霊場巡り

「都七福神」とは?各社寺の御朱印や専用の色紙・御朱印帳も紹介!

都七福神

こんにちは、nobo@nobo_kyoto)です。

京都の「都七福神(みやこしちふくじん)」をご存知でしょうか?

今や全国各地で行われている七福神巡りですが、都七福神はその中で最も古い歴史を持っているのです。

そんな「日本最古」の都七福神について、計4回満願している私が、歴史から集印用台紙、各社寺の概要まで、圧倒的情報量でご紹介します。

少しでもお役に立てれば幸いです!

都七福神の色紙

都七福神とは?

概要

都七福神は、七福神を祀る「京都府内の7社寺(1社6寺)」を巡礼する行事です。
巡礼の順番については、特に決まりはありません。

7社寺のうち、布袋尊を祀る萬福寺のみが宇治市にあり、その他は全て京都市内にあります。

7社寺の場所については、こちらの地図をご覧ください。

都七福神 – Googleマイマップ

歴史

七福神巡りは室町時代の京都で起こったとされ、室町時代の「大乗院寺社雑事記」や江戸前期の「梅津長者物語」にも記されています。

京都の庶民の間で流行し、次第に全国各地に広がっていきました。

行願寺の七福神行願寺(革堂)

「京都七福神」「京の七福神」「京楽七福神」など、京都には複数の七福神巡りがありますが、「都七福神」はその中でも最も古い歴史があり、「日本最古の七福神巡り」と称されています。

なお、現在の7社寺は、昭和54年(1979)に構成されたものになります。

都七福神の旗



開催期間

期間は特に決まってなく、基本的に1年中いつでも巡礼可能です。

毎年「1月1日〜31日」の間に巡礼すると、「七難即滅・七福即生」極まりなしといわれ、特に福がもたらされるといいます。
巡礼するなら1月中がオススメです!

また、「七福神の縁日」である毎月7日に巡礼するのも良いとされています。

赤山禅院の七福神赤山禅院

なお、1月中は観光バスが出ているので、利用すると楽に回れるのでオススメですよ!

都七福神の色紙や御朱印帳などについて

都七福神は、7社寺を巡拝するだけでも良いのですが、やはり御朱印(御宝印)を集めるのが醍醐味です。

御宝印を集めるための台紙は、基本的に「色紙(大護符)、御朱印帳(御宝印帳)、集印軸」が用意されており、各社寺で授与されています。

色紙と御朱印帳はどの社寺にも置いてありますが、集印軸はあるところと無いところがあります。

都七福神の色紙松ヶ崎大黒天の色紙

なお、集印用の台紙は、各社寺で授与されているもの以外でも構いません。
いつも使っている御朱印帳に集めてもいいですし、市販の物を使用しても大丈夫です。

created by Rinker
御朱印帳専門 HollyHock
¥2,310
(2021/09/20 00:38:53時点 Amazon調べ-詳細)

聞いた話だと、最近は自作の台紙を使用されている方も多いんだとか。
私もいつか自分で作ってみたいなぁと思っています。

ここからは、色紙と御朱印帳、そして「幻の扇子」について詳しくご紹介いたします。

色紙

集印用台紙の中で、一番人気なのが色紙です。
特に1月中は、この大きな色紙を持った人をよく見かけます。

都七福神の色紙

色紙のデザインやサイズは、各社寺によって違います。

画像内のデザインや値段は、撮影時点のものなので、現在は変わっている可能性があります。
都七福神の色紙

また、全ての社寺で、7体の御朱印が書き入れられている「完成色紙」が授与されています。

都七福神の色紙

一部社寺では、額縁入りの色紙も授与されています。
家に飾りたい方にオススメですよ〜。

都七福神の色紙

色紙で七福神巡りをしようと思っている方は、下記の2点にお気をつけください。

注意点
  1. 御朱印はしっかり乾かす
  2. 色紙の扱いは丁寧に

注意点①:御朱印はしっかり乾かして!

色紙は基本的に乾きにくい素材になっています(特に金色)。

そのため、御朱印が乾いていない状態で袋に入れると、せっかくの御朱印が画像のように汚くなってしまいます。

都七福神の御朱印

御朱印を頂いた後は、各社寺の朱印所近くに用意されている「ドライヤー」で乾かすことを強くオススメします。
割としっかり目にしたほうがいいです。

都七福神の色紙

注意点②:色紙の扱いは丁寧に!

