左京区

南禅院の御朱印 – 南禅寺発祥の地?見どころは京都最古の庭園!

京都市左京区の南禅院の御朱印

こんにちは、nobo@nobo_kyoto)です。

京都市左京区にある人気のお寺「南禅寺」。
その境内には、「南禅寺発祥の地」と言われている別院「南禅院(なんぜんいん)」があります。

この記事では、南禅院で頂ける御朱印を中心に、歴史や「京都で最も古い」とされる庭園についてもご紹介します!

京都市左京区の南禅院

南禅院の御朱印について

御朱印の基本情報
  • 御朱印の種類:通常1種類
  • 御朱印の朱印料:300円
  • 時間:8:40〜17:00

南禅院では、通常1種類の御朱印が授与されています。

聖観音菩薩の御朱印

「聖観音菩薩」の御朱印です。

南禅院の聖観音菩薩について調べてみましたが、よくわかりませんでした。
おそらく方丈内に祀られていると思います。

京都市左京区の南禅院の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝
    中央:聖観音菩薩
    左側:南禅院
  • 朱印
    右側:日付
    中央:寺紋、大本山 南禅寺

 

中央には、南禅寺の寺紋の朱印が押してあります。
カッコイイですね!

京都市左京区の南禅院の御朱印京都市左京区の南禅院の御朱印

御朱印は書き置きのみの授与になります。
持ち込み御朱印へのかき入れは行われていません。

書き置きの御朱印の保管には、フィルムで挟むだけの「御朱印ホルダー」や差し込むタイプの「書き置き御朱印 専用御朱印帳」などがオススメですよ〜!

京都市左京区の南禅院の御朱印御朱印ホルダー

御朱印が頂ける場所

御朱印は、入り口にある拝観受付で頂けます。
時間は8:40〜17:00。

南禅院の拝観には拝観料が必要ですが、御朱印だけを頂くことも出来るようです。

南禅院の拝観料
  • 大人:400円
  • 高校生:350円
  • 小中学生:250円
南禅院の受付



南禅院ってどんなお寺?

歴史

南禅院の起こりは、鎌倉時代中期までさかのぼります。

文永元年(1264)、第90代・亀山天皇は、この地に離宮「禅林寺殿」を建立。
弘安10年(1287)には、禅林寺殿内に一堂が新築され、元からあった離宮は「下御所」、新しく建てられた御殿は「上御所(松下殿)」と呼ばれました。

京都市左京区の南禅院

その後、禅宗に深く帰依した亀山天皇は、この地で出家し「亀山法皇」に。
正応4年(1291)には、東福寺の大明国師を迎えて、離宮を禅寺に改め、上御所は「南禅院」、下御所は「禅林禅寺(後の南禅寺)」となりました。

上記のことから、南禅院は「南禅寺発祥の地」と呼ばれているわけですね。

京都市左京区の南禅院

嘉元3年(1305)に亀山法皇が亡くなると、遺骨は遺命によって分骨となり、南禅院に納められました。

亀山法皇の分骨所は、方丈向かって右側にありますよ!

京都市左京区の南禅院

現在のお堂(方丈)は、徳川5代将軍・綱吉の母「桂昌院」が元禄16年(1703)に寄進したもので、堂内には「亀山法皇御木像」が安置されています。

なお、堂内に上がるのは禁止されています。

京都市左京区の南禅院



庭園

南禅院の見どころは「庭園」です。

亀山法皇が離宮を造営した際に作庭されたもので、「京都で最も古い庭園」といわれています。

京都市左京区の南禅院の庭園

また、夢窓国師による作庭と伝わり、天龍寺庭園・苔寺庭園と並んで「京都三名勝史跡庭園」の一つに数えられています。

京都市左京区の南禅院の庭園

私が訪れた8月は、新緑がとてもキレイで癒やされました。
お寺の方の話では、紅葉シーズンはさらにキレイになるとのこと。

京都市左京区の南禅院の庭園

人も少ないので、結構穴場スポットなのかもしれません。

京都市左京区の南禅院の庭園

また紅葉シーズンにまた来たいなぁと思ってます!

京都市左京区の南禅院の庭園

南禅院へのアクセス

  • 京都市営バス「南禅寺・永観堂道」から徒歩約10分
  • 京都市営地下鉄東西線「蹴上駅」から徒歩約12分

南禅院の基本情報

御朱印の種類通常1種類
御朱印の料金通常300円
御朱印の時間8:40〜17:00
宗旨臨済宗南禅寺派
拝観料・大人:400円
・高校生:350円
・小中学生:250円
住所京都市左京区南禅寺風呂山町86-5
公式HPhttps://nanzenji.or.jp/equipment/nanzenin

ABOUT ME
nobo
休日に自転車で京都を走り回り、御朱印を拝受しています。 御朱印を初めて頂いたのは2017年4月で、御朱印きっかけで神社仏閣によく行くようになりました。