長圓寺の御朱印情報

長圓寺の御朱印情報 下京区

アクセス

  • 京都市営バス”大宮松原”より徒歩約4分
  • 京福電気鉄道嵐山本線”四条大宮駅”より徒歩約7分
  • 阪急京都線”大宮駅”より徒歩約7分

長圓寺の聖観音菩薩は疫病除けの霊験あらたかな観音様!

長圓寺(ちょうえんじ)は、京都市下京区にある浄土宗のお寺。山号は延命山。
本堂に阿弥陀三尊、観音堂に聖観音菩薩を祀ります。観音堂は洛陽三十三所観音霊場の第24番札所。
聖観音菩薩は疫病除けの霊験あらたかな観音様として信仰を集めています。

平安時代、一条天皇の頃に平安京で疱瘡(ほうそう)が流行しました。
そこで、大納言・藤原親衡公は天台宗高僧・恵心僧都源信に観音像制作を依頼しました。
作られた聖観音菩薩を宮中に祀り、21日祈願法要を行ったところ疱瘡流行は治まりました。その後、この聖観音菩薩は比叡山に安置されました。

本堂

1578(天正15)年、三河国の永安寺住職・大誉上人が京都に入ります。上人が応仁の乱によって荒廃した京都を見て嘆いていたところ、「比叡山の聖観音菩薩を京都に持ち帰りなさい」という清水観音の霊告を受けます。
上人はお告げ通りに比叡山の聖観音菩薩を持ち帰り、小さな庵を建てて祀りました。これが観音堂の始まり。その後、1608(慶長13)年、京都所司代・板倉勝重が大誉上人に帰依。土地を寄進し本堂などが建てられました。

観音堂



御朱印について

  • 御朱印の種類:1種類
  • 御朱印の納経料:300円
  • 時間:9:00〜16:00

長圓寺では洛陽三十三所観音霊場の御朱印1種類のみ頂くことが出来ます。

御朱印は観音堂の向かって左にある納経所で頂けます。

納経所では冷たいお茶と飴ちゃんを頂きました。
お寺の方はとても優しくてゆっくり休憩することが出来ました。

洛陽三十三所観音霊場の御朱印帳

2018年3月12日

関連リンク

洛陽三十三所観音霊場 長圓寺


ABOUT US

休日に自転車で京都を走り回り、御朱印を拝受しています。
御朱印を初めて頂いたのは2017年4月で、御朱印きっかけで神社仏閣によく行くようになりました。
2017年12月の京都検定3級に挑戦しましたが、1点足りずに惜しくも不合格...