伏見区

醍醐寺の御朱印の種類と頂き方まとめ!西国第11番&桜の名所のお寺!

京都市伏見区の醍醐寺の御朱印

こんにちは、nobo(@nobo_kyoto)です。

京都市伏見区にある真言宗醍醐派総本山「醍醐寺(だいごじ)」。
日本最古の霊場巡り「西国三十三所」の第11番札所で、桜の名所として知られるお寺です。

この記事では、そんな醍醐寺で頂ける御朱印を中心に歴史や桜の様子などについてご紹介いたします!

京都市伏見区の醍醐寺

醍醐寺の御朱印について

御朱印の基本情報
  • 御朱印の種類:通常10種類
  • 御朱印の値段:300円(軸は500円)

醍醐寺は西国三十三所を始め、数多くの霊場の札所になっており、通常9種類の御朱印が授与されています。

御朱印の種類一覧
  1. 根本准胝尊(西国三十三所第11番)
  2. 御詠歌(西国三十三所第11番)
  3. 薬師如来(真言宗十八本山/神仏霊場)※代表的※
  4. 御詠歌(真言宗十八本山)
  5. 薬師如来(西国薬師四十九霊場第39番)
  6. 御詠歌(西国薬師四十九霊場第39番)
  7. 神変(役行者霊蹟)
  8. 五大力尊(近畿三十六不動尊霊場第23番)
  9. 御詠歌(近畿三十六不動尊霊場第23番)
京都市伏見区の醍醐寺の御朱印

ここからは、私が実際に頂いた3種類の御朱印について詳しく見ていきます。

根本准胝尊御詠歌薬師如来
京都市伏見区の醍醐寺の御朱印京都市伏見区の醍醐寺の御朱印京都市伏見区の醍醐寺の御朱印
西国三十三所西国三十三所★代表的★
真言宗十八本山
神仏霊場巡拝の道

根本准胝尊(西国三十三所第11番)の御朱印

日本最古の霊場巡り「西国三十三所」の第11番札所の御朱印です。

中央には「根本准胝尊こんぽんじゅんでいそん」と書いてあります。

京都市伏見区の醍醐寺の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝、日付
    中央:根本准胝尊
    左側:根本准胝尊
  • 朱印
    右側:西国第十一番
    中央:梵字(ボ)
    左側:草創1300年記念の特別印、上醍醐寺

 

札所本尊の准胝観世音菩薩は、もともと上醍醐の准胝堂に安置されていましたが、平成20年(2008)に准胝堂が焼失したため、現在は下醍醐の観音堂内に祀られています。

京都市伏見区の醍醐寺の御朱印

御朱印の左上に押してあるのは、2023年3月31日までの「西国三十三所草創1300年記念の特別印」です。

京都市伏見区の醍醐寺の御朱印

御詠歌(西国三十三所第11番)の御朱印

西国三十三所第11番の御詠歌ごえいかの御朱印です。

御詠歌とは?

仏教やお寺の教えを「五・七・五・七・七」の和歌にしたもの。

京都市伏見区の醍醐寺の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    逆縁も もらさで救ふ 願なれば 准胝堂は たのもしきかな
  • 朱印
    右側:西国第十一番
    中央:梵字(ボ)
    左側:草創1300年記念の特別印、上醍醐寺

 

「逆縁も もらさで救ふ(う) 願なれば 准胝堂は たのもしきかな」

とても美しい御詠歌ですね〜!

京都市伏見区の醍醐寺の御朱印
西国三十三所・札所案内

第10番「三室戸寺」 → 醍醐寺 → 第12番「正法寺(滋賀)」

created by Rinker
¥1,045
(2022/05/19 12:00:38時点 楽天市場調べ-詳細)

私が京都府内で頂いた「御詠歌の御朱印」は、コチラの記事にまとめています!
色々なお寺の御詠歌を見たい方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

京都の御詠歌の御朱印
【計28種類】京都のお寺で頂いた「御詠歌の御朱印」まとめ!仏教の教えやお寺の事を「五・七・五・七・七」形式の和歌にした「御詠歌(ごえいか)」。西国三十三所や洛陽三十三所観音霊場などの霊場では、御詠歌の御朱印を頂くことが出来ます。この記事では、私が京都お寺で頂いた御詠歌の御朱印を28種類まとめてみました。...