色紙は四隅がボコボコになりがちです。

色紙自体が悪いわけではなく、度重なる移動を行ってるうちに、いつの間にか潰れてしまいます。

都七福神の色紙

結構デリケートなものなので、特に公共交通機関を利用して回る方は扱いにお気をつけください。
気を抜くと画像のようになります。

四隅に何かカバーを着けておくのもありかもしれませんね。

都七福神の色紙



御朱印帳

こちらが都七福神の専用御朱印帳です。
各社寺では、「御宝印帳」として授与されています。

大きさは一般的な大判サイズと同じくらい。

都七福神の御朱印帳

表紙の「都七福神まいり」の部分は、金色の箔押しになっています。

都七福神の御朱印帳

裏面は無地。

都七福神の御朱印帳

御朱印帳の中は、右側が七福神のイラスト、左側が御朱印を書いてもらうページとなっています。
イラストと御朱印が合わさるとカッコイイですよね!

都七福神の御朱印帳

七福神のページの後ろは、白紙が14ページ続きます。
使わないのはちょっともったいないので、普通に御朱印帳として使うのが良いと思います。

都七福神の御朱印帳

ちなみに、妙円寺には「七福帳」というものもありました。

都七福神の御朱印帳

幻の扇子

都七福神には、「扇子(末廣)」の台紙も”ありました”。
なぜ過去形なのかというと、現在は授与されていないからです。

都七福神の扇子

授与終了の詳しい時期についてはわかりませんが、お寺の方から聞いた話によれば、2020年初め頃に無くなったようです。

原因は、製造メーカーさんの撤退だそうです。

都七福神の扇子

品質がとてもよく、飾りやすかったので非常に残念です。
新たなメーカーさんが現れてくれればいいのですが、なかなか厳しいでしょうか…。

無理かもしれませんが、復活を待ち望みたいと思います。

都七福神の扇子



都七福神の7社寺と御朱印を紹介!

ここからは、都七福神の7社寺の歴史や信仰、御朱印などについてをご紹介です。
なお、紹介順は専用御朱印帳と同じ順番で掲載しています。

ゑびす神:京都ゑびす神社

まずは、都七福神で唯一の神社である「京都ゑびす神社」。
「京のえべっさん」として親しまれており、大阪・今宮戎神社、兵庫・西宮神社と並んで「日本三大えびす」の一つに数えられています。

京都えびす神社

鎌倉時代の建仁2年(1202)に、建仁寺を守る神社(鎮守社)として創建されたのが始まりで、現在は主に「商売繁盛」の信仰を集めています。

京都えびす神社のえびす様

毎年1月8〜12日に行われる「十日ゑびす大祭」には多くの人が訪れ、ゑびす神社周辺は多くの人で賑わいます。

都七福神のえびす神社

御朱印

少々かすれていますが、御朱印の中央には、ゑびす神が持っていることでおなじみの「鯛」の朱印が押してあります。

右の御朱印の鯛が一番わかりやすいですね〜。
とってもありがたい感じのする朱印です。

京都・都七福神のゑびす神の御朱印

アクセスと基本情報

  • 京阪本線「祇園四条駅」から徒歩約7分
  • 京都市営バス「河原町松原」から徒歩約6分
  • 京都市営バス「清水道」から徒歩約8分

御朱印の種類通常1種類
御朱印の朱印料300円
時間9:00〜16:30
御祭神八重事代主大神、大国主大神、少彦名神
住所京都市東山区大和大路通四条下ル小松町125
公式HPhttp://www.kyoto-ebisu.jp/index.html

京都えびす神社の御朱印
京都えびす神社の御朱印 - 「京のえべっさん」で知られる神社京都市東山区にある京都えびす神社(えびす神社)で頂ける御朱印についての紹介記事です。通常の御朱印帳に頂いた御朱印の他、都七福神の専用台紙に頂いた2体の御朱印も掲載。受付時間や歴史、御祭神などについてもご紹介いたします。...

