東山区

泉涌寺の御朱印 – 4種類紹介!「御寺」と呼ばれる皇室の菩提寺

京都市東山区の泉涌寺の御朱印

こんにちは、nobo@nobo_kyoto)です。

京都市東山区にある「泉涌寺(せんにゅうじ)」。
真言宗泉涌寺派の総本山であり、皇室の菩提寺として、一般的に「御寺みてら」と呼ばれています。

この記事では、私が泉涌寺で頂いた4種類の御朱印を中心に、泉涌寺の歴史や美人祈願の信仰を集めている「楊貴妃ようきひ観音」などについて、詳しくご紹介します!

京都市東山区の泉涌寺

泉涌寺の御朱印について

御朱印の基本情報
  • 御朱印の種類:少なくとも8種類
  • 御朱印の朱印料:300円
  • 時間:9:00~16:30

御朱印の種類

泉涌寺は、洛陽三十三所観音霊場や京都十三仏などの札所になっており、少なくとも8種類の御朱印が授与されています。

御朱印一覧
  • 霊明殿の御朱印(代表的)
  • 御詠歌の御朱印
  • 善能寺の御朱印(洛陽第18番)
  • 善能寺の御詠歌の御朱印(洛陽第18番)
  • 楊貴妃観音堂の御朱印(洛陽第20番)
  • 楊貴妃観音堂の御詠歌の御朱印(洛陽第20番)
  • 弥勒菩薩の御朱印(京都十三仏第6番)
  • 七福神の御朱印(京都七福神)

洛陽三十三所観音霊場とは?

観音菩薩を祀る「京都市内の33ヶ寺」を巡る観音霊場のこと。
平安時代に後白河上皇が定めたとされ、明治初期の廃仏毀釈の影響で中断し、平成17年(2005)に復興されました。

詳しくはコチラの記事をご覧ください!

洛陽三十三所観音霊場
先達が教える「洛陽三十三所観音霊場」| 御朱印帳や地図も紹介!京都にある33の観音霊場をめぐる「洛陽三十三所観音霊場」。この記事では、各札所で頂ける御朱印を始め、公式御朱印帳や地図、満願証、先達制度、ガイドブックなどについて詳しくご紹介いたします。...

ここからは、私が実際に頂いた4種類についてご紹介いたします。

種類霊明殿聖観音楊貴妃観音弥勒菩薩
画像京都市東山区の泉涌寺の御朱印京都市東山区の泉涌寺の御朱印京都市東山区の泉涌寺の御朱印京都市東山区の泉涌寺の御朱印
補足代表的洛陽18番洛陽20番京都十三仏6番
料金300円300円300円300円

霊明殿の御朱印

泉涌寺の「霊明殿」の御朱印です。
代表的な御朱印ですので、1体だけ頂きたい方は、コチラをお願いするといいでしょう。

右上の「皇室香華院こうげいん」は、皇室の菩提寺を意味するそうで、中央の菊紋と合わせ、泉涌寺ならではの高貴な感じのする御朱印となっています。

京都市東山区の泉涌寺の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝、日付
    中央:霊明殿
    左側:みてら、泉涌寺
  • 朱印
    右側:皇室香華院
    中央:菊紋、御寺泉涌寺印

 

泉涌寺は、近畿地方の寺社を巡る「神仏霊場巡拝の道」の第121番(京都第41番)になっており、専用御朱印帳には、霊明殿の御朱印が書き入れられます。

ちなみに、お隣は真言宗智山派総本山「智積院」です。

京都市東山区の泉涌寺の御朱印
神仏霊場巡拝の道の御朱印帳情報神仏霊場巡拝の道とは? 神仏霊場巡拝の道は近畿地方の150社寺+伊勢神宮を巡る霊場です。神と仏を区別すること無く等しく、参拝をする...
智積院の御朱印 - 真言宗智山派の総本山、等伯の御朱印帳も京都市東山区にある「智積院(ちしゃくいん)」で頂いた3種類の御朱印や歴史などについての紹介です。智積院は真言宗智山派の総本山で、京都十三仏霊場や神仏霊場巡拝の道などの札所になっています。また、長谷川等伯作の楓図や長谷川久蔵作の桜図を使用した御朱印帳も授与されています。...

聖観音の御朱印(洛陽第18番)

洛陽三十三所観音霊場第18番札所「善能寺」に安置されている「聖観音」の御朱印です。
善能寺は、泉涌寺境外にありますが、基本的に無人なので泉涌寺でまとめていただけます。

京都市東山区の泉涌寺の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝、日付
    中央:聖観音
    左側:泉山、善能寺
  • 朱印
    右側:洛陽十八番
    中央:梵字(サ)
    左側:泉山 善能寺

空海によって創建された善能寺については、こちらの記事にまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

京都市東山区の善能寺の御朱印
善能寺の御朱印 - 泉涌寺山内にある空海創建の観音霊場京都市東山区・泉涌寺塔頭の善能寺(ぜんのうじ)の御朱印情報です。本堂(祥空殿)は、1971(昭和46)年に北海道で起こった「ばんだい号墜落事故」の遺族の一人が寄進したもので、ばんだい号墜落事故の犠牲者を始めとする航空殉難者の慰霊堂となっています。御朱印は1種類のみで泉涌寺境内にある泉涌寺本坊にて頂けます。...
京都市内の空海作の仏像
【40体】京都市内にある「弘法大師・空海作の仏像」まとめ全国各地にたくさんの伝説を残している真言宗の開祖・弘法大師空海。この記事では、複数の文献を参考にし、京都市内にある空海作と伝わる仏像をまとめました。見つけることができた37体の仏像名と、寺社名について詳しく紹介しています。...

