京都市外

三室戸寺の御朱印 – 限定や特別朱印も!あじさいで有名な西国札所

宇治市の三室戸寺の御朱印

こんにちは、nobo@nobo_kyoto)です。

京都府宇治市にある「三室戸寺(みむろとじ)」。
日本最古の霊場巡礼「西国三十三所」の第10番札所であり、あじさいがとってもキレイなことで有名なお寺です。

この記事では、三室戸寺で頂ける通常の御朱印、特別・限定御朱印を中心に、歴史やあじさい・蓮の花の写真をたっっっぷりお届けします!

宇治市の三室戸寺のアジサイ

三室戸寺の御朱印について

御朱印の基本情報
  • 御朱印の種類:通常2種類
  • 御朱印の朱印料:通常300円
  • 御朱印の受付時間:8:30〜16:00(11月〜3月は15:30)

三室戸寺では、通常2種類の御朱印がいただけます。

種類大悲殿御詠歌
画像宇治市の三室戸寺の御朱印宇治市の三室戸寺の御朱印宇治市の三室戸寺の御朱印
料金300円300円
補足代表的

大悲殿の御朱印

西国三十三所第10番の「大悲殿だいひでん」の御朱印です。

三室戸寺の代表的な御朱印ですので、何も指定せずに御朱印をお願いすると、こちらを書いていただけます。

宇治市の三室戸寺の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝、日付
    中央:大悲殿
    左側:三室戸寺
  • 朱印
    右側:西國第十番
    中央:梵字(キリーク)
    左側:草創千三百年記念特別印、三室戸寺

 

御朱印中央の墨書きは、観音菩薩を安置するお堂を意味する「大悲殿」。
西国三十三所を始めとする観音霊場の御朱印では、この大悲殿の墨書きが多く見られます。

ちなみに、京都観音信仰の中心地「清水寺」の御朱印は、大悲殿ではなく「大悲」になります。

京都市東山区の清水寺の御朱印
清水寺の御朱印は11種類!御朱印帳や限定2種類もまとめて紹介!京都市東山区にある世界遺産「清水寺(きよみずでら)」で頂ける御朱印の種類や時間、場所についてなどについての紹介です。清水寺は複数の霊場の札所になっており、通常11種類の御朱印が頂けます。本堂のイラストがデザインされた御朱印帳もご紹介します。...
宇治市の三室戸寺の御朱印

左上に押してある朱印は、西国三十三所の草創1300年を記念した特別印。
2022年3月31日までの限定朱印になります。

宇治市の三室戸寺の御朱印

御朱印は、こちら↓の西国三十三所専用御朱印帳にいただきました。

三室戸寺は、西国三十三所の他に、「神仏霊場巡拝の道」の第124番(京都44番)の札所になっています。
神仏霊場巡拝の道の御朱印帳にも、西国と同じ大悲殿の御朱印が書き入れられます。

宇治市の三室戸寺の御朱印

御詠歌の御朱印

西国三十三所第10番の御詠歌ごえいかの御朱印です。
押してある朱印の種類や配置については、上で紹介した大悲殿の御朱印と同じです。

御詠歌とは?

仏教やお寺の教えを「五・七・五・七・七」の和歌にしたもの。

宇治市の三室戸寺の御朱印宇治市の三室戸寺の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝、日付
    中央:夜もすがら 月をみむろと わけゆけば 宇治の川瀬に 立つは白波
  • 朱印
    右側:西國第十番
    中央:梵字(キリーク)
    左側:草創千三百年記念、三室戸寺

 

ものすごい達筆で、読むことがなかなか困難ですが、文字は「夜もすがら 月をみむろと わけゆけば 宇治の川瀬に 立つは白波」と書いてあります。

御詠歌の御朱印って本当にカッコいいですよね〜!

宇治市の三室戸寺の御朱印

私が京都府内で頂いた「御詠歌の御朱印」は、コチラの記事にまとめています!
色々なお寺の御詠歌を見たい方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

京都の御詠歌の御朱印
【計22体】京都のお寺で頂いた「御詠歌の御朱印」まとめ!仏教の教えやお寺の事を「五・七・五・七・七」形式の和歌にした「御詠歌(ごえいか)」。西国三十三所や洛陽三十三所観音霊場などの霊場では、御詠歌の御朱印を頂くことが出来ます。この記事では、私が京都お寺で頂いた御詠歌の御朱印をまとめてみました。...

特別・限定御朱印

三室戸寺では、4種類の特別御朱印が通年授与されています。
書き置きのみで、朱印料は1枚500円です。

特別御朱印
  1. 無功徳
  2. 与楽
  3. 松尾芭蕉の俳句「山吹や 宇治のほいろの 匂ふとき」
  4. 浮舟
宇治市の三室戸寺の御朱印

さらに、私が訪れた際は、「蓮の限定御朱印」と「あじさいの限定御朱印」が出ていました。

宇治市の三室戸寺の御朱印

あじさいの御朱印がコチラ。
この他にも、あと2種類授与されていました。

宇治市の三室戸寺の御朱印

蓮の御朱印も、蓮と一緒に撮影してみました!

