左京区

永観堂(禅林寺)の御朱印を4種類紹介!平安時代から続く紅葉の名所

こんにちは、nobo@nobo_kyoto)です。

京都市左京区にある人気観光スポット「永観堂(えいかんどう)」。
正式な名前は「禅林寺」といい、平安時代から「紅葉の名所」として有名なお寺です。

この記事では、そんな永観堂で頂ける御朱印を中心に、新緑が美しい境内の様子や歴史、みかえり阿弥陀などについて詳しくご紹介いたします!

2021年「秋の寺宝展」は、書き置き御朱印のみの授与となっています。

京都市左京区の永観堂禅林寺

永観堂(禅林寺)の御朱印について

御朱印の基本情報
  • 御朱印の種類:通常6種類
  • 御朱印の朱印料:300円
  • 受付時間:9:00〜16:00(閉門は17:00)

御朱印の種類

永観堂は、証空(西山国師)ゆかりの寺社を巡る「西山国師遺跡霊場」や、法然上人ゆかりの寺を巡る「法然上人二十五霊場」などの札所になっており、通常6種類の御朱印が授与されています。

種類一覧
  1. 顧阿弥陀如来(代表的/西山国師十六霊場第8番)
  2. 御詠歌(西山国師十六霊場第8番)
  3. 法然上人(法然上人二十五霊場縁故本山)
  4. 御詠歌(法然上人二十五霊場縁故本山)
  5. 顧阿弥陀如来(洛陽六阿弥陀めぐり第2番)
  6. 南無帰依法(京都文殊霊場第2番)

ここからは、私が実際に頂いた4種類について画像付きで紹介します。

顧阿弥陀如来御詠歌法然上人顧阿弥陀如来
永観堂(禅林寺)の御朱印永観堂(禅林寺)の御朱印永観堂(禅林寺)の御朱印永観堂(禅林寺)の御朱印
★代表的★
西山国師十六霊場
西山国師十六霊場法然上人二十五霊場洛陽六阿弥陀

顧阿弥陀如来の御朱印(西山国師十六霊場)

御本尊である「顧阿弥陀如来(みかえり阿弥陀)」の御朱印です。

永観堂の代表的な御朱印であり、特に指定しない場合はコチラが頂けます

永観堂(禅林寺)の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝、日付
    中央:顧阿弥陀如来
    左側:洛東、永観堂
  • 朱印
    右側:西山國師十六霊場 第八番
    中央:顧、永観堂禅林寺
    左側:総本山永観堂禅林寺

 

とっても達筆で美しい御朱印ですよね〜。
みかえり阿弥陀については、下の方で紹介しているので是非ご覧ください!

永観堂(禅林寺)の御朱印



御詠歌の御朱印(西山国師十六霊場)

西山国師遺跡霊場第8番札所の御朱印です。

御詠歌とは?

仏教やお寺の教えを「五・七・五・七・七」の和歌にしたもの。

永観堂(禅林寺)の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝
    中央:し乃びねも おとなかりけり ほととぎす こや志ずかなる はやしなるらん
    左側:永観堂
  • 朱印
    右側:西山國師十六霊場 第八番
    中央:顧、永観堂禅林寺
    左側:総本山永観堂禅林寺

 

内容は「し乃びねも(忍寝も) おとなかりけり ほととぎす こや志ずかなる はやしなるらん」と書いてあります。

美しすぎますね・・・!

永観堂(禅林寺)の御朱印

京都のお寺で頂いた「御詠歌の御朱印」は、コチラの記事にまとめていますので、興味がある方はぜひご覧ください!

京都の御詠歌の御朱印
【計24体】京都のお寺で頂いた「御詠歌の御朱印」まとめ!仏教の教えやお寺の事を「五・七・五・七・七」形式の和歌にした「御詠歌(ごえいか)」。西国三十三所や洛陽三十三所観音霊場などの霊場では、御詠歌の御朱印を頂くことが出来ます。この記事では、私が京都お寺で頂いた御詠歌の御朱印を計24体まとめてみました。...

