左京区

南禅寺の御朱印 – 最も格式の高い禅寺!庭園や水路閣も美しい!

京都市左京区の南禅寺の御朱印

こんにちは、nobo@nobo_kyoto)です。

京都市左京区にある「南禅寺(なんぜんじ)」。
足利義満が確定した禅寺の格付けでは、「五山之上」に位置しており、「日本で最も格式の高い禅寺」として知られています。

この記事では、そんな南禅寺で頂ける御朱印を中心に、歴史や方丈庭園、水路閣などについてもご紹介いたします!

少しでも参拝のお役に立てれば幸いです。

京都市左京区の南禅寺

南禅寺の御朱印について

御朱印の基本情報
  • 御朱印の種類:通常1種類(書き置きのみ)
  • 御朱印の朱印料:通常300円
  • 時間:8:40〜17:00(12〜2月は16:30まで)

金剛王宝殿の御朱印

南禅寺でいただける「金剛王宝殿」の御朱印です。
金剛王宝殿とは、「南禅寺の仏殿」を意味する言葉。

京都市左京区の南禅寺の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝
    中央:金剛王宝殿
    左側:南禅寺
  • 朱印
    右側:日付
    中央:寺印
    左側:大本山 南禅寺

 

御朱印は基本的に「書き置きのみ」の授与です。
持ち込みの御朱印帳に頂くことは出来ません。

京都市左京区の南禅寺の御朱印

中央上の朱印は「南禅寺の寺印」のようですが、何と書いてあるかは謎です。

京都市左京区の南禅寺の御朱印

なお、裏面がシール仕様になっている御朱印もありました。
こちらの朱印料は「400円」です。

御朱印帳に簡単に貼りたい方は、こっちの方が良いかもしれませんね〜!

京都市左京区の南禅寺の御朱印



御朱印が頂ける場所

御朱印は、「方丈庭園拝観」にある売店コーナーで頂けます。
時間は「8:40〜17:00(12〜2月は16:30まで)」。

売店コーナーでは、「群虎図」と「水路閣」の2種類のオリジナル御朱印帳も授与されています(直書き御朱印入り)。

御朱印を頂くのに拝観料は不要ですが、国指定名勝の美しい庭園が楽しめるので、ぜひ拝観もしていってくださいね!

京都市左京区の南禅寺

書き置きの御朱印の保管には、フィルムで挟むだけの「御朱印ホルダー」や差し込むタイプの「書き置き御朱印 専用御朱印帳」などがオススメですよ〜!

京都市左京区の南禅寺の御朱印

塔頭の御朱印

南禅寺内にある塔頭寺院「南禅院」と「最勝院高徳庵」でも御朱印を頂くことが出来ます。

各記事を参考にして、合わせて参拝してみてくださいね!

南禅院最勝院高徳庵
京都市左京区の南禅院の御朱印京都市左京区の最勝院高徳庵の御朱印

京都市左京区の南禅院の御朱印
南禅院の御朱印 - 南禅寺発祥の地?見どころは京都最古の庭園!京都市左京区にある「南禅院(なんぜんいん)」で頂ける御朱印や歴史、見どころなどの紹介です。水路閣近くにある南禅院は「南禅寺発祥の地」といわれており、鎌倉時代末期頃に作庭された庭園は、「京都三名勝史跡庭園」の一つに数えられています。...
京都市左京区の最勝院高徳庵の御朱印
最勝院高徳庵の御朱印 - 駒道智大僧正ゆかりの南禅寺塔頭寺院京都市左京区にある南禅寺の塔頭・最勝院(高徳庵)の御朱印と歴史の情報です。最勝院は鎌倉時代に天台密教の駒道智大僧正が当地に隠棲したことが始まりとされています。境内にある縁結びの松は樹齢約300年の百日紅の木に樹齢約100年の松が生えています。...

南禅寺ってどんなお寺?

歴史

南禅寺の起こりは鎌倉時代。
第90代・亀山天皇がこの地に建立した「禅林寺殿」が始まりです。

京都市左京区の南禅寺

その後、禅林寺殿は寺院に改められ、「禅林禅寺」と称するようになりました。
正応5年(1292)に伽藍の建立工事がスタートし、約15年もの歳月を費やして完成したといいます。

京都市左京区の南禅寺

元中3年(1386)には、足利義満が禅寺の格付け「京都五山」を確定。
南禅寺は「五山之上」となり、「最も格式の高い禅寺」として篤い信仰を集めてきました。

京都市左京区の南禅寺

方丈庭園

南禅寺の「方丈庭園」は、国指定名勝になっている庭園です。

京都市左京区の南禅寺の方丈庭園

江戸初期、小堀遠州によって作庭されたものといわれ、美しい枯山水を楽しむことが出来ます。

京都市左京区の南禅寺の方丈庭園

庭園についてよくわからない私でも、なんとなく「いいなぁ」と思える美しさでした。

京都市左京区の南禅寺の方丈庭園

前回は2月という超中途半端な時期に行っちゃったので、紅葉の季節にまた行きたいなと思ってます。
みなさんもぜひ!