薬師如来(真言宗十八本山/神仏霊場)の御朱印

醍醐寺の御本尊である「薬師如来やくしにょらい」の御朱印です。

醍醐寺の代表的な御朱印になりますので、特に霊場巡りをされていない方は、こちらを頂くと良いと思います。

京都市伏見区の醍醐寺の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:深雪山、日付
    中央:薬師如来
    左側:醍醐寺
  • 朱印
    右側:実修実証
    中央:梵字(ベイ)
    左側:総本山醍醐寺

 

近畿地方の寺社を巡る「神仏霊場巡拝の道」や真言宗の総大本山を巡る「真言宗十八本山」の御朱印帳には、こちらの薬師如来が書き入れられます。

京都市伏見区の醍醐寺の御朱印神仏霊場巡拝の道第126番(京都第46番)
神仏霊場巡拝の道・札所案内

第125番「平等院」 → 醍醐寺 → 第127番「毘沙門堂」

醍醐寺の御朱印が頂ける場所と時間などについて

納経所の場所と時間

醍醐寺の全ての御朱印は、下醍醐にある観音堂内の納経所で頂けます。
時間は「9:00~17:00(12月第1日曜日の翌日〜2月末までは4:30まで)」です。

観音堂は有料エリア(伽藍)にあるので、御朱印を頂くには拝観料が必要です。

醍醐寺の拝観料
  • 通常期:三宝院庭園・伽藍の共通券 → 1000円
  • 春期・秋期:三宝院庭園・伽藍・霊宝館の共通券 → 1500円
京都市伏見区の醍醐寺の納経所

御朱印を頂く手順

醍醐寺の御朱印は「前払い制」となっています。

観音堂の中に置いてある「御朱印申込用紙」に頂きたい御朱印の数量を記入し、レジで料金を納めてから列に並ぶ流れです。

京都市伏見区の醍醐寺の納経所

御朱印を頂く際は、御朱印申込用紙と御朱印帳を渡すだけ。

複数の御朱印帳に頂く場合は、どの御朱印帳にどの御朱印を頂くか、しっかりと指定したほうが良さそうです。

京都市伏見区の醍醐寺の納経所

桜のシーズンは行列が凄い

私は、桜が一番の見頃を迎えた4月頭の日曜日に行ったのですが、御朱印の行列がもの凄いことになっており、なんと1時間も待ちました…。

参拝者が激増する桜・紅葉シーズンは、時間に余裕を持って列に並んだほうが良さそうです。

京都市伏見区の醍醐寺の納経所

限定御朱印

私が訪れた2022年4月には、とっても美しい切り絵御朱印が授与されていました。

京都市伏見区の醍醐寺の御朱印

こちらは、秋に授与される紅葉の御朱印と組み合わせて1つに出来る仕様でした。

秋に来れるかわからないので、頂くのは辞めました…。
欲しかった…。

京都市伏見区の醍醐寺の御朱印



三宝院の御朱印について

醍醐寺の塔頭「三宝院さんぼういん」でも御朱印を頂くことが出来ます!

三宝院には豊臣秀吉が設計したという庭園や美しい枝垂れ桜があるので、ぜひこちらも参拝してみてくださいね〜!

醍醐寺の三宝院の御朱印
醍醐寺の三宝院
三宝院の御朱印|秀吉が設計した庭園や美しい桜が楽しめる醍醐寺塔頭京都市伏見区にある醍醐寺塔頭「三宝院(さんぼういん)」で頂ける御朱印や歴史などについての紹介です。三宝院は真言宗醍醐派の大本山で、醍醐寺の本坊的な存在のお寺。境内には、豊臣秀吉が基本設計を行ったと伝えられている庭園や樹齢150年以上の美しい桜などがあります。...

