東山区

京都えびす神社(ゑびす神社)の御朱印 – 日本三大えびすの一つ

こんにちは、nobo@kyoto_gosyuin)です。

京都市東山区には、日本最古の七福神巡りである「都七福神」の一つであり、日本三大えびすの一つでもある「京都えびす神社(ゑびす神社)」という神社があります。
この記事では、「京のえべっさん」と呼ばれ親しまれている京都えびす神社で頂ける御朱印を中心に、歴史や信仰などについてもご紹介します!

京都えびす神社の御朱印について

御朱印の基本情報
  • 御朱印の種類:通常1種類
  • 御朱印の朱印料:300円
  • 時間:9:00〜16:30

ゑびす神の御朱印

京都えびす神社で通常頂ける御朱印は、コチラの1種類になります。

大きい「ゑびす神」の墨書きが特徴的で、わかりにくいですが、中央には「ゑびす神」と書いてある鯛の朱印が押してあります。
左下の「京都」もなかなか独特ですね。

京都えびす神社の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝、日付
    中央:ゑびす神
    左側:京都
  • 右側:都七福神 商売繁盛
    中央:ゑびす神(鯛)
    左側:京都ゑびす神社印

都七福神の台紙に頂いた御朱印

京都えびす神社は、日本最古の七福神巡り霊場「都七福神」の一つで。
この都七福神では、大護符(色紙)や広末(扇子)などの専用台紙が各寺社で授与されています。

専用台紙に頂いた御朱印は、日付以外は通常のものと同じです。

京都えびす神社の御朱印

金潜紙に書いてある御朱印ってすごくかっこいいですよね〜!

京都えびす神社の御朱印

御朱印が頂ける場所

御朱印は境内に授与所でいただけます。
時間は「9:00〜16:30」。

京都えびす神社の御朱印授与所



周辺の御朱印情報

京都えびす神社の近くには、境内にたくさんのイノシシがいる禅居庵(摩利支天堂)や縁切り・縁結びで有名な安井金比羅宮、都七福神・六原弁財天を祀る六波羅蜜寺などがあります。

ぜひ、こちらの寺社の御朱印記事も読んでみてくださいね!

禅居庵(摩利支天堂)の御朱印情報基本情報 住所:京都市東山区大和大路通四条下る4丁目小松町146 御本尊:聖観音 時間:9:00〜17:00 ...
安井金比羅宮の御朱印情報安井金比羅宮の御朱印と見どころの情報です。安井金比羅宮(やすいこんぴらぐう)は東山区に鎮座している神社。鳥居にも掲げられている通り「悪縁を切り良縁を結ぶ祈願所」として有名で、毎日全国から沢山の参拝客が訪れます。...
六波羅蜜寺の御朱印
六波羅蜜寺の御朱印を6種類紹介! - 空也上人ゆかりの観音霊場京都市東山区にある六波羅蜜寺(ろくはらみつじ)の6種類ある御朱印の料金や時間、御朱印帳についての紹介です。国宝の十一面観音立像は西国三十三所や洛陽三十三所観音霊場などの札所になっており、六波羅弁財天は都七福神の一つになっています。...

京都えびす神社ってどんな神社?

歴史

京都えびす神社の起こりは、鎌倉時代の建仁2年(1202)。
明菴栄西みょうあんえいさいによる建仁寺創建の際、その鎮守社として境内に建立されたのが始まりです。

応仁の乱により建仁寺が焼失し、その際に現在地へ移されました。

京都えびす神社

御祭神

京都えびすの本殿には、「八代事代主大神・大国主大神・少彦名神」の三座が祀られています。
その他、藤原道長公を祀る小松天満宮や猿田彦大神を祀る猿田彦神社など、複数の境内社が鎮座しています。

京都えびす神社のえびす様

正面参拝後にトントン

ゑびす様は高齢でお耳が不自由だと言われています。
そのため、本殿の正面でお参りした後、左奥へ進み横にある戸を軽くたたいてからもう一度願い事をするといいそうです。

優しくトントンと叩いてください
(ゑびす様のお肩をたたくお詣りです ノックをされるように優しくお願いいたします)

強く叩きすぎないように、とにかく優しくたたきましょう

京都えびす神社の本殿

京都えびす神社へのアクセス

  • 京阪本線「祇園四条駅」から徒歩約7分
  • 京都市営バス「河原町松原」から徒歩約6分
  • 京都市営バス「清水道」から徒歩約8分

京都えびす神社の基本情報

御朱印の種類通常1種類
御朱印の朱印料300円
時間9:00〜16:30
御祭神八重事代主大神、大国主大神、少彦名神
住所京都市東山区大和大路通四条下ル小松町125
公式HPhttp://www.kyoto-ebisu.jp/index.html

ABOUT ME
アバター
nobo
休日に自転車で京都を走り回り、御朱印を拝受しています。 御朱印を初めて頂いたのは2017年4月で、御朱印きっかけで神社仏閣によく行くようになりました。