紅蓮華の読み方は「ぐれんげ」。
アニメ「鬼滅の刃」のOP曲にも使用されている言葉なので、読める方も多いと思います。

宇治市の三室戸寺の御朱印紅蓮華がなかったので白蓮華と撮影

どちらの御朱印も品があってお気に入りです。
出来れば日付も入れて頂きたかったですが・・・。

宇治市の三室戸寺の御朱印

書き置きの御朱印の保管には、差し込むだけの「書き置き御朱印 専用御朱印帳」やフィルムで挟む「御朱印ホルダー」などがオススメですよ〜!

宇治市の三室戸寺の御朱印

なお、最新の限定御朱印情報などについては、三室戸寺公式HPをご覧ください。

御朱印 – 西国十番三室戸寺

御朱印が頂ける場所

御朱印は、本堂近くにある納経所でいただけます。
御朱印の対応時間は「8:30〜16:00(11月〜3月は15:30)」。

納経所では、オリジナル御朱印帳なども授与されていますよ〜!

宇治市の三室戸寺の御朱印受付



三室戸寺ってどんなお寺?

歴史

三室戸寺には、どんな歴史があるのでしょうか?

宇治市の三室戸寺

伝えによれば、三室戸寺の起こりは奈良時代の宝亀年間(770~781年)。
宮中で「『金色の霊光』が毎夜飛んでくる」という不思議な現象が起こり、その原因を調査してみたところ、山奥の渓流から二臂千手観音が現れたといいます。

この出来事を聞いた第49代・光仁天皇は大喜びし、御室を移して千手観音を安置。
寺名を「御室戸寺」として創建したと伝えられています。

宇治市の三室戸寺本堂

「御室戸寺」が「室戸寺」になったのは平安末期頃で、光仁天皇(49代)・花山天皇(65代)・白河天皇(72代)の三帝の離宮になったことからといいます。

宇治市の三室戸寺雨の日は滑ります。

元亀4年(1573)、織田信長と足利義昭が戦った「槙島まきしまの戦い」の際、三室戸寺の衆徒たちは義昭に加勢。
その結果、信長に堂宇を焼かれてしまうという事件が起こってしまいました。

宇治市の三室戸寺

寺領も没収されてしまい、三室戸寺はどんどん衰退していきましたが、寛永16年(1639)に道晃法親王によって無事に再興され、現在に至っています。

宇治市の三室戸寺勝牛

そんな織田信長公は、京都市上京区にある「阿弥陀寺」にひっそりと埋葬されています。

京都の阿弥陀寺の御朱印
阿弥陀寺の御朱印 - 信長忌限定で拝受!信長のお墓があるお寺京都市上京区の寺町通にある「阿弥陀寺(あみだじ)」で頂ける2種類の御朱印情報です。阿弥陀寺は織田信長のお墓があるお寺で、御本尊の阿弥陀如来の他、「信長公本廟」の御朱印も頂けます。年に1度行われる「信長忌」では、特別なスタンプが押され限定仕様の御朱印となります。...

あじさい

三室戸寺はあじさいの名所として有名で、通称「あじさい寺」と呼ばれています。

宇治市の三室戸寺のアジサイ

あじさいの種類は約50種類であり、数はなんと「2万株」になります。

宇治市の三室戸寺のアジサイ

あじさいのシーズンには、たくさんの参拝客で賑わいます。
※あじさい園の時期は拝観料が上がります。

宇治市の三室戸寺のアジサイ

色とりどりのあじさいを見ていると、日常の疲れが吹っ飛ぶような心地よさがありますね。

宇治市の三室戸寺のアジサイ

あじさいはやはり雨の日がキレイに撮れますね〜。
花たちもイキイキしているようでした。

宇治市の三室戸寺のアジサイ

朱色の門との相性がいいですね。

宇治市の三室戸寺のアジサイ

「こんなあじさいもあるんだ〜」みたいな驚きも。

宇治市の三室戸寺のアジサイ

白のあじさいもなかなかいいですね。

宇治市の三室戸寺のアジサイ

ちなみに、あじさい園の中には茶屋が建てられていて、インスタ映えな「あじさいパフェ」も食べられますよー!

宇治市の三室戸寺のアジサイ



三室戸寺は蓮の華も有名です。

宇治市の三室戸寺の蓮

蓮は100種類もあるそうで、7月から8月にかけて見頃を迎えるとのこと。

宇治市の三室戸寺の蓮

私が訪れた6月中旬は、まだツボミが多かったです。

宇治市の三室戸寺の蓮

ぜひ、みなさんもあじさいや蓮の花を見に行ってくださいねー!

宇治市の三室戸寺の蓮

三室戸寺へのアクセス

  • 京阪宇治線「三室戸寺」から徒歩約20分

三室戸寺の基本情報

御朱印の種類通常2種類
御朱印の料金通常300円
御朱印の時間8:30〜16:00(11月〜3月は15:30)
御本尊千手観音
宗旨本山修験宗
拝観料大人:500円
(つつじ・あじさい園開園中は800円)
住所宇治市莵道滋賀谷21
公式HPhttps://www.mimurotoji.com/

ABOUT ME
nobo
休日に自転車で京都を走り回り、御朱印を拝受しています。 御朱印を初めて頂いたのは2017年4月で、御朱印きっかけで神社仏閣によく行くようになりました。