醍醐寺ってどんなお寺?

歴史

醍醐寺の起こりは、平安時代初期の貞観16年(874)。
真言宗の僧・聖宝(理源大師)が醍醐山上に草庵を結び、准胝観音・如意輪観音の2体を彫刻、安置したのが起こりと伝えられています。

京都市伏見区の醍醐寺の五重塔

延喜7年(907)、第60代・醍醐天皇の勅願寺となり、その後は薬師堂・金堂・五重塔・三宝院などの建立が相次ぎ、醍醐寺は繁栄を極めました。

京都市伏見区の醍醐寺の五重塔金堂(国宝)

しかし、室町時代に起こった応仁の乱によって、お堂のほとんどが焼失。
下醍醐は五重塔のみが残る荒廃した状態となってしまいました。

京都市伏見区の醍醐寺の五重塔弁天堂

衰微していた醍醐寺に手を差し伸べたのが、天下人・豊臣秀吉!

秀吉の絶大な援助と醍醐寺第80代座主・義演の努力によって伽藍の復興が進み、慶長3年(1598)には、秀吉主催の「醍醐の花見」が盛大に開かれました。

醍醐寺の三宝院三宝院の唐門 (国宝)

醍醐寺には、貴重な建物や寺宝が数多く残されており、五重塔(国宝)は、天暦5年(951)に完成した京都府内最古の木造建築物とされています。

応仁の乱でも奇跡的に焼失しなかった五重塔。
その姿は本当に立派で堂々としています。

京都市伏見区の醍醐寺の五重塔
京都市内にある五重塔
京都市内にある4つの五重塔まとめ!京都市内にある4つの五重塔の紹介です。京都には、京都府内で最も古い木造建築物である醍醐寺の五重塔をはじめ、日本で最も高い東寺・八坂の塔で知られる法観寺・時代劇のロケなどでよく使用されている仁和寺に五重塔があります。全て国宝または重要文化財に指定されており、どれも貴重なものばかりです。...

桜の様子

醍醐寺は平安時代からの桜の名所で、古くから「花の醍醐」と呼ばれてきました。

京都市伏見区の醍醐寺の桜

境内には、枝垂れ桜やソメイヨシノなど、数多くの桜が植えられており、春にはまさに”絶景”となります。

京都市伏見区の醍醐寺の桜

その分人の量も多く、桜が見頃になると写真のように大変なことに…。

京都市伏見区の醍醐寺の桜

写真ではなかなか伝わりにくいのですが、本当ため息が出るほど素晴らしい光景で圧倒されます。

人が多いのが難点ですが、また見に来たくなる美しさでした!

京都市伏見区の醍醐寺の桜

みなさんもぜひ桜のシーズンに参拝してみてくださいね!

京都市伏見区の醍醐寺の桜



醍醐寺へのアクセス

  • 京阪バス「醍醐寺前」から徒歩約すぐ
  • 京都市営地下鉄東西線「醍醐駅」から徒歩約13分

醍醐寺の基本情報

御朱印の種類通常9種類
御朱印の値段300円
御朱印の時間9:00~17:00(12月第1日曜日の翌日〜2月末までは4:30まで)
御朱印の場所観音堂の納経所
宗旨真言宗醍醐派(総本山)
拝観料1000円(三宝院庭園・伽藍共通)
※通常期の値段
御本尊薬師如来
住所京都市伏見区醍醐東大路町22
公式HPhttps://www.daigoji.or.jp/

ABOUT ME
nobo
休日に自転車で京都を走り回り、御朱印を拝受しています。 御朱印を初めて頂いたのは2017年4月で、御朱印きっかけで神社仏閣によく行くようになりました。