左京区

浄土院の御朱印 – 通称「大文字寺」 送り火を管理するお寺!

京都市左京区の浄土院

こんにちは、nobo@nobo_kyoto)です。

京都市左京区、世界遺産・銀閣寺のお隣りにある「浄土院(じょうどいん)」。
名前の通り宗旨は浄土宗で、京都の夏の風物詩「五山の送り火」の「」を管理しているお寺でもあります。

この記事では、浄土宗の「大文字」が描かれた御朱印を中心に、歴史や五山の送り火の起源伝説などについてご紹介します!

五山の送り火の起こりには、またしても人物が関係しています。

京都市左京区の浄土院

浄土院の御朱印について

御朱印の基本情報
  • 御朱印の種類:通常1種類
  • 御朱印の朱印料:300円
  • 時間:9:00〜16:30

浄土院では、通常1種類の御朱印がいただけます。

弘法大師の御朱印

浄土院の「弘法大師」の御朱印です。
浄土宗のお寺で弘法大師の御朱印が頂けるのは、なかなか無いかもしれません。

なぜ弘法大師なのかは、下の方でご紹介します。

京都市左京区の浄土院の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝、日付
    中央:弘法大師
    左側:大文字寺
  • 朱印
    中央:大、不明
    左側:大文字山別當所

 

しなやかに描かれた山と朱印の「大」が、とってもステキですね!

京都市左京区の浄土院の御朱印

中央の蛇?については、なんなのかよく分かりませんでした。
ご存じの方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えて下さいませ。

京都市左京区の浄土院の御朱印
【計9体】京都のお寺で頂いた「弘法大師」の御朱印まとめ真言宗の宗祖である弘法大師・空海。京都には弘法大師ゆかりのお寺が複数あり、それぞれで御朱印を頂くことが出来ます。この記事では、最近弘法大師にハマっている筆者が、京都のお寺で実際に頂いた御朱印をまとめて掲載しています。...

御朱印が頂ける場所

御朱印は、境内にあるこちらの建物でいただけます。
時間は9:00〜16:30。

京都市左京区の浄土宗

設置されているインターホンを押すと対応してくださいます。
なお、私が最初に訪れたときは、ご不在だったので御朱印はいただけませんでした。

京都市左京区の浄土宗



浄土院ってどんなお寺?

歴史

浄土院がある場所には、もともと、寛仁3年(1019)に第25世天台座主・明救によって創建された「浄土寺(天台宗)」というお寺がありました。

京都市左京区の浄土院

室町時代の文明14年(1482)、足利義政が東山殿(銀閣寺)を造営したため、浄土寺は相国寺の西に移されました。

京都市左京区の浄土院

浄土寺移転後の跡地には草堂が1つだけ残されており、この草堂を浄土宗の僧・泰誉浄久が復興し、寺名「浄土院」としたといいます。

京都市左京区の浄土院

江戸時代の享保17年(1732)、随誉がお堂を再建し、現在に至っています。
ちなみに、御本尊の阿弥陀如来は、もともと浄土寺に安置されていたものだったそうです。

京都市左京区の浄土院

五山の送り火

浄土院が大文字寺と呼ばれるのは、京都の夏の風物詩「五山の送り火」が関係しています。

京都市左京区の浄土院

五山の送り火の起こりについては諸説あるのですが、浄土院には興味深い寺伝が残されています。
その昔、お寺が火事になった際、御本尊の阿弥陀如来は、如意ヶ岳(大文字の山)の山上に現れ、光明が空に輝くという不思議な現象が起こったといいます。

京都市左京区の浄土院

その後、光明をかたどる点火の儀式が行われ、勅命を受けた空海は、如意ヶ岳に大文字の法壇を設置。
密行を修したのが、現在まで続いている大文字の起こりといいます。

現在、大文字の送り火は浄土院が管理しており、堂内には弘法大師像も安置されているようです。
ちなみに、大文字山の金尾部分には弘法大師堂も建てられており、送り火の際には灯明が灯されるとのこと。

伝統行事の五山の送り火に、そんな裏話があったとは驚きでした!

京都市左京区の浄土院



浄土院へのアクセス

  • 京都市営バス「銀閣寺道」から徒歩約9分

浄土院の基本情報

御朱印の種類通常1種類
御朱印の料金通常300円
御朱印の時間9:00〜16:30
御本尊阿弥陀如来
宗旨浄土宗
拝観料境内自由
住所京都市左京区銀閣寺町30
公式HPなし

ABOUT ME
nobo
休日に自転車で京都を走り回り、御朱印を拝受しています。 御朱印を初めて頂いたのは2017年4月で、御朱印きっかけで神社仏閣によく行くようになりました。