御金神社の御朱印情報

京都府中京区の御金神社の御朱印 中京区

基本情報

  • 住所:京都市中京区西洞院通御池上ル押西洞院町614
  • 御祭神:金山毘古神(かねやまひこのかみ)、天照大神(あまてらすおおみかみ)、月読神(つくよみのかみ)、伊邪那岐(いざなぎ)、伊邪那美(いざなみ)
  • 授与所の時間:10:00〜16:00
  • 御朱印の種類:1種類
  • 御朱印の初穂料:300円

アクセス

京都市営バス”堀川御池”より徒歩約10分
京都市営地下鉄東西線”二条城前駅”より徒歩約13分
京都市営地下鉄烏丸線”烏丸御池駅”より徒歩約12分

御朱印について

中京区の御金神社の御朱印

御金神社では1種類の御朱印が拝受できます。
境内で一番の見どころの金色の鳥居と、「金」という印が押してあるのが特徴。金色の部分はキラキラしておりとてもキレイです。

御朱印は境内の神職さんに言うと頂けます。
いらっしゃらない場合はこちらの社務所前にあるボタンを押して下さい。

中京区の御金神社の御朱印

御金神社 は境内「金」ばかりの神社!

中京区に鎮座している御金神社(みかねじんじゃ)は、金色に輝く鳥居がとてもかっこいい神社。商売繁盛や厄除け、不動産、宝くじ、競馬などなどたくさんのご利益があります。

中京区の御金神社の御朱印

元々はひそかに民家で祀られていましたが、金光教(新興宗教)の信者だった田中庄吉さんが1883(明治16)年に京都府知事の許可を得て社殿を建立しました。金色の鳥居は1967(昭和42)年に建てられたものだそう。
ちなみに現在は金光教と関わりはないそうです。手水舎では籠にお金を入れて洗うことが出来ます。
洗うことでお金が清められ金運アップするそう。清めたお金は使わずにお財布の中に入れておくといいそうです。

中京区の御金神社の御朱印

本殿です。
本殿の瓦には「金」がたくさん!とてもご利益がありそうですね。

中京区の御金神社の御朱印

鈴緒も金ピカです!

中京区の御金神社の御朱印

本殿右奥には末社があり、神社に貢献されてきた方々をお祀りしてるそうです。

中京区の御金神社の御朱印

競馬などでの勝利や宝くじ当選を祈願する絵馬が大量に奉納されているのもこの神社の特徴です。
画像は文字が読めないようにわざとぼかしています。

中京区の御金神社の御朱印

御金神社では授与品も金色のものばかりです。
ここには置いてありませんが、初穂料1000円の金運がアップする福財布はとても人気です。

中京区の御金神社の御朱印

ちなみに私は願い守りをいただきました。金運アップすることを祈ります。

中京区の御金神社の御朱印

ABOUT US

アバター
休日に自転車で京都を走り回り、御朱印を拝受しています。
御朱印を初めて頂いたのは2017年4月で、御朱印きっかけで神社仏閣によく行くようになりました。
2017年12月の京都検定3級に挑戦しましたが、1点足りずに惜しくも不合格...