札所案内

1つ前の札所:第17番・三十三間堂の御朱印

三十三間堂の御朱印は2種類あった!季節で変わる美しい御朱印帳も!京都市東山区にある「三十三間堂(さんじゅうさんげんどう)」で頂ける2種類の御朱印と季節によってデザインと色が変わる御朱印帳の紹介です。三十三間堂は洛陽三十三所観音霊場の札所になっており、御詠歌の御朱印も頂くことができます。...

1つ次の札所:第19番・今熊野観音寺の御朱印

今熊野観音寺の御朱印
今熊野観音寺の御朱印 - 空海作の観音様を祀る東山の西国札所京都市東山区にある「今熊野観音寺(いまくまのかんのんじ)」の御朱印と歴史などの紹介です。西国三十三所第15番・洛陽三十三所観音霊場19番など多くの札所になっており、御朱印は全部で6種類あります。御本尊は、開基である弘法大師空海作と伝わる観音様を安置しています。...

楊貴妃観音堂の御朱印(洛陽第20番)

洛陽三十三所観音霊場第20番札所「楊貴妃観音堂」の御朱印です。
楊貴妃観音については、下の方で詳しく解説しますので、よかったら読んでみてください。

京都市東山区の泉涌寺の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝、日付
    中央:楊貴妃観音
    左側:泉山、観音堂
  • 朱印
    右側:洛陽二十番
    中央:不明
    左側:楊貴妃観音堂

 

中央の印について、色々調べたのですが何なのかよく分かりませんでした。
詳しい方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えて下さいませ。

京都市東山区の泉涌寺の御朱印

札所案内

1つ前の札所:第19番・今熊野観音寺の御朱印

今熊野観音寺の御朱印
今熊野観音寺の御朱印 - 空海作の観音様を祀る東山の西国札所京都市東山区にある「今熊野観音寺(いまくまのかんのんじ)」の御朱印と歴史などの紹介です。西国三十三所第15番・洛陽三十三所観音霊場19番など多くの札所になっており、御朱印は全部で6種類あります。御本尊は、開基である弘法大師空海作と伝わる観音様を安置しています。...

1つ次の札所:第21番札所・法性寺の御朱印

京都市東山区の法性寺の御朱印
法性寺の御朱印 - 国宝の千手観音を祀る尼寺京都市東山区にある法性寺(ほうしょうじ)の御朱印や歴史についての紹介です。洛陽三十三所観音霊場の第21番札所であり、平安時代は百棟を超える堂塔が建てられていたお寺です。御本尊はなんと国宝の千手観音菩薩。...

弥勒菩薩の御朱印(京都十三仏第6番)

京都十三仏霊場の第6番「弥勒菩薩」の御朱印です。

京都市東山区の泉涌寺の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝、日付
    中央:弥勒菩薩
    左側:洛東泉山、泉涌寺
  • 朱印
    右側:京都十三佛第六番
    中央:梵字(ユ)
    左側:御寺泉涌寺印

 

私は、京都十三仏霊場の専用御朱印帳にいただきました。
バインダー式になっており、帳面は結構大きめです。

京都市東山区の泉涌寺の御朱印



御朱印が頂ける場所

泉涌寺の御朱印は、境内にある「本坊」でいただけます。
時間は「9:00~16:30」。

また、本坊内ではオリジナル御朱印帳も授与されていますよ〜!

京都市東山区の泉涌寺の御朱印が頂ける場所

泉涌寺ってどんなお寺?

歴史

泉涌寺の創建由緒については、実ははっきりしていません。
公式HPなどでは、平安時代の斉衡さいこう3年(856)、藤原緒嗣ふじわらのおつぐが帰依した神修上人が「法輪寺(仙遊寺)」として創建したのが起源とされていますが、他にも「弘法大師・空海」が創建したという伝えも残されています。

京都市東山区の泉涌寺

その後、一時は荒廃しますが、建保6年(1218)に宇都宮信房が、月輪がちりん大師(俊芿しゅんじょうに仙遊寺を寄進。

京都市東山区の泉涌寺

月輪大師はこの地に大伽藍を営み、境内から新しい泉が湧いたことから、寺名を「泉涌寺」と改めました。
境内の「水屋形」には、今でも寺名の由来となった水が湧いています。

