東山区

知恩院の御朱印 – 限定あり!法然上人ゆかりの浄土宗総本山

こんにちは、nobo@kyoto_gosyuin)です。

日本全国には、浄土宗のお寺がなんと約7000ヵ寺もあります。
その浄土宗の総本山である「知恩院(ちおんいん)」は、浄土宗の開祖・法然ほうねん上人ゆかりのお寺であり、境内には御廟ごびょうも築かれています。

この記事では、知恩院で頂ける通常3種類の御朱印と限定御朱印を中心に、歴史や三門・御影堂などについて詳しくご紹介いたします。

京都市東山区の知恩院

知恩院の御朱印

御朱印の基本情報
  • 御朱印の種類:3種類
  • 御朱印の朱印料:300円
  • 時間:9:00〜16:00

知恩院の御朱印は3種類!

知恩院では、通常3種類の御朱印が授与されています。

  1. 法然上人ほうねんしょうにんの御朱印(代表的)
  2. 御詠歌ごえいかの御朱印
  3. 勢至菩薩せいしぼさつの御朱印

御朱印の一覧。

種類法然上人御詠歌勢至菩薩
画像知恩院の法然上人の御朱印知恩院の御詠歌の御朱印知恩院の勢至菩薩の御朱印
料金300円300円300円
補足代表的奉拝・日付無し

1つ1つ詳しく見ていきましょう!

①法然上人の御朱印

中央に「法然上人」と墨書きされた御朱印です。
知恩院の代表的な御朱印になります。

知恩院の法然上人の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝、日付
    中央:法然上人
    左側:知恩院
  • 朱印
    右側:圓光大師廿五霊場第廿五番
    中央:三宝印(佛法僧寶)
    左側:浄土宗総本山知恩院

 

法然上人(円光大師)は、浄土宗の開祖であり、知恩院の開基です。
御影堂(本堂)には、法然上人像が御本尊として安置されています。

京都市東山区の知恩院の法然上人

知恩院は、法然上人ゆかりのお寺を巡る「法然上人二十五霊場」の第25番札所となっており、右上には「第廿五番」の朱印が押してあります。

中央の朱印は「佛法僧寶ぶっぽうそうほう」の三宝印。

京都市東山区の知恩院の御朱印

②御詠歌の御朱印

法然上人二十五霊場の御詠歌の御朱印です。
御詠歌の御朱印には、「奉拝」「日付」の書き入れはありません。

御詠歌とは?

仏教やお寺の教えを「五・七・五・七・七」の和歌にしたもの。

知恩院の御詠歌の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    草も木も
    枯れたる野辺に
    ただひとり
    松のみ残る
    弥陀の本願
  • 朱印
    右側:圓光大師廿五霊場第廿五番
    中央:三宝印(仏法僧宝)
    左側:浄土宗総本山知恩院

 

知恩院の御詠歌
「草も木も 枯れたる野辺に ただひとり 松のみ残る 弥陀の本願」

意味については、公式HPから引用させていただきます。

草も木も枯れてしまった野にあっても松が緑を失わないように、このすさんだ世の中でも阿弥陀様の教えだけはいつまでもなくなることはありません。

知恩院公式HP – 御朱印

京都市東山区の知恩院の御朱印

③勢至菩薩の御朱印

勢至せいし堂に安置されている「勢至菩薩」の御朱印です。

知恩院の勢至菩薩の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:本地、日付
    中央:勢至菩薩
    左側:勢至堂
  • 朱印
    右側:知恩教院
    中央:総本山 本地勢至堂之章 知恩院
    左側:知恩院勢至堂

 

こちらの御朱印のポイントは、右上(墨書き)と中央(朱印)の「本地」。

京都市東山区の知恩院の御朱印

勢至堂は法然上人終焉の本地の堂であることから「本地堂」とも呼ばれ、勢至菩薩は、法然上人の「本地身」とされています。

知恩院の勢至堂

勢至堂は、御影堂東側にある階段を登ったところにあります。
元々、この地には法然上人が亡くなるまで住んだ「大谷禅房」という住居があり、知恩院発祥の地でもあります。

京都市東山区の知恩院の勢至堂

境内最古の建築物であり、知恩院を語る上で外せない「勢至堂」。
非常に静かで落ち着く場所です。

京都市東山区の知恩院の勢至堂画像:京都府立京都学・歴彩館 京の記憶アーカイブから(一部切り抜き)

ちなみに、勢至堂の奥には、「縁結びの神」として信仰されている「濡髪ぬれがみ大明神」が祀られています。
ぜひ、合わせてご参拝ください!

京都市東山区の知恩院の濡髪大明神



限定御朱印

御影堂落慶法要参拝記念の御朱印

2011年から2020年まで、国宝・御影堂(本堂)は大規模な修理工事が行われました。

コチラの御朱印は、2020年4月に行われた「御影堂落慶法要(修理完成を祝う法要)」の参拝記念御朱印(書き置きのみ)。

中央の「法爾ほうに大師」とは、天皇陛下(現上皇陛下)から賜った大師号とのこと。

京都市東山区の知恩院の限定御朱印
御朱印の内容

※日付以外は印刷です。

  • 墨書き
    右側:国宝御影堂落慶法要参拝記念、日付
    中央:法然上人 法爾大師
    左側:浄土宗総本山 知恩院
  • 朱印
    中央:本願念佛
    左側:浄土宗総本山知恩院
  • その他
    右上:三葉葵
    左上:御影堂

 

私は落慶法要から約1年後の2021年4月に頂きました。
授与期間については不明です。

京都市東山区の知恩院の限定御朱印専用の封筒も用意されていました。

書き置き御朱印の保管には、御朱印ホルダーや書き置き御朱印専用御朱印帳などがオススメです!

