上京区

報恩寺の御朱印 | 寅年の三が日に公開される「鳴虎」で有名なお寺

京都市上京区の報恩寺(鳴虎)

こんにちは、nobo(@nobo_kyoto)です。

京都市上京区にある浄土宗のお寺「報恩寺(ほうおんじ)」。
所蔵する掛け軸「鳴虎なきとら」は、寅年の三が日のみ公開される虎図として有名です。

この記事では、報恩寺で頂ける御朱印を中心に、歴史や鳴虎に残されている伝説についても詳しく紹介します!

京都市上京区の報恩寺(鳴虎)

報恩寺(鳴虎)の御朱印について

御朱印の種類
  • 御朱印の種類:通常1種類
  • 御朱印の朱印料:300円
  • 時間;10:00〜16:00

報恩寺では、通常1種類の御朱印が授与されています。

阿弥陀如来の御朱印

報恩寺の御本尊「阿弥陀如来」の御朱印です。

京都市上京区の報恩寺(鳴虎)の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝、鳴虎
    中央:本尊 阿弥陀如来
    左側:日付、報恩寺
  • 朱印
    右側:鳴虎
    中央:三宝印「佛法僧寶」(?)
    左側:尭天山佛牙院鳴虎報恩寺印

 

右下には、「鳴虎」の墨書きと朱印が押されています!
かっこいいですね〜!

京都市上京区の報恩寺(鳴虎)の御朱印

中央の朱印は、三宝印「佛法僧寶」だと思われます。

京都市上京区の報恩寺(鳴虎)の御朱印

私が訪れたときは、書き置きのみの授与でした。
右側に由緒などが書いてあったので、恐らく「京の通称寺巡り」の専用台紙です。

京都市上京区の報恩寺(鳴虎)の御朱印

通常の大判御朱印帳より大きいため、今回は「御朱印ホルダー」に保管しました。
フィルムに挟むだけなので、とっても便利ですよ〜!

京都市上京区の報恩寺(鳴虎)の御朱印

報恩寺(鳴虎)ってどんなお寺?

歴史

伝えによれば、報恩寺の起源は平安時代の貞観8年(866)。
慈覚大師・円仁が創建した天台浄土兼学の「浄住寺」が前身とされています(諸説あり)。

京都市上京区の報恩寺(鳴虎)

文亀元年(1501)、第104代・後柏原天皇の勅により、僧・慶誉が浄土宗に改宗。
寺号は「報恩寺」となり、再興が図られました。

京都市上京区の報恩寺(鳴虎)

天正13年(1585)、豊臣秀吉の命により、現在地に移転。
江戸末期の火災で類焼し、現在のお堂はその後再建されたものになります。

京都市上京区の報恩寺(鳴虎)

なお、文化財の多くは焼失を免れており、「撞かずの鐘」伝説が残る梵鐘(重文)は平安時代、御本尊の阿弥陀三尊像は鎌倉時代に作製されたものだそうです。

京都市上京区の報恩寺(鳴虎)



鳴虎図

報恩寺が所蔵する掛け軸「鳴虎」。

中国の画人・四明陶佾しめいとういつによる作品で、後柏原ごかしわばら天皇から報恩寺に贈られました。

京都市上京区の報恩寺の鳴虎絵葉書より

鳴虎には、豊臣秀吉ゆかりの伝説が残されています。

鳴虎と豊臣秀吉

秀吉は虎図がお気に入りで、鑑賞のために度々寺を訪れていました。
その後、秀吉は虎図を借り、自身の邸宅「聚楽第」の床に飾りましたが・・・。
虎図は夜中に鳴き声を発したため、秀吉は一晩中眠ることが出来ず、翌朝に寺に返されたといいます。

この伝説から、虎図は「鳴虎」と呼ばれるようになりました。

鳴虎の原本は通常非公開であり、寅年の正月三が日のみ一般公開されます。
※一般公開時以外は、複製品が飾られています。

京都市上京区の報恩寺の鳴虎絵葉書より

私は令和4年(2022)の公開時に鑑賞しに行きましたが、とても躍動感のある虎図でかっこよかったです!

ご住職の解説もあり、大変満足できる拝観となりました!

京都市上京区の報恩寺の鳴虎絵葉書より

ちなみに、鳴虎は寅年の一般公開以外にも、京都市観光協会主催「京の冬の旅」で極稀に公開されています(2014年・2022年)

とても見ごたえのある虎図ですので、機会があれば是非見に行ってくださいね〜!

京都市上京区の報恩寺の鳴虎絵葉書より



報恩寺(鳴虎)周辺の寺社

報恩寺の周辺には、スポーツの守護神を祀っている「白峯神宮」や人形の寺として有名な「宝鏡寺」、金閣寺銀閣寺を境内塔頭に持つ「相国寺」があります。

ぜひ、記事を参考にして参拝してみてくださいね〜!

白峯神宮の御朱印
白峯神宮の御朱印情報アクセス 京都市営バス”堀川今出川”より徒歩約1分 京都市営地下鉄烏丸線”今出川駅”より徒歩約9分 白峯神宮は...
京都市上京区の宝鏡寺の御朱印
宝鏡寺の御朱印 - 「人形寺」として有名な尼門跡寺院「人形寺」として有名な京都市上京区の「宝鏡寺(ほうきょうじ)」で頂ける御朱印や歴史、年に2度行われる人形展などについての紹介です。宝鏡寺は神仏霊場巡拝の道の第97番(京都17番)であり、たびたび限定御朱印も授与されています。...
相国寺の御朱印
相国寺の御朱印 - 若冲の絵入りや承天閣美術館も含め計5種類紹介京都市上京区にある臨済宗相国寺派大本山「相国寺(しょうこくじ)」で頂いた「通常の御朱印」や「伊藤若冲の絵が入った御朱印」、そして境内にある承天閣美術館の「不動明王の御朱印」など計5種類を画像つきで紹介!歴史や法堂の蟠龍図についても。...

報恩寺(鳴虎)へのアクセス

  • 京都市営バス「堀川上立売」から徒歩約3分
  • 京都市営地下鉄烏丸線「今出川駅」から徒歩約9分

報恩寺(鳴虎)の基本情報

御朱印の種類通常1種類
御朱印の値段300円
時間10:00〜16:00
宗旨浄土宗
御本尊阿弥陀如来
拝観料境内自由(通常時)
住所京都市上京区射場町579
公式HPなし

ABOUT ME
nobo
休日に自転車で京都を走り回り、御朱印を拝受しています。 御朱印を初めて頂いたのは2017年4月で、御朱印きっかけで神社仏閣によく行くようになりました。