上京区

千本ゑんま堂(引接寺)の御朱印 – 閻魔法王の墨書きがかっこいい!

こんにちは、nobo@kyoto_gosyuin)です。

京都の西陣・閻魔前町には、「嘘をつくと閻魔様に舌を抜かれる」でおなじみの閻魔法王を祀る千本ゑんま堂(引接寺いんじょうじというお寺があります。

この記事では、千本ゑんま堂で頂ける御朱印を中心に、歴史や境内の様子などについてもご紹介します。

千本ゑんま堂(引接寺)の入り口

千本ゑんま堂(引接寺)の御朱印について

千本ゑんま堂では、どんな御朱印がいただけるのでしょうか。

御朱印の基本情報
  • 種類:通常1種類
  • 料金:300円
  • 時間:9:00~17:00

千本ゑんま堂で通常いただける御朱印はコチラ。
中央の「閻魔法王」の墨書きがかっこいいですよね!

千本ゑんま堂(引接寺)の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:「奉拝」・日付
    中央:「本尊 閻魔法王」
    左側:「京・西陣」「千本ゑんま堂 引接寺」
  • 朱印
    右側:小野篁卿霊跡
    中央:梵字(マン(?))
    左側:千本閻魔堂印

また、千本ゑんま堂では、定期的に「特別御朱印」を出しているようです。

訪れたときは、「守りの矢」が描かれた赤い紙の御朱印(1000円)と「青の彼岸花」が描かれた御朱印(500円)の2種類が授与されていました。

千本ゑんま堂(引接寺)の特別御朱印

オリジナル御朱印帳

御朱印がいただける寺務所では、オリジナル御朱印帳も授与されていました。
お隣には、キレイなお花がついた高級感のある御朱印帳袋も。

西陣織を使用しているというこの御朱印帳には、閻魔様の姿が大きく描かれています。
料金は3500円。インパクト抜群です。

千本ゑんま堂(引接寺)の御朱印帳

御朱印が頂ける場所

御朱印は本堂の向かって左にある寺務所内でいただけます。
時間は「9:00~17:00」。

こちらの寺務所では、本堂内の拝観の受付も行われています。
お時間に余裕がある方は、ぜひ拝観してみてください。
拝観料は500円です。

千本ゑんま堂の周辺には、「釘抜地蔵(くぎぬきじぞう)」の名で知られている石像寺(しゃくぞうじ)や京都市最古の建築物(国宝)がある千本釈迦堂などがあります。

歩いて行ける距離ですので、一緒に参拝されてみてはいかがでしょうか。

釘抜地蔵(石像寺)の御朱印 - 頂く前に本堂を「お百度」京都市上京区・千本上立売にある石像寺(しゃくぞうじ)は、釘抜地蔵と呼ばれ親しまれており、諸病回復などのご利益があるといわれています。御朱印を頂くには「お百度」を行う必要があります。...
千本釈迦堂(大報恩寺)の御朱印 - 国宝の本堂とおかめ物語京都市上京区の上七軒にある「千本釈迦堂」の通称で親しまれている大報恩寺の御朱印や歴史についての紹介です。国宝の本堂は京都市内最古の木造建築物であり、おかめにまつわる物語が残されています。...

千本ゑんま堂(引接寺)ってどんなお寺?

千本ゑんま堂は、千本通りにある高野山真言宗のお寺です。

正式名称は「光明山歓喜院引接寺(こうみょうざんかんきいんいんじょうじ)」ですが、一般に「千本ゑんま堂」と呼ばれ親しまれています。

歴史や見どころを簡単にまとめてみました。

千本ゑんま堂(引接寺)の本堂

歴史

平安時代、公卿・文人である小野篁卿(おののたかむら)は、閻魔法王の姿を自ら刻み、朱雀大路(現在の千本通り)の北に安置しました。
これが千本ゑんま堂の始まりとされています。

小野篁卿はあの世とこの世を往来する神通力を持っており、昼は宮中、夜は閻魔之庁に仕えていたという伝説が伝わっています。
千本ゑんま堂(引接寺)の本堂

御本尊・閻魔法王

本堂内に祀られている御本尊の閻魔法王像
高さは約2.4メートルで、長享2年(1488)年、仏師・定勢によって刻まれたものです。

なかなか怖い見た目をされています。

ご利益1万倍の「萬倍碗」

本堂正面の鐘の上には、萬倍碗というお椀が設置されています。

これは閻魔様の湯飲み茶碗らしく、お賽銭を中に入れることが出来ると、1万日の参拝に相当するご利益が得られるそうです。

こちら、結構人気のようで、私が訪れたときは子供も大人もみんな挑戦されていました。
私は「中に入ったお賽銭回収するの大変そうやな〜」と思いながら、楽しくお賽銭を投げている方々を眺めていました(笑)。

千本ゑんま堂(引接寺)の万倍碗

紫式部供養石塔

説明書きによると、この石塔は、至徳3年(1386)に僧・円阿によって建立されたものであり、源氏物語の作者として有名な紫式部の供養塔と伝わっています。

国の重要文化財にも指定されており、石塔脇には、金色の巻物を広げる紫式部像が設置されています。

千本ゑんま堂(引接寺)の石塔

まとめ

以上、千本ゑんま堂の御朱印や歴史などについてのご紹介でした。
少しでも参拝の参考になれば幸いです。

次訪れるときは、京都市登録無形民俗文化財に指定されている「千本ゑんま堂大念仏狂言」をぜひ見てみたいと思います!

千本ゑんま堂(引接寺)へのアクセス

  • 京都市営バス「乾隆校前」より徒歩約2分
    (6,46,59,206号系統)
  • 京都市営バス「千本鞍馬口」より徒歩約2分
    (6,46,59,206号系統)

千本ゑんま堂(引接寺)の基本情報

御朱印の種類通常1種類
御朱印の料金300円
時間9:00~17:00
正式名称光明山歓喜院引接寺
御本尊閻魔法王
宗旨高野山真言宗
住所京都市上京区千本通蘆山寺上ル閻魔前町34
公式HPhttp://yenmado.blogspot.com/
周辺の寺社千本釈迦堂(大報恩寺)釘抜地蔵(石像寺)
拝観料境内無料
本堂内は500円

ABOUT ME
アバター
nobo
休日に自転車で京都を走り回り、御朱印を拝受しています。 御朱印を初めて頂いたのは2017年4月で、御朱印きっかけで神社仏閣によく行くようになりました。