京都市東山区の知恩院の限定御朱印
created by Rinker
御朱印帳専門 HollyHock
¥2,970
(2021/07/24 20:54:41時点 Amazon調べ-詳細)

ちなみに、御影堂落慶法要の模様は、知恩院公式YouTubeチャンネルにアップされています。
ご興味がある方はご覧ください。

方丈庭園国指定名勝記念の御朱印

2020年11月に国指定の名勝となった知恩院の方丈ほうじょう庭園。
これを記念して授与された御朱印で、期間は「2021年4月1日〜2022年3月31日」の1年間です。

知恩院の来迎引接の限定御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝、日付
    中央:来迎引接
    左側:知恩院
  • 朱印
    右側:国指定名勝 方丈庭園
    中央:本願念佛
    左側:浄土宗総本山知恩院

 

コチラは御朱印帳に直書きして頂けました。
中央の庭園をイメージした朱印がステキですね〜!

知恩院の限定御朱印

知恩院の御朱印帳

知恩院では、山門の箔押しが施されているオリジナル御朱印帳と、「法然上人二十五霊場」専用御朱印帳(納経帳)の2種類が授与されています。

知恩院の御朱印帳

また、境内の売店(泰平亭)では、御朱印帳袋も販売されています。

知恩院の御朱印帳袋

知恩院の寺紋「三つ葉葵」と浄土宗の宗紋「月影杏葉」が入った御朱印帳袋もありますよ!

知恩院の御朱印帳袋

知恩院の御朱印と御朱印帳が頂ける場所

知恩院の御朱印は、正面の階段を上がってすぐのところにある「朱印所」で頂けます。
時間は「9:00〜16:00」。

京都市東山区の知恩院の境内図境内案内図より

境内を一通り見て回ってから、帰りに頂くのがオススメです!
なお、朱印所は結構小さめですので、混雑時は並ぶ場合があります。

知恩院の朱印所

売店でも御朱印帳は授与されています。
法然上人や仏教関連のクッズがたくさんあるので、色々と見てみてはいかがでしょうか!



知恩院ってどんなお寺?

歴史

上でも触れましたが、知恩院の創建には、浄土宗開祖・法然上人が深く関係しています。

承安5年(1175)、法然上人が東山大谷の吉水に建立した「草庵」が知恩院の起源とされています。
法然上人はこの草庵を専修念仏の道場とし、布教活動を行いますが、旧仏教勢からの激しい批判を受け、建永2年(1207)に讃岐へ流罪となります。

京都市東山区の知恩院寳佛殿

建暦元年(1211)、法然上人は京都へ戻り、大谷禅房(現在の勢至堂付近)に居住。
翌年の建暦2年(1212)1月、法然上人が亡くなると、弟子らは大谷禅房の東に廟堂を建立し葬ります。

京都市東山区の知恩院法然上人御廟

その後、比叡山僧徒により廟堂が破壊されますが、法然上人の弟子らが復興し、仏殿や御影堂などを建立しました。

江戸時代になり、浄土宗を信仰した徳川家康は、知恩院を永代菩提寺とし、広大な寺領を寄進。
これにより、現在まで受け継がれている大伽藍が築かれました。

京都市東山区の知恩院阿弥陀堂
created by Rinker
¥1,760
(2021/07/25 08:43:39時点 Amazon調べ-詳細)

三門

知恩院の入り口である「三門さんもん」は、国宝に指定されています。

京都市東山区の知恩院の三門

元和7年(1621)、徳川第2代将軍・秀忠によって建立されたもので、高さ24m、幅50mと日本最大級の大きさです。
写真では伝わりにくいですが、近くに行くとその巨大さに驚きます。

京都市東山区の知恩院の三門

通常、お寺の門は「山門」と書きますが、知恩院は「空門」「無相門」「無願門(三解脱門)」を表した「三門」と称しています。

京都市東山区の知恩院の三門

門の上層部は仏堂(通常非公開)となっており、宝冠釈迦牟尼仏像などの諸仏が安置されています。
三門をくぐる際は、門に手を合わせてみてはいかがでしょうか。

京都市東山区の知恩院の三門画像:京都府立京都学・歴彩館 京の記憶アーカイブから(一部切り抜き)



御影堂

御影堂みえいどう(本堂)も国宝に指定されています。

京都市東山区の知恩院の御影堂

寛永10年(1633)の焼失後、徳川第3代将軍・家光によって再建されたもので、こちらも非常に大きな建築物になります。
堂内には御本尊の法然上人が安置。

京都市東山区の知恩院の御影堂

平成23年(2011)から令和2年(2020)まで、大規模な修理工事が行われ、美しい姿を蘇りました。
ぜひ、堂内に入ってお念仏(南無阿弥陀仏)をお唱えください!

京都市東山区の知恩院の御影堂画像:京都府立京都学・歴彩館 京の記憶アーカイブから(一部切り抜き)

知恩院へのアクセス

  • 京都市営バス「知恩院前」から徒歩約4分
  • 京都市営地下鉄東西線「東山駅」から徒歩約7分
  • 京阪本線「祇園四条駅」から徒歩約10分
  • 阪急京都線「京都河原町駅」から徒歩約13分

知恩院の基本情報

御朱印の種類通常3種類
御朱印の料金300円
時間9:00~16:00
御本尊法然上人像(本堂)
宗旨浄土宗(総本山)
山号華頂山
正式名称知恩教院大谷寺
札所等法然上人二十五霊場第25番
住所京都市東山区林下町400
公式HPhttps://www.chion-in.or.jp/
ABOUT ME
nobo
休日に自転車で京都を走り回り、御朱印を拝受しています。 御朱印を初めて頂いたのは2017年4月で、御朱印きっかけで神社仏閣によく行くようになりました。