右京区

龍安寺の御朱印 – 限定もあった!石庭で有名な世界遺産のお寺

京都市右京区の龍安寺の御朱印

こんにちは、nobo@nobo_kyoto)です。

京都市右京区にある世界遺産「龍安寺」。
「りゅうあんじ」と読みたくなりますが、正式な読み方は「りょうあんじ」だそうです。

この記事では、そんな龍安寺で頂ける通常の御朱印を中心に、期間限定で授与された「限定御朱印」や御朱印帳、歴史や石庭などについても詳しくご紹介いたします!

京都市右京区の龍安寺のチケット

龍安寺の御朱印について

御朱印の基本情報
  • 御朱印の種類:通常1種類
  • 御朱印の朱印料:300円
  • 時間:8:00~17:00(12月~2月は8:30~16:30)

龍安寺では、通常1種類の御朱印が授与されています。
御朱印の朱印料(値段)は、1体300円です。

石庭の御朱印

龍安寺で常時授与されいる「石庭」の御朱印です。
右側の印は、中央が崩されていて読むのが難しいのですが、龍安寺の山号「大雲山」で合っている模様。

京都市右京区の龍安寺の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝、日付
    中央:石庭
    左側:龍安寺
  • 朱印
    右側:大雲山
    左側:吾唯足知、龍安寺印

 

通常、お寺の御朱印の中央には、仏様の名前が書かれるのですが、龍安寺はなんと「石庭」のみ。
石庭で有名な「龍安寺らしい」の御朱印ですね〜!

京都市右京区の龍安寺の御朱印



【限定】釈迦如来の御朱印

2021年3月に授与された「釈迦如来」の限定御朱印です。
御朱印の朱印料(値段)は、1体300円でした。

京都市右京区の龍安寺の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝、日付
    中央:釈迦如来
    左側:龍安寺
  • 朱印
    右側:大雲山
    左側:吾唯足知、龍安寺印

 

基本的には通常の御朱印と同じで、中央の文字が「石庭」から「釈迦如来」になっています。
釈迦如来は龍安寺の御本尊なのですが、どこに安置されているかよく分かりませんでした・・・。

京都市右京区の龍安寺の御朱印

左上の朱印「吾唯足知」とは?

龍安寺の御朱印には、左上に「吾唯足知」の朱印が押してあります。

「われ ただ たることを しる」と読む吾唯足知は、釈迦が説いた言葉であり、禅宗のお寺でよく用いられる格言のようです。

京都市右京区の龍安寺の御朱印

境内の方丈の北東には、吾唯足知が刻まれた「つくばい」が置いてあります。
徳川光圀(水戸黄門)が寄進した物といわれており、中央には、竹筒から水が流れていました。

京都市右京区の龍安寺のつくばい

吾唯足知は、中央の「口」を中心に、上・右・下・左と、順番に読んでいく感じですね〜。
なお、このつくばいはレプリカであり、オリジナルは厳重に保管されているそうです。

京都市右京区の龍安寺のつくばい昭和期のつくばい
画像は歴彩館 京の歴史アーカイブより

御朱印が頂ける場所

龍安寺の御朱印は、境内「庫裏(くり)」内の授与所にていただけます。
境内はとても広いのですが、入り口から道なりに進んでいけば迷うことは無いと思います。

京都市右京区の龍安寺の御朱印が頂ける場所

コロナにより書き置きのみの授与

2021年7月現在、龍安寺では、新型コロナの影響により、御朱印帳への直書きを休止してます。

御朱印自体を休止しているわけではなく、書き置きのものは授与されています
直書きが無いのは残念ですが、頂けるだけありがたいですね。

御朱印の保管には、「御朱印ホルダー」や書き置き御朱印専用御朱印帳などがオススメですよ!

京都市右京区の龍安寺の御朱印

御朱印帳

庫裏の授与所では、龍安寺オリジナル御朱印帳も授与されています。

値段は共に1200円。
石庭をイメージした可愛らしい小判御朱印帳と、吾唯足知のロゴが入った渋い大判御朱印帳の2種類です。

どちらもステキですね!

京都市右京区の龍安寺の御朱印帳



龍安寺ってどんなお寺?

歴史

もともと、龍安寺がある場所には、第64代・円融天皇によって建立された「円融寺」というお寺がありました。
御願寺となっていた円融寺ですが、その後は徐々に衰退してしまいます。

平安末期には、左大臣・藤原実能が域内に山荘を営み、徳大寺を建立。
その後は、徳大寺家がお寺を継いでいきました。

京都市右京区の龍安寺

室町時代の宝徳2年(1450)、武将・細川勝元は、大徳寺家から土地を譲り受け、妙心寺の塔頭として「龍安寺」を創建。
開山は妙心寺の玄承が招かれましたが、玄承は師匠の日峰宗舜を勧請開山とし、自らは2世となりました。

これが龍安寺の起こりとなります。
創建には「円融寺→徳大寺→龍安寺」という流れがあったわけですね!

京都市右京区の龍安寺

その後、応仁の乱に焼失しますが、細川勝元の書院を移すなどしてすぐに復興。
江戸時代には、朱印地が720石余も与えられ、塔頭はなんと「21」もあったそうです。

現在の塔頭は「西源院・多福院・大珠院」の3院のみ。
平成8年には、古都京都の文化財の一つとして、世界遺産に指定されました。

石庭

龍安寺といえば、やっぱり石庭ですよね!

京都市右京区の龍安寺の石庭

石庭は代表的な枯山水式として有名で、国の史跡と特別名勝に指定されています。

京都市右京区の龍安寺の石庭

白砂の上に大小15個の石が配置してあるのですが、どの位置から見ても「必ず1個隠れて見えない」という不思議な仕様になっています。

縁側に座り、時間を忘れボーッと石庭を眺める贅沢を体験できます。

立派な石庭ですが、実は作庭の詳しい年代や作者は不明なんだとか。
一体、いつ誰が作庭したんでしょうね。気になります。

私が訪れた3月下旬は、桜がとてもキレイに咲いていました!

京都市右京区の龍安寺の桜

鏡容池の周りの桜も最高!

京都市右京区の龍安寺の桜



ウグイスの声も聞こえていましたが、残念ながら写真は撮れませんでした。

京都市右京区の龍安寺の桜

龍安寺の桜の魅力は、JR東海のTVCMで味わってください↓

龍安寺へのアクセス

  • 京都市営バス「立命館大学前」から徒歩約7分
  • 京福北野線「龍安寺駅」から徒歩約10分

龍安寺の基本情報

御朱印の種類通常1種類
御朱印の料金通常300円
御朱印帳の種類2種類
御朱印帳の料金1200円
御朱印の時間8:00~17:00
(12月~2月は8:30~16:30)
御本尊釈迦如来
宗旨臨済宗妙心寺派
拝観料大人:500円
住所京都市右京区龍安寺御陵ノ下町13
公式HPhttp://www.ryoanji.jp/top.html

ABOUT ME
nobo
休日に自転車で京都を走り回り、御朱印を拝受しています。 御朱印を初めて頂いたのは2017年4月で、御朱印きっかけで神社仏閣によく行くようになりました。