東山区

妙法院門跡の御朱印 – 国宝の庫裏がある天台宗三門跡の一つ

妙法院門跡の御朱印

こんにちは、nobo@kyoto_gosyuin)です。

京都市東山区にある天台宗三門跡の一つ「妙法院門跡(みょうほういんもんせき)」。
あまり知られていませんが、国宝「三十三間堂」は妙法院門跡の境外仏堂であり、妙法院門跡が管理等を行っています。

この記事では、妙法院門跡で頂ける御朱印を中心に、特別拝観や歴史などについてご紹介いたします!

京都市東山区の妙法院門跡

妙法院門跡の御朱印について

御朱印の基本情報
  • 御朱印の種類:通常1種類
  • 御朱印の料金:300円
  • 時間:9:00〜16:00

妙法院門跡は、通常非公開のお寺ですが、神仏霊場巡拝の道の札所になっているため、非公開時でも御朱印を頂くことができます。

普賢尊の御朱印

妙法院門跡で通常頂ける御朱印は、本尊の「普賢尊(普賢菩薩)」。
私は神仏霊場巡拝の道の専用御朱印帳に頂いたので、右上に「神仏霊場」の朱印が押してあります。

なお、専用御朱印帳以外の御朱印帳にも直書きしてもらえますが、「神仏霊場」の朱印は押してもらえません。

京都市東山区の妙法院門跡の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝、日付
    中央:本尊 普賢尊
    左側:妙法院門跡
  • 朱印
    右側:神仏霊場 廣福王廟(?)
    中央:寺紋
    左側:妙法院門跡

 

御朱印が頂ける場所

妙法院門跡の御朱印は、入り口近くにある「事務所」で頂けます。
ドアを開けると、お寺の方が対応してくださいます。

京都市東山区の妙法院門跡の事務所

事務所では、お供え物のお下りである亀屋清永の「清浄歓喜団せいじょうかんきだん」も貰いました。
レンジで少しだけ温めて、柔らかくしてからありがたく頂きました。

京都市東山区の妙法院門跡で頂いたお菓子

周辺の御朱印情報

妙法院門跡の周辺には、妙法院門跡が管理している国宝「三十三間堂」や方広寺鐘銘事件で有名な「方広寺」、豊臣秀吉公を祀る「豊国神社」などがあります。
ぜひ、一緒に参拝してみてくださいね!

三十三間堂の御朱印 - 季節で変わる美しい御朱印帳と圧巻の観音像京都市東山区にある「三十三間堂(さんじゅうさんげんどう)」で頂ける2種類の御朱印と季節によってデザインと色が変わる御朱印帳の紹介です。三十三間堂は洛陽三十三所観音霊場の札所になっており、御詠歌の御朱印も頂くことができます。...
方広寺(京都)の御朱印 |境内には大きな鐘、かつては大仏も京都市東山区にある方広寺(ほうこうじ)で頂ける3種類の御朱印の紹介です。うち2種類には豊臣家の家紋でもある「五七の桐」の朱印が押してあり、限定御朱印やオリジナル御朱印帳の授与も。方広寺鐘銘事件で有名な鐘やかつてあった大仏についてもご紹介します。...
豊国神社
豊国神社の御朱印情報基本情報 住所:京都市東山区大和大路正面茶屋町530 御祭神:豊臣秀吉公 時間:9:00~16:30 御朱印の初穂料:300円 ...

妙法院門跡ってどんなお寺?

特別公開

妙法院門跡の境内は、通常時でも散策することが出来ますが、国宝「庫裏くり」内部などは非公開です。

特別公開は毎年春と冬の2度行われます。
また、本尊・普賢菩薩の縁日である毎年5月14日には、五月会が盛大に開かれ、通常非公開の文化財を無料で拝観することが出来ます。

京都市東山区の妙法院門跡

なお、庫裏は2020年秋から改修工事中で、完成はなんと2026年12月とのこと。
6年以上もかかる大工事が行われています。

京都市東山区の妙法院門跡庫裏



歴史

妙法院門跡の始まりは、延暦元年(1160)。
後白河上皇が新熊野神社を勧請する際、西塔本覚院の昌雲が別当となり、法住寺殿に接して里坊を開いたのが始まりとされています。

また、奈良時代、比叡山上に伝教大師・最澄が開いた坊が起源ともいわれていますが、詳しいことははっきりしていません。

京都市東山区の妙法院門跡大玄関

鎌倉時代初期には、八坂神社の西に移転。
尊性法親王が入寺してからは「綾小路房」と称され、梶井門跡(三千院)・青蓮院門跡と並び、天台宗三門跡の一つになります。

京都市東山区の妙法院門跡大玄関

室町時代、応仁の乱によって焼失。
その後、豊臣秀吉による「方広寺大仏殿建立」の際、妙法院門跡は経堂となり、寺領や建物の寄進を受けて現在地に再興されました。

京都市東山区の妙法院門跡※開いていないときもあります。

方広寺と新日吉神宮は、元々、徳川家康の命を受けた妙法院門跡が管理していましたが、明治初期に両寺社とも独立しています。

京都市東山区の妙法院門跡宸殿

本堂と御本尊

こちらの建物が妙法院門跡の本堂(普賢堂)です。
内部に御本尊の普賢延命菩薩(重要文化財)が安置されています。

京都市東山区の妙法院門跡

普賢延命菩薩は「長寿延命」のご利益があることから「延命尊」と呼ばれ、毎月14日の縁日には開扉され、法要が執り行われます。
正面から御本尊の姿を拝みましたが、とても美しい普賢様でした。

京都市東山区の妙法院門跡



妙法院門跡へのアクセス

  • 京都市営バス「東山七条」から徒歩約1分
  • 京阪本線「七条駅」から徒歩約11分

妙法院門跡の基本情報

御朱印の種類通常1種類
御朱印の料金300円
時間9:00~16:00
御本尊普賢菩薩
宗旨天台宗
山号南叡山
札所等神仏霊場巡拝の道第119番(京都39番)
住所京都市東山区妙法院前側町447
公式HPなし

ABOUT ME
nobo
休日に自転車で京都を走り回り、御朱印を拝受しています。 御朱印を初めて頂いたのは2017年4月で、御朱印きっかけで神社仏閣によく行くようになりました。