法然上人の御朱印(法然上人二十五霊場)

浄土宗の開祖・法然上人ゆかりのお寺を巡る「法然上人二十五霊場」縁故本山の御朱印です。
同霊場は、清水寺知恩院も札所になっています。

永観堂(禅林寺)の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝、日付(スタンプ)
    中央:法然上人
    左側:総本山 禅林寺
  • 朱印
    右側:法然上人二十五霊場 縁故本山
    中央:永観堂禅林寺
    左側:総本山永観堂禅林寺

 

顧阿弥陀如来の御朱印(洛陽六阿弥陀めぐり)

洛陽六阿弥陀めぐり第2番「顧阿弥陀如来」の御朱印です。
上で紹介した御朱印とは、右上の印が違うだけになります。

永観堂(禅林寺)の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝、日付
    中央:顧阿弥陀如来
    左側:洛東、永観堂
  • 朱印
    右側:京洛六阿弥陀 第二番
    中央:顧、永観堂禅林寺
    左側:総本山永観堂禅林寺

 

洛陽六阿弥陀めぐりとは?

江戸中期、木食正禅上人が阿弥陀如来の霊感を受けて発願した霊場です。
定められている功徳日を3年3ヶ月続けて巡拝すると、無病息災や家運隆盛、諸願成就などのご利益が得られるとされています。

洛陽六阿弥陀めぐりの御朱印一覧
洛陽六阿弥陀めぐりの誓願寺
洛陽六阿弥陀めぐりとは?御朱印と共に各札所を詳しく紹介!阿弥陀如来を祀る京都市内の6ヵ寺を巡拝する霊場「洛陽六阿弥陀めぐり」の御朱印と札所の紹介です。江戸中期頃に始まった霊場で、定められている功徳日を3年3ヶ月続けて巡拝すると、無病息災や家運隆盛などのご利益が得られるとされています。...
洛陽六阿弥陀めぐり・札所案内

第1番札所「真如堂」 → 永観堂 → 第3番札所「清水寺

御朱印が頂ける場所

御朱印は、堂内への入り口である「大玄関」の納経所で頂けます。

受付時間は「9:00〜16:00(閉門17:00)」で、拝観料(大人600円)が必要です。
なお、紅葉シーズンなどの繁忙期では、御朱印が頂けない場合もあります。

永観堂(禅林寺)の大玄関大玄関

私が訪れた時は、新型コロナの影響で書き置きのみの授与でした。

書き置きの御朱印の保管には、フィルムで挟むだけの「御朱印ホルダー」や差し込むタイプの「書き置き御朱印 専用御朱印帳」などがオススメですよ〜!

永観堂(禅林寺)の御朱印

納経所では、3種類のオリジナル御朱印帳も授与されていました!

永観堂(禅林寺)の御朱印帳

永観堂(禅林寺)ってどんなお寺?

境内の様子

私が訪れたのは、2021年の8月末。
コロナの影響もあり、私以外の参拝者は5人もいらっしゃいませんでした。

京都市左京区の永観堂禅林寺の新緑

境内はとっても静かで、美しい緑の景色をぼーっと堪能。

京都市左京区の永観堂禅林寺の新緑

正直言って、参拝前はあまり期待していなかったのですが、あまりにも良すぎて一瞬で気に入りました。

京都市左京区の永観堂禅林寺の新緑

紅葉シーズンには沢山の人が訪れるので、個人的には静かで落ち着いた「新緑の季節」に参拝するのをオススメしたいです。
新緑を見てると、こっちまで元気になるような気がして好きなんですよねぇ。

京都市左京区の永観堂禅林寺の新緑

紅葉シーズンも行きたいと思っているので、写真を撮ってまた追記しますね!

京都市左京区の永観堂禅林寺の新緑



歴史

永観堂の起こりは、平安時代の仁寿3年(853)。
弘法大師・空海の弟子である「真紹」が、この地にあった藤原関雄の山荘を買い取り、「真言密教の道場」としたのが始まりです。

京都市左京区の永観堂禅林寺

貞観5年(863)には、第56代・清和天皇によって「禅林寺」の勅額が与えられ、官寺に準ずる定額寺となりました。

京都市左京区の永観堂禅林寺

承暦年間(1077〜81)、第7世・永観ようかんが入寺し、創建以来「大日如来」としていた御本尊を「阿弥陀如来」に変え、浄土念仏の道場として中興します。
これ以降、「永観」の名前から、禅林寺は永観堂として呼ばれるようになりました。