泉涌寺の水屋形水屋形

元仁元年(1224)には御願寺となり、律を本宗として、真言・天台・禅・浄土の四宗兼学道場として栄えます。

京都市東山区の泉涌寺

仁治3年(1242)、第87代・四条天皇が崩御した際、泉涌寺内に御陵が営まれて以来、月輪陵・後月輪陵・觀音寺陵も営まれることになり、その後は皇室の香華院になりました。

京都市東山区の泉涌寺

このような経緯があり、泉涌寺は「御寺」と呼ばれています。

京都市東山区の泉涌寺



楊貴妃観音堂

泉涌寺境内にある「楊貴妃観音堂」。
お堂の建立は、あの織田信長によって行われたと伝えられています。

京都市東山区の泉涌寺の楊貴妃観音堂

堂内には、洛陽三十三所観音霊場第20番札所に指定されている「楊貴妃観音菩薩(重要文化財)」が安置。
日本国内で作られた仏像ではなく、建長7年(1255)に月輪大師の弟子・甚海が、羅漢像10体と一緒に宋から請来したと伝えられています。

京都市東山区の泉涌寺の楊貴妃観音堂

元々は、100年に1度開帳される「秘仏」でしたが、昭和30年(1955)からは一般公開されています。

楊貴妃観音は主に女性から人気で、世界三大美人の一人である楊貴妃にあやかり、「美人祈願」や「良縁祈願」などの信仰を集めています。

京都市東山区の泉涌寺の楊貴妃観音堂



泉涌寺山内の御朱印情報

泉涌寺山内には、多くの塔頭寺院があり、それぞれで御朱印がいただけます。
その中の、「今熊野観音寺」「法音院」「戒光寺」「来迎院」「善能寺」については、記事に詳しくまとめていますので、ぜひ参考にしてみていただければと思います。

今熊野観音寺の御朱印
今熊野観音寺の御朱印 - 空海作の観音様を祀る東山の西国札所京都市東山区にある「今熊野観音寺(いまくまのかんのんじ)」の御朱印と歴史などの紹介です。西国三十三所第15番・洛陽三十三所観音霊場19番など多くの札所になっており、御朱印は全部で6種類あります。御本尊は、開基である弘法大師空海作と伝わる観音様を安置しています。...
京都市東山区の法音院の御朱印
法音院の御朱印 - 不空羂索観音を祀る泉山の洛陽観音札所洛陽三十三所観音霊場第25番札所・法音院(ほうおんいん)で頂ける御朱印や歴史の紹介です。法音院は泉涌寺山内にある泉塔頭寺院で、洛陽三十三所観音霊場の札所となっています。 御朱印は洛陽の他に泉山七福神の寿老人や鎮守社の三社明神などが頂けます。...
京都市東山区の戒光寺の御朱印
戒光寺の御朱印 - 大きな釈迦如来「丈六さん」を祀る泉涌寺塔頭京都市東山区にある泉涌寺塔頭「戒光寺(かいこうじ)」で頂ける御朱印や歴史などについての紹介です。戒光寺は後堀河天皇の勅命により、猪熊八条に創建されたお寺で、本堂には約10mもある大きな釈迦如来が安置されています。また、最澄作と伝わる融通弁財天もあります。...
京都市東山区の泉涌寺塔頭の来迎院の御朱印
来迎院(泉涌寺塔頭)の御朱印 - 空海の独鈷水が湧き出るお寺京都市東山区の泉涌寺近くにある「来迎院(らいごういん)」で頂ける3種類の御朱印や歴史などについての紹介です。来迎院は泉涌寺別当であり、弘法大師・空海が開基と伝えられています。境内の空海が湧出させたという「独鈷水」は非常に有名です。...
京都市東山区の善能寺の御朱印
善能寺の御朱印 - 泉涌寺山内にある空海創建の観音霊場京都市東山区・泉涌寺塔頭の善能寺(ぜんのうじ)の御朱印情報です。本堂(祥空殿)は、1971(昭和46)年に北海道で起こった「ばんだい号墜落事故」の遺族の一人が寄進したもので、ばんだい号墜落事故の犠牲者を始めとする航空殉難者の慰霊堂となっています。御朱印は1種類のみで泉涌寺境内にある泉涌寺本坊にて頂けます。...

泉涌寺へのアクセス

  • 京都市営バス「泉涌寺道」から徒歩約16分
  • 京阪本線「東福寺駅」から徒歩約22分
  • JR奈良線「東福寺駅」から徒歩約22分

泉涌寺の基本情報

御朱印の種類少なくとも8種類
御朱印の料金通常300円
御朱印の時間9:00~16:30
御本尊釈迦如来、阿弥陀如来、弥勒如来
宗旨真言宗泉涌寺派(総本山)
札所等神仏霊場巡拝の道第121番(京都第41番)、洛陽三十三所観音霊場第20番、京都十三仏霊場第6番、泉山七福神
拝観料大人:500円
住所京都市東山区泉涌寺山内町27
公式HPhttps://www.mitera.org/

ABOUT ME
nobo
休日に自転車で京都を走り回り、御朱印を拝受しています。 御朱印を初めて頂いたのは2017年4月で、御朱印きっかけで神社仏閣によく行くようになりました。