北区

金閣寺の御朱印を3種類紹介!秋の限定御朱印や金ピカの御朱印帳も!

京都市北区の金閣寺(鹿苑寺)の御朱印

こんにちは、nobo(@nobo_kyoto)です。

数ある京都のお寺の中で、圧倒的な人気を誇る世界遺産「金閣きんかく寺(鹿苑ろくおん寺)」。
京都御所の北にある「相国しょうこく」の境外塔頭であり、金ピカの金閣(舎利殿しゃりでん)はあまりにも有名です。

この記事では、そんな金閣寺で頂ける2種類の御朱印オリジナル御朱印帳を中心に、期間限定で授与された特別御朱印や金閣についても詳しく紹介いたします!

京都市北区の金閣寺(鹿苑寺)

金閣寺の御朱印について

御朱印の基本情報
  • 御朱印の種類:通常2種類
  • 御朱印の朱印料:300円
  • 時間:9:00〜16:30

金閣寺では、通常2種類の御朱印が授与されています。

①舎利殿 ②石不動尊
京都市北区の金閣寺(鹿苑寺)の御朱印 京都市北区の金閣寺(鹿苑寺)の御朱印
300円 300円
★代表的★ 書き置きのみ

①舎利殿の御朱印

中央に「舎利殿しゃりでん」と書いてある御朱印です。

京都市北区の金閣寺(鹿苑寺)の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝、日付
    中央:舎利殿
    左側:金閣寺
  • 朱印
    右側:世界文化遺産
    中央:金閣、鹿苑禅寺

 

舎利殿は「金閣」の正式名称。

内部に仏舎利ぶっしゃり(お釈迦さまの遺骨)」を納めていることから舎利殿と呼ばれています。

京都市北区の金閣寺(鹿苑寺)の御朱印

左上には、象(?)の中に「金閣」と書いてある朱印が押してあります。
なぜ象なのか気になります・・・!

京都市北区の金閣寺(鹿苑寺)の御朱印



金閣寺は、近畿地方の寺社を巡る「神仏霊場巡拝の道」の第93番(京都第13番)札所になっています。

こちらは、その専用御朱印帳に頂いた御朱印です。

京都の仁和寺と金閣寺の御朱印
神仏霊場巡拝の道の札所案内

第92番「仁和寺」 → 金閣寺 → 第94番「平野神社

②石不動尊の御朱印

中央に「石不動尊いしふどうそん」と書いてある御朱印です。

左上には、不動明王を表す梵字ぼんじ「カーン」の朱印が押してあります。

京都市北区の金閣寺(鹿苑寺)の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝、日付
    中央:石不動尊
    左側:金閣 不動堂
  • 朱印
    右側:京都 金閣寺
    中央:梵字(カーン)、金閣寺不動堂

 

石不動尊の御朱印は、書き置きのみの授与になります。
御朱印帳への直書きは行われていません

京都市北区の金閣寺(鹿苑寺)の御朱印

秘仏「石不動明王像(石不動尊)」を祀る不動堂は、境内の出口付近に建っています。

京都市北区の金閣寺(鹿苑寺)の不動堂

石不動明王像は「弘法大師・空海」が作成したと伝えられており、首から上の病、特に「眼病」にご利益があるとされていますよ!

毎年2月3日と8月16日に御開帳が行われます。
京都市北区の金閣寺(鹿苑寺)の不動堂
不動明王の御朱印
京都のお寺で頂いた「不動明王」の御朱印まとめ京都のお寺で頂いた「不動明王」の御朱印まとめです。大きく梵字が書かれたものから、金泥で書かれた限定御朱印や月に1度だけ授与される「倶利伽羅剣」の御朱印など、様々なバリエーションのものを集めてみました。みなさんの不動明王御朱印巡りのお役に立てれば幸いです。...

書き置き御朱印は、御朱印帳にのりで貼るのが一般的ですが、個人的にはフィルムで挟むだけの「御朱印ホルダー」や差し込むタイプの「書き置き御朱印 専用御朱印帳」をオススメしてます!

