北区

今宮神社の御朱印 – 疫病退散で有名な神社!あぶり餅は絶品!

京都市北区の今宮神社の御朱印

こんにちは、nobo@nobo_kyoto)です。

京都市北区にある「今宮神社(いまみやじんじゃ)」。
船岡山周辺の「紫野むらさきの」という地区にあり、平安初期から疫病えきびょう退散の信仰を集めている神社です。

この記事では、そんな今宮神社で頂ける御朱印を中心に、参拝の際に食べて欲しい門前名物「あぶり餅」などについてもご紹介いたします!

京都市北区の今宮神社

今宮神社の御朱印について

御朱印の基本情報
  • 御朱印の種類:通常2種類
  • 御朱印の朱印料:300,500円
  • 時間:9:00〜17:00

持参した御朱印帳」に頂ける御朱印は、通常2種類です。

御朱印の種類
  1. 通常の御朱印(300円)
  2. 花傘の見開き御朱印(500円)

①通常の御朱印

今宮神社の通常の御朱印です。
右上の桜マークの「鎮花」の朱印が特徴的ですね!

京都市北区の今宮神社の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    中央:今宮神社
    左側:日付
  • 朱印
    右上:鎮花
    中央:紫野今宮

 

私は、近畿地方の寺社を巡る「神仏霊場巡拝の道」の専用御朱印帳に頂きました。
今宮神社は同霊場の第96番(京都16番)札所になっています。

京都市北区の今宮神社の御朱印

御朱印の「挟み紙」がとっても可愛かったですよ〜!

京都市北区の今宮神社の挟み紙

霊場案内

1つ次の札所:神仏霊場第97番(京都17番)「宝鏡寺」の御朱印情報

京都市上京区の宝鏡寺の御朱印
宝鏡寺の御朱印 - 「人形寺」として有名な尼門跡寺院「人形寺」として有名な京都市上京区の「宝鏡寺(ほうきょうじ)」で頂ける御朱印や歴史、年に2度行われる人形展などについての紹介です。宝鏡寺は神仏霊場巡拝の道の第97番(京都17番)であり、たびたび限定御朱印も授与されています。...

②花傘の御朱印

今宮神社の祭礼「やすらい祭」で使用される「花傘」をイメージした見開き御朱印です。
朱印料は500円になります。

やすらい祭については下の方で解説していますので、よかったら読んでみてくださいね!

京都市北区の今宮神社の御朱印

他:京都十六社朱印めぐりの御朱印

「京都十六社朱印めぐり」の専用台紙に頂いた御朱印です。

京都十六社朱印めぐりは、京都市・長岡京市にある16つの神社を巡る行事で、毎年「1月1日〜2月15日」に行われます。

京都市北区の今宮神社の御朱印

特別御朱印

和歌の御朱印

今宮神社の専用台紙(御朱印帳)を受けた方限定の御朱印です。
3面続きで、朱印料は1500円。

御朱印には、歌人・藤原長能が詠んだ歌が書いてあります。

「白砂の とよみてぐらを とりもちて いはひぞ 初むる紫の野に」

京都市北区の今宮神社の御朱印



疫社の御朱印

平安初期から「疫病退散」で有名な今宮神社。

「新型コロナ」という疫病の流行に際し、「疫疾消除」を祈願して摂社「疫社」の特別御朱印が授与されました。
朱印料は1000円。

京都市北区の今宮神社の御朱印

宝船の御朱印

西陣織業者から信仰されている「織姫社」など、境内にある摂末社11社を巡る御朱印です。
朱印料は800円。

京都市北区の今宮神社の御朱印

上記11社には入っていませんが、境内には織田信長公を祀る「織田稲荷神社」も鎮座しています。

織田信長ゆかりの京都の寺社
織田信長ゆかりの京都の寺社5選 | お墓からマイナーな神社まで!名だたる戦国武将の中で最も人気ある「織田信長」。本能寺で最期を迎えたことはあまりにも有名です。この記事では、そんな信長ゆかりの京都の寺社を5つ厳選。信長のお墓があるお寺から、ほとんどの人が知らない小さい神社まで詳しくご紹介いたします!...

牛王宝印

牛王宝印は、御朱印ではなく「御札」ですが、一応ここで紹介しておきます。

元日の早朝一番、若水を井戸より汲み上げ、歳旦祭のご神前にお供えします。その若水をいただいた墨と今宮の社に伝わる版木(延宝七年)からおこした牛王宝印神札を、一月十九日疫神社例祭の祭儀ののち授与します。

説明書きより

京都市北区の今宮神社の牛王宝印

御朱印が頂ける場所

御朱印は、境内にある授与所で頂けます。
時間は「9:00〜1700」。

混雑時は少し待つことになるかもしれません。

京都市北区の今宮神社の御朱印授与所



今宮神社ってどんな神社?