京都市左京区の南禅寺の方丈庭園



三門

入り口の大きな三門(重要文化財)は、江戸時代に再建されたもので、仁和寺知恩院と並び「京都三大門」にも数えられています。

京都市左京区の南禅寺の三門

拝観料が必要ですが、上に登って美しい景色を楽しむことが出来ますよ!

京都市左京区の南禅寺の三門

一度は聞いたことがある「絶景かな、絶景かな」は、歌舞伎「楼門五三桐」の中で、石川五右衛門が南禅寺三門の楼上から桜を見たときに言うセリフなんだとか。

京都市左京区の南禅寺の三門

ここから見る満開の桜。きっとキレイでしょうね〜!

京都市左京区の南禅寺の三門

水路閣

南禅寺の見どころの一つ「水路閣すいろかく」は、琵琶湖疏水そすいの支流の一部。

京都市左京区の南禅寺の水路閣

明治21年(1888)に完成した水路橋で、今でも毎秒2トンの琵琶湖の水が流れています。

京都市左京区の南禅寺の水路閣

田辺朔郎氏が景観に配慮してデザインしたもので、テレビドラマなどで度々使用されるなど、京都の景色の一つとして定着しています。

京都市左京区の南禅寺の水路閣

また、最近では「インスタ映え」「フォトジェニック」とネットで人気のスポットとなっており、中央のアーチ部分で写真撮影を行っている人をよく見かけます。

京都市左京区の南禅寺の水路閣

新緑や紅葉との相性もバツグン。
南禅寺参拝の記念撮影は、ぜひ水路閣でどうぞ!

京都市左京区の南禅寺の水路閣

 



南禅寺周辺の寺社情報

南禅寺の周辺には、塔頭の「南禅院」と「最勝院高徳庵」や平安時代から紅葉の名所として知られる「永観堂(禅林寺)」などがあります。

ぜひ、合わせて参拝してみてくださいね!

京都市左京区の最勝院高徳庵の御朱印
最勝院高徳庵の御朱印 - 駒道智大僧正ゆかりの南禅寺塔頭寺院京都市左京区にある南禅寺の塔頭・最勝院(高徳庵)の御朱印と歴史の情報です。最勝院は鎌倉時代に天台密教の駒道智大僧正が当地に隠棲したことが始まりとされています。境内にある縁結びの松は樹齢約300年の百日紅の木に樹齢約100年の松が生えています。...
京都市左京区の南禅院の御朱印
南禅院の御朱印 - 南禅寺発祥の地?見どころは京都最古の庭園!京都市左京区にある「南禅院(なんぜんいん)」で頂ける御朱印や歴史、見どころなどの紹介です。水路閣近くにある南禅院は「南禅寺発祥の地」といわれており、鎌倉時代末期頃に作庭された庭園は、「京都三名勝史跡庭園」の一つに数えられています。...
永観堂(禅林寺)の御朱印
永観堂(禅林寺)の御朱印を3種類紹介!平安時代から続く紅葉の名所京都市左京区にある「永観堂(えいかんどう)」で頂ける3種類の御朱印や歴史などの紹介です。正式名称は「禅林寺」といい、平安時代から紅葉の名所として知られています。新緑の美しい写真やみかえり阿弥陀など一緒にその魅力をお届けします。...

南禅寺へのアクセス

  • 京都市営バス「南禅寺・永観堂道」から徒歩約8分
  • 京都市営地下鉄東西線「蹴上駅」から徒歩約12分

南禅寺の基本情報

御朱印の種類通常1種類
御朱印の値段300円
オリジナル御朱印帳あり
受付時間8:40〜17:00
(12〜2月は16:30まで)
御本尊釈迦牟尼仏
宗旨臨済宗南禅寺派(大本山)
拝観料境内自由
※方丈庭園や三門は拝観料が必要
住所京都市左京区南禅寺福地町86-2
公式HPhttps://nanzenji.or.jp/

ABOUT ME
nobo
休日に自転車で京都を走り回り、御朱印を拝受しています。 御朱印を初めて頂いたのは2017年4月で、御朱印きっかけで神社仏閣によく行くようになりました。