大黒天:妙円寺

続いて、松ヶ崎にある日蓮宗のお寺「妙円寺」。
一般的に「松ヶ崎大黒天」や「松ヶ崎の大黒さん」などと呼ばれ親しまれています。

都七福神の妙円寺(松ヶ崎大黒天)

元和2年(1616)に、本涌寺・日英上人の隠居所として創建されたのが始まりで、主に「開運招福」の信仰を集めています。

松ヶ崎大黒天の本堂

大黒堂に安置されている大黒天は、「伝教大師・最澄が作り、日蓮聖人が開眼した」と伝えられている仏像。
以前は100体の大黒天画像を安置していたそうですが、火災によってお堂共々焼失しており、残念ながら現存していません。

松ヶ崎大黒天の大黒天



御朱印

打ち出の小槌の朱印が可愛いですね。

京都・都七福神の大黒天の御朱印

「大」と「天」の字がとてものびのびしていてステキです。

京都・都七福神の大黒天の御朱印

アクセスと基本情報

  • 京都市営バス「松ヶ崎大黒天」から徒歩4分
  • 京都地下鉄烏丸線「松ヶ崎駅」から徒歩約17分

御朱印の種類通常3種類
御朱印の料金通常300円
御朱印の時間9:00〜17:00
宗旨日蓮宗
拝観料境内自由
住所京都市左京区松ヶ崎東町31
公式HPhttp://matugasaki-daikokuten.net/

松ヶ崎大黒天の御朱印
妙円寺(松ヶ崎大黒天)の御朱印情報京都市左京区にある妙円寺の御朱印情報です。御本尊は伝教大師作・日蓮聖人開眼と伝わる大黒天を祀り、日本最古の七福神巡り「都七福神」の一つとして知られています。御朱印だけでは無く御首題もいただけます。...

毘沙門天:東寺

次は、大人気のお寺である世界遺産「東寺」。
正式名称は「教王護国寺きょうおうごこくじ」というのですが、難しいので一般的には普通に「東寺」と呼ばれています。

京都市の東寺の五重塔

延暦13年(794)の平安遷都が行われた際、王城鎮護のために創建されたのが始まり。
弘仁14年(823)、弘法大師・空海は、時の天皇である第52代・嵯峨天皇に東寺を与えられ、真言密教の道場としました。

京都市南区の御影堂御影堂

東寺で有名な毘沙門天といえば、国宝に指定されている「兜跋毘沙門天とばつびしゃもんてん」。
古くは平安京の入り口「羅城門」に安置されていたもので、毘沙門天堂は兜跋毘沙門天を祀るために建立されたお堂です。

現在、兜跋毘沙門天は宝物館に移されており、堂内には別の毘沙門天が安置されています。

京都市南区の東寺の毘沙門堂

御朱印

毘沙門天が左手に持っている「宝塔」の朱印が押してあります。

京都・都七福神の毘沙門天の御朱印

東寺の御朱印は、文字がしなやかなので大好きです。

京都・都七福神の毘沙門天の御朱印

ちなみに、普通の御朱印帳に「毘沙門天の御朱印」を頂くと、中央上に梵字の墨書きが追加されます。

東寺の毘沙門天の御朱印

御朱印は、境内にある「食堂」内で頂けます。
拝観料は不要です。

京都市南区の東寺の食堂

アクセスと基本情報

  • 京都市営バス「東寺東門前」から徒歩すぐ
  • 京都市営バス「東寺西門前」から徒歩すぐ
  • 京都市営バス「東寺南門前」から徒歩約3分
  • 京都市営バス「東寺道」から徒歩約7分
  • 近鉄京都線「東寺駅」から徒歩約5分
  • JR「京都駅」から約15分

御朱印の種類通常5種類
御朱印の料金通常300円
御朱印の時間8:00〜17:00
御本尊千手観音
宗旨天台宗延暦寺派
札所等西国三十三所第19番や洛陽三十三所観音霊場第4番、神仏霊場巡拝の道第114番
拝観料基本自由
住所京都市中京区行願寺門前町17
公式HPhttps://kaudau.jp/

京都市南区の東寺の御朱印
東寺の御朱印は全9種類!御朱印帳や夜間ライトアップ限定も紹介!京都市南区にある世界遺産「東寺(とうじ)」で頂ける御朱印の紹介です。東寺は複数の霊場の札所になっており、通常9種類の御朱印が授与されています。オリジナル御朱印帳の他、夜間拝観限定の御朱印帳と御朱印についてもご紹介します。...

