北区

大徳寺の御朱印 – 非公開時でも頂ける!千利休ゆかりの三門あり

京都市北区の大徳寺の御朱印

こんにちは、nobo(@nobo_kyoto)です。

京都市北区・紫野むらさきのにある「大徳寺(だいとくじ)」。
臨済宗大徳寺派の大本山であり、茶の湯と関わりが深いことで知られるお寺です。

この記事では、大徳寺で頂ける御朱印を中心に、歴史や千利休の死の原因となった「三門」などについてもご紹介いたします!

大徳寺の御朱印について

御朱印の基本情報
  • 御朱印の種類:通常1種類
  • 御朱印の朱印料:300円

大徳寺では、通常1種類の御朱印がいただけます。

本朝無双禅苑の御朱印

大徳寺でいただける「本朝無双禅苑」の御朱印です。

京都市北区の大徳寺の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝、紫野、大徳寺
    中央:本朝無双禅苑
    左側:日付
  • 朱印
    中央:*寶**、龍寶**

 

本朝無双禅苑は、第96代・後醍醐天皇が大徳寺に与えた宸翰しんかん「本朝無双之禅苑」にちなむものだと思われます。

京都市北区の大徳寺の御朱印

私が訪れたときは、新型コロナの影響で書き置きのみの授与でした。
パンフレットも一緒にいただけて嬉しかったです!

京都市北区の大徳寺の御朱印

いつもは朱印の内容も掲載しているのですが、今回はいくつか読めませんでした。

上の「寶」と下の「龍寶」は分かるのですが、他が残念ながら分かりません。
分かる方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えて下さい。

京都市北区の大徳寺の御朱印

御朱印が頂ける場所

御朱印は境内の「宗務本所」でいただけます。

正面は「拝観できません 関係者以外立ち入り禁止」と塞がれていますが、御朱印の受付だけは行われています。

京都市北区の大徳寺

奥にある庫裏の扉を開けると、お寺の方が対応をしてくださいますので、安心してください。

京都市北区の大徳寺

書き置きの御朱印の保管には、フィルムで挟むだけの「御朱印ホルダー」や差し込むタイプの「書き置き御朱印 専用御朱印帳」などがオススメですよ〜!

京都市北区の大徳寺の御朱印

大徳寺ってどんなお寺?

歴史

大徳寺の起こりは鎌倉時代の末期。
正和4年(1315)、武将・赤松則村の帰依を受けた臨済宗の僧「宗峰妙超しゅうほうみょうちょう」が、紫野に小院を建立したのが始まりです。

京都市北区の大徳寺の入口

その後、花園上皇・後醍醐天皇から篤い帰依を受けて勅願寺となり、建武元年(1334)には、後醍醐天皇による「京都五山」で南禅寺と並び上刹に置かれました。

京都市北区の大徳寺
京都市左京区の南禅寺の御朱印
南禅寺の御朱印 - 最も格式の高い禅寺!庭園や水路閣も美しい!京都市左京区にある「南禅寺(なんぜんじ)」で頂ける御朱印を中心に方丈庭園や三門、水路閣などについても紹介します。南禅寺の御朱印は1種類のみで、基本的には書き置きのみの授与になっています。御朱印帳に貼りやすいようにシールタイプも用意されています。...

しかし、宗峰と対立する夢窓疎石に帰依した足利尊氏が室町幕府を開くと、幕府は大徳寺を冷遇。

足利義満が定めた「京都五山」では、五山の下の十刹下位に置かれ、自ら五山を抜け出しました。

京都市北区の大徳寺

天正10年(1582)には、豊臣秀吉によって織田信長の葬儀が行われ、菩提を弔うため「総見院」が建立されました。
これ以来、武将の塔頭建立が相次ぎ、現在は24もの塔頭が建ち並んでいます。

ちなみに、大徳寺の本坊自体は通常非公開のため、拝観のメインは常時公開している一部塔頭のみです。

京都市北区の大徳寺の境内図



三門

大徳寺で有名なのが、こちらの朱色の三門。
金毛閣とも言い、茶人「千利休」の死の原因となったとされる門です。

三門が建立されたのは、室町時代の大永6年(1526)。
連歌師・宗長の寄進によるもので、はじめは1階部分のみが建てられました。

京都市北区の大徳寺の三門

建立から63年後の天正17年(1589)、千利休は三門の改築に着手。
2階部分(金毛閣)を増築し、釈迦三尊や十六羅漢像、そして雪駄履き姿の「千利休像」を安置しました。

この「千利休像」に、豊臣秀吉は「雪駄履きの像の下を通らせるとは何事か」と大激怒。
以前から軋轢が生じてたこともあり、千利休に対して切腹を命じました。

京都市北区の大徳寺の三門

千利休は命令通り切腹を行い、70歳でその生涯を閉じました。
千利休の首は一条戻橋にて、千利休像と共に晒されたと伝えられています。

京都市北区の大徳寺の千利休像内部に安置されている千利休像
画像:京都府立京都学・歴彩館 京の記憶アーカイブより(切り抜き加工済み)

ちなみに、千利休の死後も秀吉の激怒は続き、一時は大徳寺の破却も検討していたといいます。
最後まで徹底的なのが秀吉らしいですね。

三門内部には立派な天井画もあるみたいなので、一度は拝観してみたいです。

京都市北区の大徳寺の三門内部の天井画
画像:京都府立京都学・歴彩館 京の記憶アーカイブより(切り抜き加工済み)



大徳寺周辺の寺社

大徳寺の周辺には、門前のあぶり餅が有名な「今宮神社」、織田信長を祀る「建勲神社」などがあります。
また、塔頭には春と秋に特別拝観を行っている「総見院」も。

記事を参考にして、ぜひ参拝してみてくださいね!
あぶり餅は本当にオススメです!!

京都市北区の今宮神社の御朱印
今宮神社の御朱印 - 疫病退散で有名な神社!あぶり餅は絶品!京都市北区の紫野にある「今宮神社(いまみやじんじゃ)」で頂ける御朱印を中心に歴史や、門前のあぶり餅についてご紹介いたします。古くから疫病退散の神社として知られる今宮神社では、通常の御朱印の他にも、見開き御朱印や和歌の御朱印などが授与されています。...
建勲神社
建勲神社の御朱印情報基本情報 住所:京都市北区紫野北舟岡町49 御祭神:織田信長公 時間:9:00〜17:00 御朱印の初穂料:300円・500円 ...
総見院の御朱印 - 秀吉が創建した信長の菩提寺!境内にはお墓も!京都市北区の大徳寺塔頭「総見院(そうけんいん)」で頂ける御朱印を中心に、歴史や織田信長木像などについても詳しく紹介。総見院は本能寺の変で落命した信長の菩提寺として、天正11年(1583)に豊臣秀吉が創建したお寺で、境内には信長一族のお墓も残されています。...

大徳寺へのアクセス

  • 京都市営バス「建勲神社前」から徒歩約2分
  • 京都市営バス「大徳寺前」から徒歩約2分

大徳寺の基本情報

御朱印の種類通常1種類
御朱印の値段300円
御朱印の時間不明
御本尊釈迦如来
宗旨臨済宗大徳寺派(大本山)
拝観料境内自由
住所京都市北区紫野大徳寺町53
公式HPhttp://www.rinnou.net/cont_03/07daitoku/

ABOUT ME
nobo
休日に自転車で京都を走り回り、御朱印を拝受しています。 御朱印を初めて頂いたのは2017年4月で、御朱印きっかけで神社仏閣によく行くようになりました。