誠心院の御朱印情報

中京区

アクセス

  • 阪急京都線”河原町駅”より徒歩約9分
  • 京阪本線”祇園四条駅”より徒歩約10分
  • 京都市営バス”四条河原町”より徒歩約8分

誠心院 は和泉式部ゆかりのお寺!

誠心院(せいしんいん)は、京都市中京区・新京極にある真言宗泉涌寺派のお寺。正式名称は「華獄山東北寺」。
御本尊は阿弥陀如来像を祀り、初代住職は平安時代の歌人・和泉式部(いずみしきぶ)。
新京極にはほかにも安養寺錦天満宮などの社寺があります。

誠心院の御朱印情報

山門

1027(万寿4)年、藤原道長公は娘・上東門院彰子(藤原彰子)に仕えていた和泉式部のために「東北院誠心院」と称する寺院を建立しました。これが当寺の起こりです。
当時は御所の東側にありましたが、鎌倉時代に小川通一条に移転。泉涌寺の末寺となります。
天正年間(1573~1592年)の豊臣秀吉公の都市開発により、現在地に移転。

誠心院の御朱印情報

本堂

1871(明治4年)、京都府知事の槇村正直が作った新京極通により境内は2つに分裂。その後、1910(明治43)年には類焼し、蔵以外のすべてが燃えてしまいました。
檀信徒の力により1919(大正8)年に本堂が再建、1997(平成9)年には山門が建てられました。

水かけの行者

初代住職の和泉式部は、平安時代を代表する女流歌人の一人で、中古三十六歌仙に選ばれています。戒名は「誠心院専意法尼」。
誠心院では、和泉式部の命日にあたる毎年3月21日に謡曲の奉納や永代供養総供養が行われます。
境内には和泉式部が詠んだ歌「霞たつ 春きにけりと この花を 見るにぞ鳥の声も待たるる」の歌碑が建っています。

誠心院の御朱印情報

歌碑



御朱印について

  • 御朱印の種類:1種類
  • 御朱印の納経料:300円
  • 開門時間:7:00-19:00

誠心院では1種類の御朱印を頂くことが出来ます。

真ん中に「本尊 阿弥陀如来」と墨書き。
何かの10番札所のようですが、調べてみてもよくわかりませんでした。
機会があればお寺の方に聞いてみようと思います。

誠心院の御朱印情報

御朱印は境内奥の寺務所で頂くことが出来ます。

関連リンク

誠心院公式HP


ABOUT US

アバター
休日に自転車で京都を走り回り、御朱印を拝受しています。
御朱印を初めて頂いたのは2017年4月で、御朱印きっかけで神社仏閣によく行くようになりました。
2017年12月の京都検定3級に挑戦しましたが、1点足りずに惜しくも不合格...