とっても楽ですよ〜♪

京都市北区の金閣寺(鹿苑寺)の御朱印

金閣寺のオリジナル御朱印帳とは?

金襴生地が使用されている「金閣寺オリジナル御朱印帳」がこちら!

サイズは小判サイズ(縦16cm×横11cm)で、ビニールのカバーに包まれた状態で授与されています。
料金は御朱印代込みで「1900円」。

京都市北区の金閣寺(鹿苑寺)の御朱印帳

この柄の御朱印帳は「黒」と「薄い水色」の2色があるのですが、今回はビビッと惹かれた黒の方を頂いてきました。

京都市北区の金閣寺(鹿苑寺)の御朱印帳

写真では伝わりにくいのですが、本当にキラキラしていて美しい御朱印帳です。

金ピカの金閣が上手く表現されていますよね〜!

京都市北区の金閣寺(鹿苑寺)の御朱印帳

御朱印帳の背面には、金閣の頂点にいる「鳳凰」が大きく配置されています。
なかなか迫力がありますね・・・!

京都市北区の金閣寺(鹿苑寺)の御朱印帳

別日に金閣と一緒に撮影してみました。

参拝の思い出になる素晴らしい御朱印帳ですね〜!

京都市北区の金閣寺の御朱印帳



金閣寺の「限定御朱印」について

金ピカの限定御朱印

2022年10月3日から「聖観世音」の秋の特別御朱印が授与されました。

数量は5000枚限定で、料金は700円でした。

京都市北区の金閣寺の御朱印

御朱印の用紙は、金閣寺と同じく金ピカ!!

とってもステキな御朱印となっています!

京都市北区の金閣寺の御朱印

注意事項

こちらの限定御朱印を頂く際、入り口の受付でもらえる「参拝券(御札)」の提示が必須となっていました。

限定御朱印を頂く予定の方は、参拝券を必ず朱印所までお持ちください。

京都市北区の金閣寺の御朱印

私は途中で回収ボックスに参拝券を入れてしまったため、御朱印を頂く権利が無くなってしまい、泣く泣く参拝券を払い直して再入場を行いました。

くれぐれもみなさんご注意ください。

京都市北区の金閣寺の回収ボックス

金閣寺の御朱印が頂ける場所と時間

御朱印と御朱印帳は、金閣寺出口付近にある「朱印所」でいただけます。
受付時間は「9:00〜16:30」です。

拝観順路にあるので、特に迷うことは無いと思います。

京都市北区の金閣寺(鹿苑寺)の授与所

朱印所はあまり大きくないので、混雑時は御朱印待ちの長い行列が発生します。

なお、この場所からの境内の逆走は禁止されているので、御朱印を頂くのは拝観をきっちり楽しんでからにしましょう

京都市北区の金閣寺(鹿苑寺)の授与所

金閣寺ってどんなお寺?

歴史

金閣寺の起源は、室町時代の応永4年(1397)。
第3代将軍・足利義満よしみつが西園寺家の山荘を譲り受け、北山殿を造営したのが起こりです。

京都市北区の金閣寺(鹿苑寺)

義満の死後、遺命によって北山殿は禅寺に改められ、作庭家としても知られる僧侶「夢窓疎石むそうそせき」が勧請開山となりました。

寺名の「鹿苑寺」は、義満の法号「鹿苑院殿」にちなんで名付けられたといいます。

京都市北区の金閣寺(鹿苑寺)

室町時代中期に勃発した応仁の乱では、金閣寺は西陣の陣所となり、お堂のほとんどが消失。
現在のお堂の多くは、江戸時代初期頃に再建されたものになります。

京都市北区の金閣寺(鹿苑寺)



金閣(舎利殿)

金ピカに輝く金閣(舎利殿)
鹿苑寺が「金閣寺」と呼ばれるのは、この金閣があまりにも有名だからです。

京都市北区の金閣寺(鹿苑寺)

