の五重塔と同じ寛永21年(1644)に建立されたとされています。
※年代は諸説あり

仁和寺の境内

「五重塔の代表作」とも呼ばれ、時代劇によく出てくる五重塔として有名です。

京都市右京区の仁和寺の五重塔都名所之内

内部

初層内部の中央に大日如来、その周りに四方仏を安置。

柱や壁には、真言八祖像・仏画などが色鮮やかに描かれています。

京都市右京区の仁和寺の五重塔

内部は通常非公開ですが、京の冬の旅などで公開されることがあります。

京都市右京区の仁和寺の五重塔

基本情報

分類重要文化財
建立年寛永21年(1644) ※諸説あり
高さ36.18メートル
公開通常非公開(京の冬の旅などで公開)
公式HPhttps://ninnaji.jp/
京都市右京区の仁和寺の御朱印
仁和寺の御朱印を15種類紹介!桜の切り絵御朱印や期間限定も!京都市右京区にある世界遺産「仁和寺(にんなじ)」で頂ける通常8種類の御朱印や毎月○日・期間限定御朱印・切り絵御朱印などについて合計15種類を圧倒的情報量でご紹介いたします。3ヶ所ある朱印所もマップ付きで掲載し、各朱印所で頂ける内容もまとめています。...
ABOUT ME
nobo
休日に自転車で京都を走り回り、御朱印を拝受しています。 御朱印を初めて頂いたのは2017年4月で、御朱印きっかけで神社仏閣によく行くようになりました。