弁財天:六波羅蜜寺

続いて、観音霊場としても有名な「六波羅蜜寺」。
日本最古の霊場巡りである「西国三十三所」の第17番札所でもあります。

六波羅蜜寺の本堂

天暦5年(951)、踊り念仏で有名な「空也上人」によって創建され、御本尊の十一面千手観音は空也上人作と伝わり、現在は「国宝」に指定されています。

六波羅探題の弁財天堂の色紙

弁財天堂に安置されている「六波羅弁財天」は、崇徳天皇(第75代)の夢告により、曹洞宗の僧・禅海が造立したものと伝えられています。

崇徳天皇が讃岐に流されると、寵愛ちょうあいされていた阿波内侍わのないしは、屋敷をお寺に改め、弁財天を安置。
明治初期、廃仏毀釈によってこのお寺は廃寺となり、弁財天は六波羅蜜寺に移されたといいます。

六波羅蜜寺の弁財天堂



御朱印

御朱印には、弁財天が持っていることでおなじみの「琵琶(びわ)」の朱印が押されています。

京都・都七福神の弁財天の御朱印

よく見たら、琵琶の中央に、弁財天の梵字「ソ」が入っていますね。

京都・都七福神の弁財天の御朱印

アクセスと基本情報

  • 京都市営バス「清水道」から徒歩約8分
  • 京阪電気鉄道「清水五条駅」から徒歩約8分
  • 阪急電鉄「河原町駅」から徒歩約14分

御朱印の種類6種類
御朱印の朱印料300円
時間8:00〜17:00
御本尊十一面観音立像
宗旨真言宗智山派
山号普陀落山
住所京都市東山区五条通大和大路上ル東
公式HPhttp://rokuhara.or.jp

京都市東山区の六波羅蜜寺の御朱印
六波羅蜜寺の御朱印は6種類!空也ゆかりの歴史と見どころとは?京都市東山区にある「六波羅蜜寺(ろくはらみつじ)」の6種類ある御朱印を中心に、歴史や境内の見どころなどについても紹介します。六波羅蜜寺は空也上人によって創建されたお寺で、西国三十三所や洛陽三十三所観音霊場などの札所になっています。...

福禄寿神:赤山禅院

次は、比叡山延暦寺の塔頭寺院である「赤山禅院」。
平安京の表鬼門に当たる場所にあることから、古くより王城鎮守・方除けの神として信仰を集めています。

赤山禅院の鳥居

仁和4年(888)、円仁(慈覚大師)が唐に渡った際に発願した「赤山禅院建立」の遺志を継ぎ、第四世天台座主・安慧(あんね)が赤山大明神を勧請して祀ったのが始まりです。
赤山大明神とは、泰山府君(たいざんふくん)のことで、中国五岳の筆頭・東岳(泰山)の山神です。

赤山禅院の福禄寿殿

福禄寿は、朱印所近くの福禄寿殿に安置されています。
お堂近くにズラリと並んでいる福禄寿さんも見どころです。

御朱印

御朱印の中央に押してある朱印のモチーフは、「鶴」でしょうか?

京都・都七福神の福禄寿の御朱印

来年の都七福神の際に詳しく聞いてみたいと思います。

京都・都七福神の福禄寿の御朱印

アクセスと基本情報

  • 京都市営バス「修学院離宮道」から徒歩約16分

御朱印の種類通常3種類
御朱印の料金通常300円
御朱印の時間9:00〜16:30
宗旨天台宗
拝観料境内自由
住所京都市左京区修学院開根坊町18
公式HPhttp://www.sekizanzenin.com/

赤山禅院の御朱印
赤山禅院の御朱印情報赤山禅院(せきざんぜんいん)の3種類ある御朱印や歴史の情報です。平安京の表鬼門に当たる場所にあることから、古くより王城鎮守・方除けの神として信仰を集め、都七福神の一つ福禄寿を祀っています。...