京都市左京区の永観堂禅林寺

その後は、応仁の乱によって焼失・荒廃してしまいますが、第103代・後土御門天皇の命によって再興。
真言宗のお寺として始まった永観堂ですが、現在は「浄土宗西山禅林寺派」の総本山となっています。

京都市左京区の永観堂禅林寺

みかえり阿弥陀

阿弥陀堂に安置されている御本尊「みかえり阿弥陀(重要文化財)」。
左を向いてる特徴的なお姿は、とある伝説が残されています。

みかえり阿弥陀の伝説

永保2年(1082)、中興の祖・永観は、須弥壇に安置された阿弥陀像の周りを回る修行をしていた。
永観がふと気づくと、壇から下りてきた阿弥陀像が修行を先導しており、永観は驚きのあまり立ち止まった。
すると、阿弥陀像は永観の方を振り返って「永観、おそし」と言い、首は振り返ったままになったという。

京都市左京区の永観堂禅林寺阿弥陀堂

みかえり阿弥陀は正面だけではなく、右側からも見ることが出来ます。
結構近くまで寄って見れるので、右側から見ないのはもったいないですよ〜!

永観堂禅林寺の阿弥陀堂内阿弥陀堂内の右側からの写真
画像:歴彩館 京の記憶アーカイブ(切り抜き加工済み)

どうでもいいですが、帰りにあった「ちょっと見返って お忘れ物はございませんか」の看板に笑ってしまいましたw
くれぐれも、忘れ物が無いようにしてくださいね!

京都市左京区の永観堂禅林寺



永観堂(禅林寺)周辺の寺社

永観堂の近くには、京都五山の一つ「南禅寺」や京都三熊野の一つ「熊野若王子神社」などがあります。

ぜひ、記事を参考にして参拝してみてくださいね!

京都市左京区の南禅寺の御朱印
南禅寺の御朱印 - 最も格式の高い禅寺!庭園や水路閣も美しい!京都市左京区にある「南禅寺(なんぜんじ)」で頂ける御朱印を中心に方丈庭園や三門、水路閣などについても紹介します。南禅寺の御朱印は1種類のみで、基本的には書き置きのみの授与になっています。御朱印帳に貼りやすいようにシールタイプも用意されています。...
京都市左京区の南禅院の御朱印
南禅院の御朱印 - 南禅寺発祥の地?見どころは京都最古の庭園!京都市左京区にある「南禅院(なんぜんいん)」で頂ける御朱印や歴史、見どころなどの紹介です。水路閣近くにある南禅院は「南禅寺発祥の地」といわれており、鎌倉時代末期頃に作庭された庭園は、「京都三名勝史跡庭園」の一つに数えられています。...
京都市左京区の最勝院高徳庵の御朱印
最勝院高徳庵の御朱印 - 駒道智大僧正ゆかりの南禅寺塔頭寺院京都市左京区にある南禅寺の塔頭・最勝院(高徳庵)の御朱印と歴史の情報です。最勝院は鎌倉時代に天台密教の駒道智大僧正が当地に隠棲したことが始まりとされています。境内にある縁結びの松は樹齢約300年の百日紅の木に樹齢約100年の松が生えています。...
熊野若王子神社の御朱印
熊野若王子神社の御朱印情報アクセス 京都市営バス”南禅寺・永観堂前”より徒歩約5分 京都市営バス”東天王町”より徒歩約6分 熊野若王子は...

永観堂(禅林寺)へのアクセス

  • 京都市営バス「南禅寺・永観堂道」から徒歩約4分
  • 京都市営地下鉄東西線「蹴上駅」から徒歩約9分

永観堂(禅林寺)の基本情報

御朱印の種類通常6種類
御朱印の値段300円
受付時間9:00〜16:00(閉門17:00)
札所等西山国師遺跡霊場第8番、法然上人二十五霊跡縁故本山、洛陽六阿弥陀めぐり第2番、京都文殊霊場第2番
御本尊阿弥陀如来
宗旨浄土宗西山禅林寺派(総本山)
拝観料大人600円
住所京都市左京区永観堂町48
公式HPhttp://www.eikando.or.jp/

ABOUT ME
nobo
休日に自転車で京都を走り回り、御朱印を拝受しています。 御朱印を初めて頂いたのは2017年4月で、御朱印きっかけで神社仏閣によく行くようになりました。