東山区

建仁寺の御朱印|風神雷神や双龍図の御朱印帳もある京都最古の禅寺!

こんにちは、nobo@nobo_kyoto)です。

京都市東山区にある「建仁寺(けんにんじ)」。
京都で最も歴史がある禅寺で、臨済宗建仁寺派の大本山となっているお寺です。

この記事では、そんな建仁寺で頂ける御朱印や御朱印帳を中心に、歴史や見どころなどについてもご紹介いたします!!

京都市東山区の建仁寺

建仁寺の御朱印について

御朱印の基本情報
  • 御朱印の種類:1種類
  • 御朱印の値段:値段
  • 時間:10:00〜17:00

建仁寺では、通常1種類の御朱印が授与されています。

拈華堂の御朱印

建仁寺で頂ける「拈華堂ねんげどう」の御朱印です。

左側に書いてある「東山」は、建仁寺の山号になります。

京都市東山区の建仁寺の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝、日付
    中央:拈華堂
    左側:東山 建仁寺
  • 朱印
    右側:扶桑最初禅窟
    中央:三宝印
    左側:大本山 建仁寺

 

拈華堂は、法堂の別称のことで、「拈華微笑ねんげみしょう」という禅語が由来となっているそうです。

京都市東山区の建仁寺の御朱印

中央の朱印は「佛法僧寶」の三宝印。

禅寺の御朱印でよく見かけます。

京都市東山区の建仁寺の御朱印

私は、大徳寺塔頭・大仙院の御朱印の隣に頂きました。

本当に偶然だったのですが、拈華殿と拈華堂が横に並んじゃいました(笑)

京都市東山区の建仁寺の御朱印

建仁寺の御朱印帳とは?

建仁寺では、風神雷神図屏風や方丈障壁画の絵を使用した御朱印帳などが授与されています。

京都市東山区の建仁寺の御朱印帳

カバーもステキですね〜!

京都市東山区の建仁寺の御朱印帳

普通の御朱印帳の他に、「横開きの御朱印帳(大判サイズ)」も授与されていました。

他では見たことが無いので、めちゃくちゃ珍しいと思われます。

京都市東山区の建仁寺の御朱印帳

双龍図のデザインがめちゃくちゃかっこよかったです!!

京都市東山区の建仁寺の御朱印帳



建仁寺の御朱印が頂ける場所と時間

建仁寺の御朱印は、本坊内にある授与所でいただけます。
時間は「10:00〜17:00」。

京都市東山区の建仁寺本坊入り口

授与所は拝観受付の先にあるため、御朱印を頂くには拝観料(大人600円)が必要だと思われます。

京都市東山区の建仁寺

建仁寺の御朱印授与所は、番号札方式となっています。

拝観の前に御朱印帳を預けてから、拝観後に受け取るのがオススメですよ〜!

京都市東山区の建仁寺
created by Rinker
朝日新聞出版
¥1,320
(2022/09/25 16:05:25時点 Amazon調べ-詳細)

建仁寺ってどんなお寺?

歴史

建仁寺の起こりは、鎌倉時代の建仁2年(1202)。

臨済宗の開祖・栄西えいさいが源頼家の外護を得て、中国の百丈山を模した伽藍を建立したのが始まりです。

京都市東山区の建仁寺

もともとは天台・真言・禅の三宗兼学の寺院でしたが、後に禅寺として確立。

足利義満が定めた「京都五山」では、天龍寺相国寺に続き第3位に位置付けられました(南禅寺は別格)。

京都市東山区の建仁寺

昔はもっと広大な寺領を有しており、江戸時代には、塔頭寺院が64ヶ寺もあったと伝えられています。
明治維新などの影響で寺領は大幅に減少し、塔頭は禅居庵霊源院など14ヶ寺を残すのみです。

京都市東山区の建仁寺



風神雷神図屏風

拝観入り口近くには、誰もが一度は見たことがある「風神雷神図屏風」が飾られています。

江戸前期の絵師・俵屋宗達たわらやそうたつによる作品で、国宝に指定されています。

京都市東山区の建仁寺の風神雷神図屏風

本物の屏風は京都国立博物館に寄託されており、建仁寺にあるのは最新技術で造られたレプリカ

超高精細のレプリカなので、言われなきゃ本物だと思ってしまうほどです(笑)。

京都市東山区の建仁寺の風神雷神図屏風

双龍図

拈華堂とも呼ばれている法堂の天井には、大きな「双龍図そうりゅうず」が描かれています。

京都市東山区の建仁寺の双龍図

この双龍図は、平成14年(2002)に創建800年を記念して、日本画家・小泉淳作氏が描いたもの。

京都市東山区の建仁寺の双龍図

写真ではなかなか伝わりにくいのですが、本当に迫力がスゴイので、ぜひ生で見てほしいです!!!