金閣は、北山殿造営時の応永5年(1398)に建立されたのが始まり。
建立当初から外壁に金箔が貼られていたようで、室町時代から「金閣」と呼ばれていたそうです。

京都市北区の金閣寺(鹿苑寺)京都の寺社がことごとく焼失した応仁の乱でも焼けることなく、「国宝」として現代まで現存していましたが・・・。

京都市北区の金閣寺(鹿苑寺)

昭和25年(1950)、放火によって焼失してしまいました。

この放火事件は三島由紀夫みしまゆきお氏の小説「金閣寺」の題材になっているので、ご存知の方も多いかもしれません。

京都市北区の金閣寺(鹿苑寺)と金閣寺

現在の金閣は、焼失から5年後の昭和30年に再建されたもので、国宝には指定されていません。
室町時代に建立された金閣を一度見てみたかったです・・・。

京都市北区の金閣寺(鹿苑寺)焼失前の金閣
画像:京都府立京都学・歴彩館 京の記憶アーカイブより(切り抜き、カラー加工済み)

ちなみに、金閣寺と対をなす「銀閣寺(慈照寺)」の銀閣(観音殿)は、外壁に銀箔が貼られたことは一度もなく、単純に金閣に対して「銀閣」と呼ばれただけらしいです。

“銀ピカ”では無いですが、銀閣寺もとっても良いお寺なので、ぜひ参拝してみてくださいね!

京都市左京区の銀閣寺の御朱印
銀閣寺の御朱印を2種類紹介!秋の限定御朱印や神仏霊場の朱印も!京都市左京区の東山に佇む「銀閣寺(ぎんかくじ)」で頂ける御朱印を中心に、歴史や雪の日の写真などについても紹介します。銀閣寺は正式名称は「慈照寺」といい、通常1種類の御朱印が頂けます。この記事では期間限定の御朱印や神仏霊場巡拝の道の御朱印についても紹介します。...
京都市左京区の銀閣寺



雪の金閣

通常時の金閣も美しいのですが、雪が降ると更に美しくなります。

京都市北区の金閣寺(鹿苑寺)

一面真っ白な庭園と金ピカの金閣。
なんというか「日本の美」を感じるような、そんな壮大な美しさです。

京都市北区の金閣寺(鹿苑寺)

とっても映えますね〜!

京都市北区の金閣寺(鹿苑寺)

みなさんも京都に雪が降ったら、ぜひ金閣寺へ行ってみてくださいね!

京都市北区の金閣寺(鹿苑寺)



金閣寺周辺の寺社情報

金閣寺の周辺には、京都随一の安産祈願神社として知られる「わら天神宮(敷地神社)」や15個の石が配置されている石庭が有名な世界遺産「龍安寺」などがあります。

ぜひ、記事を参考にして参拝してみてくださいね!

わら天神宮の御朱印
わら天神宮の御朱印は2種類!京都で一番有名な安産祈願の神社京都市北区にある「わら天神宮(てんじんぐう)」で頂ける御朱印の種類や時間を始め、歴史や安産祈願の信仰などについてもご紹介いたします。わら天神宮の正式名称は敷地神社といい、本殿の向かって右側にある摂社・六勝神社の御朱印も頂けます。...
京都市右京区の龍安寺の御朱印
龍安寺の御朱印 - 限定もあった!石庭で有名な世界遺産のお寺京都市右京区にある世界遺産「龍安寺(りょうあんじ)」で頂ける御朱印の時間や値段などの紹介です。龍安寺では通常1種類の御朱印が授与されており、期間限定御朱印についても掲載しています。御朱印と御朱印帳には、つくばいにも刻まれている「吾唯足知」が入っています。...

金閣寺へのアクセス

  • 京都市営バス「金閣寺道」から徒歩約3分

金閣寺の基本情報

御朱印の種類 通常2種類
御朱印の値段 300円
時間 9:00〜16:30
宗旨 臨済宗相国寺派(相国寺境外塔頭)
拝観料 大人400円
住所 京都市北区金閣寺町1
公式HP https://www.shokoku-ji.jp/kinkakuji/