東山区

戒光寺の御朱印 – 大きな釈迦如来「丈六さん」を祀る泉涌寺塔頭

京都市東山区の戒光寺の御朱印

こんにちは、nobo@kyoto_gosyuin)です。

真言宗泉涌寺派総本山・泉涌寺の塔頭である「戒光寺(かいこうじ)」。
あまり知られていませんが、約10mもある大きな釈迦如来が祀られているお寺です。

この記事では、戒光寺で頂いた御朱印と歴史、釈迦如来や融通弁財天などについて詳しくご紹介いたします!

京都市東山区の戒光寺

戒光寺の御朱印

御朱印の基本情報
  • 御朱印の種類:通常3種類
  • 御朱印の朱印料:300円
  • 時間:9:00~17:00

戒光寺では、通常3種類の御朱印が授与されています。
代表的な御朱印は、御本尊の「丈六釈迦如来」になります。

御朱印の種類
  • 丈六釈迦如来(御本尊)
  • 文殊菩薩(京都十三仏霊場第3番)
  • 弁財天(泉山七福神第2番)

文殊菩薩の御朱印

本堂内に安置されている文殊菩薩の御朱印です。
戒光寺の文殊菩薩は、京都十三仏霊場の第3番札所になっています。

京都市東山区の戒光寺の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝、日付
    中央:文殊菩薩
    左側:戒光寺
  • 朱印
    右側:京都十三佛 第三番
    中央:梵字(マン)、戒光寺
    左側:丈六戒光寺印

私は京都十三仏霊場の専用御朱印帳(バインダー式)に拝受。
書き手さんに御朱印を挟んでいただきました。

京都市東山区の戒光寺の御朱印

御朱印帳が頂ける場所

御朱印は戒光寺の本堂内にある納経所で頂けます。
時間は「9:00~17:00」。

京都市東山区の戒光寺



戒光寺ってどんなお寺?

歴史

戒光寺の起こりは、鎌倉時代の安貞2年(1228)。
第86代・後堀河天皇の勅命により、猪熊八条の地に創建されました。

京都市東山区の戒光寺

その後、勅願所となった戒光寺は、巨大な伽藍も持ち、「戒光律寺」とも呼ばれていたとのこと。
ちなみに、猪熊八条には現在でも「戒光寺町」という町名が残っており、「戒光寺公園」もあります。

室町時代になり、応仁の乱の兵火により伽藍は焼失。
御本尊の釈迦如来は、一条戻橋付近に移され、難を逃れます。

京都市東山区の戒光寺

その後、三条河西に移された後、第108代・後水尾天皇の発願で現在地に移転。
現在は泉涌寺の塔頭になっています。

京都市東山区の戒光寺

丈六釈迦如来

本堂内に安置されている御本尊の丈六釈迦如来。
鎌倉時代の仏師「運慶・湛慶親子」の合作と伝わり、大きな仏像を意味する「丈六さん」と呼ばれ親しまれています。

京都市東山区の戒光寺

門前の石碑には「国寶(宝) 丈六釈迦如来」と刻まれていますが、現在は重要文化財。
内陣の特別参拝は、春と秋の年2度行われています。

京都市東山区の戒光寺

釈迦如来の高さは、台座部分から後頭部をすべて含めると、なんと約10mもあります。
近くに寄って拝むことができますが、一番上まで見えないほど大きいです。

釈迦如来の首元には、血が流れたような跡が残っており、とある逸話が残されています。

身代わりの釈迦如来

後水尾天皇が即位争いに巻き込まれた際、暗殺者に首襲われた。
この時、釈迦如来が身代わりとなり、天皇を守ったという。

首元の血のような跡は、身代わりとなった釈迦如来から流れたものといわれています。
この逸話から、釈迦如来は「身代わりのお釈迦様」と呼ばれるようになり、「首から上の病気平癒」や「のどの病気平癒」の信仰を集めています。

融通弁財天

境内には、「融通弁財天」と呼ばれている弁天さんが安置。
伝教大師・最澄作と伝わり、泉山七福神巡りの一つとされています。

京都市東山区の戒光寺の融通弁財天

融通弁財天は、名前通り「金銭の融通をしてくださる」として、商売繁盛の信仰を集めています。
私も融通をしてもらうべく、しっかりと祈願させていただきました。

京都市東山区の戒光寺の融通弁財天

弁財天は秘仏のため通常は非公開。
1月の成人の日(泉山七福神巡り)と11月3日の弁財天大祭の日のみご開帳されます。

京都市東山区の戒光寺の融通弁財天

社の前には、菖蒲がキレイに咲いていました!

京都市東山区の戒光寺の融通弁財天



戒光寺へのアクセス

  • 京都市営バス「泉涌寺道」から徒歩約約6分
  • JR奈良線・京阪本線「東福寺駅」から徒歩約13分

戒光寺の基本情報

御朱印の種類通常3種類
御朱印の料金300円
時間9:00~17:00
御本尊釈迦如来
札所等京都十三仏霊場第3番(文殊菩薩)、泉山七福神(弁財天)
宗旨真言宗泉涌寺派
拝観料なし。境内自由。
住所京都市東山区泉涌寺山内町29
公式HPhttp://www.kaikouji.com/

ABOUT ME
nobo
休日に自転車で京都を走り回り、御朱印を拝受しています。 御朱印を初めて頂いたのは2017年4月で、御朱印きっかけで神社仏閣によく行くようになりました。