京都市東山区の建仁寺の双龍図

法堂には御本尊の釈迦如来坐像も安置されているので、参拝も忘れないようにしてくださいね〜!

京都市東山区の建仁寺の双龍図

庭園

方丈の前には、枯山水式の大きな庭園が広がっています。

京都市東山区の建仁寺の庭園

縁側に座り、ぼーっと眺めていると、つい時間を忘れてしまいそうになります。

京都市東山区の建仁寺の庭園

方丈の奥にあるのが「潮音庭」。

青々とした苔が生しており、紅葉の木などが植えられています。

京都市東山区の建仁寺の庭園

私のように冬に訪れると、青もみじも紅葉も楽しめません(泣)。

この庭園を満喫するなら、夏か秋がオススメです!!!

京都市東山区の建仁寺の庭園



建仁寺周辺の寺社と御朱印

祇園周辺のお寺・神社
祇園・八坂神社周辺のお寺・神社6選!頂ける御朱印も一緒に紹介!京都市東山区の観光地「祇園」周辺にある人気のお寺・神社まとめです。祇園周辺には、歴史の深い人気の寺社が多くあり、京都散策にオススメのエリアとなっています。この記事では、各寺社で頂ける御朱印も一緒にご紹介しますので、御朱印巡りの参考にもなります。...

禅居庵(摩利支天堂)

禅居庵ぜんきょあんは、建仁寺の南西にある塔頭寺院。

秘仏の摩利支天像を祀ることから「摩利支天堂」とも呼ばれ、境内には狛猪や猪みくじなど、摩利支天の使徒「イノシシ」が数多く配置されていますよ〜!

禅居庵 ( 摩利支天堂 )の 御朱印

御朱印はとてもダイナミックでかっこいいですよ〜!

禅居庵(摩利支天堂)の 御朱印
禅居庵(摩利支天堂)の御朱印情報基本情報 住所:京都市東山区大和大路通四条下る4丁目小松町146 御本尊:聖観音 時間:9:00〜17:00 ...

京都えびす神社

京都えびす神社は、建仁寺の鎮守社として創建された神社です。

主に商売繁盛の信仰を集めており、1月に行われる「十日戎とうかえびす」では、非常に沢山の人々で賑わいます。

京都えびす神社

頂ける御朱印には、中央に大きな鯛の朱印が押してあります!

京都えびす神社の御朱印

ちなみに、京都えびす神社は、日本最古の七福神巡り「都七福神」の一つになっています。

みなさんも歴史の深い七福神巡りをやってみませんか?

都七福神の扇子
京都えびす神社の御朱印
京都えびす神社の御朱印|「京のえべっさん」で知られる神社京都市東山区にある京都えびす神社(えびす神社)で頂ける御朱印についての紹介記事です。通常の御朱印帳に頂いた御朱印の他、都七福神の専用台紙に頂いた2体の御朱印も掲載。受付時間や歴史、御祭神などについてもご紹介いたします。...
都七福神
「都七福神」とは?各社寺の御朱印や専用の色紙・御朱印帳も紹介!日本最古の七福神巡りとされる「都七福神(みやこしちふくじん)」は、京都府内にある7社寺を巡礼する行事です。この記事では、4回巡礼している筆者が、歴史から専用の色紙と御朱印帳、各社寺の紹介まで圧倒的情報量でその魅力をお伝えします。幻の扇子についても触れています。...

安井金比羅宮

安井金比羅宮やすいこんぴらぐうは、建仁寺の東側にある神社です。

京都市東山区 安井金比羅宮 の 御朱印

縁切り・縁結びの信仰を集めており、近年人気がグイグイ上がっています。
境内にある縁切り縁結びの碑は、くぐると縁切りと縁結びのご利益が得られるとされています!

京都市東山区 安井金比羅宮 の 御朱印

そんな安井金比羅宮では、しなやかで美しい文字の御朱印が頂けます!

京都市東山区 安井金比羅宮 の 御朱印
安井金比羅宮の御朱印情報安井金比羅宮の御朱印と見どころの情報です。安井金比羅宮(やすいこんぴらぐう)は東山区に鎮座している神社。鳥居にも掲げられている通り「悪縁を切り良縁を結ぶ祈願所」として有名で、毎日全国から沢山の参拝客が訪れます。...

建仁寺へのアクセス

  • 京都市営バス「東山安井」から徒歩約4分
  • 京阪本線「祇園四条駅」から徒歩約6分

建仁寺の基本情報

御朱印の種類通常1種類
御朱印の値段300円(要拝観料)
御朱印の時間10:00〜17:00
宗旨臨済宗建仁寺派
拝観料大人600円
御本尊釈迦如来
住所京都市東山区小松町584
公式HPhttps://www.kenninji.jp/

ABOUT ME
nobo
休日に自転車で京都を走り回り、御朱印を拝受しています。 御朱印を初めて頂いたのは2017年4月で、御朱印きっかけで神社仏閣によく行くようになりました。