寿老神:革堂(行願寺)

続いて、六波羅蜜寺と同じく西国札所である「革堂」。
正式名称は「行願寺」といいますが、一般的には革堂と呼ばれています。

行願寺の山門

寛弘元年(1004)、行円上人が一条小川にあった一条北辺堂を復興させ、行願寺と名付けたのが始まりとされています。

革堂という名称は、「上人が妊娠中の雌鹿を射て改心し仏門に入った」という逸話から来ており、死んだ雌鹿の革を常に身につけていた上人は、人々から「皮聖」「皮聖人」などと呼ばれていたそうです。

行願寺の本堂

寿老神堂に安置されている寿老神像は、安土桃山時代の作といわれ、豊臣秀吉公が万人快楽のために奉納したと伝えられています。

行願寺の寿老人神堂



御朱印

寿老神の朱印のモチーフは恐らく「巻物」ですね。

京都・都七福神の寿老人の御朱印

左下の墨書き・朱印が、どちらも「革堂」になっているのもポイント。

京都・都七福神の寿老人の御朱印

アクセスと基本情報

  • 京阪鴨東線「神宮丸太町駅」から徒歩約6分
  • 京都市営バス「河原町丸太町」から徒歩約5分

御朱印の種類通常5種類
御朱印の料金通常300円
御朱印の時間8:00〜17:00
御本尊千手観音
宗旨天台宗延暦寺派
札所等西国三十三所第19番や洛陽三十三所観音霊場第4番、神仏霊場巡拝の道第114番
拝観料基本自由
住所京都市中京区行願寺門前町17
公式HPhttps://kaudau.jp/

行願寺の御朱印情報
行願寺(革堂)の御朱印情報京都市中京区にある行願寺(ぎょうがんじ)の5種類ある御朱印や歴史などの紹介です。西国三十三所第19番・洛陽三十三所観音霊場第4番などの札所になっており、創建者の行円上人のエピソードにちなみ、革堂(こうどう)という通称で親しまれています。...

布袋尊:萬福寺

最後は、唯一京都市外にある「萬福寺」。
黄檗宗という宗派の大本山になっているお寺です。

京都府宇治市の萬福寺の門

江戸時代初期の寛文元年(1661)、中国の僧侶である「隠元隆琦いんげんりゅうき」によって創建されたお寺で、寺名は中国の萬福寺に倣って名付けられました。
境内のお堂は中国風になっていて、他のお寺とは違う雰囲気です。

布袋尊は弥勒菩薩の化身とされており、天王殿内に安置されています。
この穏やかな笑顔を見ていると、幸せな気持ちになってきますね。

京都府宇治市の萬福寺の布袋尊

萬福寺の拝観には、拝観料が必要です。
※なお、毎月8日(2月と8月は除く)は無料。

京都府宇治市の萬福寺の天王殿

御朱印

布袋尊の御朱印には、扇の朱印が押してあります。

私は拝観無料日の1月8日に訪れたのですが、残念ながら直書き中止でした、、、。
なので、限定御朱印を頂いて貼りました。

京都・都七福神の布袋尊の御朱印

「尊」のクルクル感が結構お気に入り。

京都・都七福神の布袋尊の御朱印

アクセスと基本情報

  • JR奈良線「黄檗駅」から徒歩約3分
  • 京阪宇治線「黄檗駅」から徒歩約5分

御朱印の種類通常5種類
御朱印の朱印料300円
御朱印の時間9:00〜16:30
拝観料大人・高校生:500円(団体450円)
中学生:300円(団体250円)
小学生:300円(団体250円)
※団体は30名以上

毎月8日は無料(2月と8月を除く)。

御本尊釈迦如来坐像
宗旨黄檗宗
山号黄檗山
住所宇治市五ケ庄三番割34
公式HPhttps://www.obakusan.or.jp/

宇治市の萬福寺の御朱印
萬福寺の御朱印 - 都七福神の布袋尊を祀る黄檗宗大本山京都府宇治市にある黄檗宗大本山「萬福寺(まんぷくじ)」で頂ける5種類の御朱印や歴史などの紹介です。萬福寺では都七福神の布袋尊や布袋尊の後ろに祀られている韋駄天、魚梆(かいぱん)をモチーフにした御朱印などが頂けます。...

都七福神まとめ

以上、都七福神の紹介でした。

みなさんも都七福神を巡礼して、いい1年のスタートを切ってくださいね!

ABOUT ME
nobo
休日に自転車で京都を走り回り、御朱印を拝受しています。 御朱印を初めて頂いたのは2017年4月で、御朱印きっかけで神社仏閣によく行くようになりました。