中京区

誠心院の御朱印 – 新京極にある歌人・和泉式部ゆかりのお寺

こんにちは、nobo@nobo_kyoto)です。

京都の繁華街「新京極」に、突如現れる立派な山門。
その正体は、真言宗泉涌寺派の「誠心院(せいしんいん)」というお寺です。

この記事では、そんな誠心院で頂ける御朱印を中心に、歴史や誠心院とゆかりのある「歌人・和泉式部」についてもご紹介いたします!

新京極の誠心院

誠心院の御朱印について

ここにボックスタイトルを入力
  • 御朱印の種類:1種類
  • 御朱印の納経料:300円
  • 開門時間:9:00-17:00

誠心院では1種類の御朱印を頂くことが出来ます。

中央に「本尊 阿弥陀如来」と墨書きと、大きな「梵字(キリーク)」の朱印が押してあります。

何かの10番札所のようですが、調べてみてもよくわかりませんでした。
機会があればお寺の方に聞いてみようと思います。

新京極の誠心院の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝、日付
    中央:本尊 阿弥陀如来
    左側:和泉式部 誠心院
  • 朱印
    右側:第捨番
    中央:梵字(キリーク)
    左側:和泉式部(?)

 

御朱印は、境内奥の寺務所で頂くことが出来ます。

2021年現在、和歌入りの御朱印も授与されているそうなので、興味がある方は公式HPをご覧ください。

https://www.seishinin.or.jp/

新京極の誠心院

新京極で「御朱印めぐり」をしよう!

新京極通りには、誠心院をふくめて「1社7寺」の計8社寺があります。
どの社寺でも御朱印が授与されており、新京極商店街では「新京極御朱印めぐり」と題して、大々的に御朱印めぐりを推しています。

ぜひ、他の社寺も一緒に参拝してみてはいかがでしょうか?

「新京極御朱印めぐり」についてまとめた記事は、こちらをご覧ください!

新京極御朱印めぐり
新京極で「御朱印めぐり」をしよう!全8社寺を詳しく紹介!明治時代に開通した「新京極(しんきょうごく)」で行われている「新京極御朱印めぐり」の紹介です。新京極には1社7ヵ寺の計8社寺があり、それぞれで御朱印を頂くことが出来ます。この記事では、各社寺の概要と頂ける御朱印について、写真付きで紹介します。...

誠心院ってどんなお寺?

歴史

1027(万寿4)年、藤原道長公は娘・上東門院彰子(藤原彰子)に仕えていた和泉式部のために「東北院誠心院」と称する寺院を建立。
これが誠心院の起こりになります。

創建当初は御所の東側にありましたが、鎌倉時代に小川通一条に移転。
天正年間(1573~1592年)の豊臣秀吉公の都市開発により、現在地に移転。

新京極の誠心院本堂

1871(明治4年)、京都府知事の槇村正直が作った新京極通により境内は2つに分裂。その後、1910(明治43)年には類焼し、蔵以外のすべてが燃えてしまいました。

檀信徒の力により1919(大正8)年に本堂が再建、1997(平成9)年には山門が建てられました。

新京極の誠心院水かけの行者

和泉式部

初代住職の和泉式部は、平安時代を代表する女流歌人の一人で、中古三十六歌仙に選ばれています。戒名は「誠心院専意法尼」。

誠心院では、和泉式部の命日にあたる毎年3月21日に謡曲の奉納や永代供養総供養が行われます。

境内には、和泉式部が詠んだ歌「霞たつ 春きにけりと この花を 見るにぞ鳥の声も待たるる」の歌碑も。

新京極の誠心院歌碑



誠心院へのアクセス

  • 阪急京都線「河原町駅」から徒歩約9分
  • 京阪本線「祇園四条駅」から徒歩約10分
  • 京都市営バス「四条河原町」から徒歩約8分

誠心院の基本情報

御朱印の種類通常1種類
御朱印の料金通常300円
御朱印の時間9:00〜17:00
御本尊阿弥陀如来
宗旨真言宗泉涌寺派
拝観料境内自由
住所京都市中京区中筋町487
公式HPhttps://www.seishinin.or.jp/

ABOUT ME
nobo
休日に自転車で京都を走り回り、御朱印を拝受しています。 御朱印を初めて頂いたのは2017年4月で、御朱印きっかけで神社仏閣によく行くようになりました。