歴史と疫病退散

今宮神社の起こりは、平安時代初期までさかのぼります。

京都市北区の今宮神社

泣くようぐいす平安京でおなじみの延暦13年(794)。
都が平安京に移されたわけですが、その後の人口増加によって、疫病が多く発生してしまいました。

京都市北区の今宮神社

正暦5年(994)、疫病を神様の力で鎮めようと、朝廷が2基の神輿を造り、船岡山に「疫神」を祀って御霊会ごりょうえを行いました。

京都市北区の今宮神社

さらに、長保3年(1001)に再び疫病が流行った際は、現在地に神殿を3つ建立。
「大己貴命・事代主命・奇稲田姫命」の三柱を祀り、「今宮社」と名付けられました。

京都市北区の今宮神社

それ以降は、一貫して「疫病退散の神」として信仰されており、本殿横の摂社・疫社には、疫病神として名高い「素盞嗚尊」を祀っています。

スサノオ様のご利益で、なんとかコロナを鎮めて頂きたいです・・・。

京都市北区の今宮神社疫神社

ちなみに、御霊会が行われた場所で一番有名なのが、二条城近くにあるお寺「神泉苑しんせんえん」。
貞観11年(869)に行われた御霊会は、日本三大祭「祇園祭」の起こりとされています。

神泉苑の御朱印 - 祇園祭の発祥の地!?空海勧請の善女龍王も!京都市中京区にある「神泉苑(しんせんえん)」で頂ける御朱印や御朱印帳を中心に、歴史や善女龍王などについて紹介。神泉苑では、空海が勧請した善女龍王を祀り、祇園祭発祥の地でもあります。また、ステキな特別・限定御朱印が授与されることでも知られています。...

やすらい祭

今宮神社といえば、毎年4月の第2日曜日に行われる「やすらい祭」が有名です。
広隆寺の「太秦の牛祭」、由岐神社の「鞍馬の火祭り」と並び、京都三大奇祭に数えられている摂社「疫社」の祭礼です。

京都市右京区の広隆寺の御朱印
広隆寺の御朱印 - 弥勒菩薩で有名な京都最古の寺院京都市右京区の太秦にある「広隆寺(こうりゅうじ)」で頂ける御朱印や見どころ、そして有名な仏像「弥勒菩薩像」などについてご紹介。創建には聖徳太子が関係しており、京都市最古のお寺としても有名です。...

伝えによれば、やすらい祭の起こりは平安後期。
この時代、桜の花が散り始める頃に疫病が流行ったことから、疫病の原因は「花の霊」だと考えられていました。

京都市北区の今宮神社

この「花の霊」を鎮め、無病息災を祈願したのが、やすらい祭の始まりとされています。

祭礼で使用される赤い大きな傘の中に入ると、1年間疫病にかからないと言われていますよー!

あぶり餅

今宮神社参拝の際に、ぜひ食べて頂きたいのが「あぶり餅」です。

今宮神社の門前名物で、平安中期頃、疫除の願いを込めて神前にお供えした餅が始まりとされています。

京都市北区の今宮神社のあぶり餅一和のあぶり餅

東門前には「一和いちわ」と「かざりや」、2軒のあぶり餅屋さんが向かい合って建っています。

京都市北区の今宮神社のあぶり餅

両店舗の店先では、餅が炭火であぶられており、とてもいい匂いが参道に漂っています。

京都市北区の今宮神社のあぶり餅かざりやのあぶり餅

一和の創業は…なんと長保2年(1000)!
「日本最古の飲食店」とも呼ばれており、老舗中の老舗です。

京都市北区の今宮神社のあぶり餅

一方、かざりやの創業は江戸時代頃になります。
こちらも物凄い老舗ですね!

京都市北区の今宮神社のあぶり餅かざりやのあぶり餅

竹串に刺さった一口サイズの小さな餅。
炭火であぶられた香ばしさと、甘じょっぱい白味噌タレの相性がバツグンです。

京都市北区の今宮神社のあぶり餅かざりやのあぶり餅

一和には庭園が楽しめる縁側席があり、より一層美味しく感じられました!

京都市北区の今宮神社のあぶり餅一和のあぶり餅

2軒とも「一人前500円」とお手頃価格なので、時間と胃袋に余裕がある方は、食べ比べをしてみてはいかがでしょうか。

京都市北区の今宮神社のあぶり餅一和のあぶり餅



今宮神社周辺の寺社情報

今宮神社の周辺には、臨済宗大徳寺派の大本山「大徳寺」や織田信長公を祀る「建勲神社」などがあります。

ぜひ、あわせてみてくださいね!

建勲神社
建勲神社の御朱印情報基本情報 住所:京都市北区紫野北舟岡町49 御祭神:織田信長公 時間:9:00〜17:00 御朱印の初穂料:300円・500円 ...
織田信長ゆかりの京都の寺社5選 | お墓からマイナーな神社まで!名だたる戦国武将の中で最も人気ある「織田信長」。本能寺で最期を迎えたことはあまりにも有名です。この記事では、そんな信長ゆかりの京都の寺社を5つ厳選。信長のお墓があるお寺から、ほとんどの人が知らない小さい神社まで詳しくご紹介いたします!...

今宮神社へのアクセス

  • 京都市営バス「今宮神社前」から徒歩すぐ
  • 京都市営バス「船岡山」から徒歩約6分

今宮神社の基本的情報

御朱印の種類通常2種類
御朱印の値段300円,500円
時間9:00〜17:00
拝観料境内自由
御祭神大己貴命、事代主命、奇稲田姫命
住所京都府京都市北区紫野今宮町21
公式HPhttp://www.imamiyajinja.org/

ABOUT ME
nobo
休日に自転車で京都を走り回り、御朱印を拝受しています。 御朱印を初めて頂いたのは2017年4月で、御朱印きっかけで神社仏閣によく行くようになりました。