北区

総見院の御朱印 – 秀吉が創建した信長の菩提寺!境内にはお墓も!

こんにちは、nobo(@nobo_kyoto)です。

京都市北区にある大徳寺塔頭「総見院(そうけんいん)」。
豊臣秀吉が織田信長の菩提を弔って創建したお寺として有名です。

通常時は非公開であり、春と秋などに特別拝観を実施しています。

この記事では、2021年秋の特別拝観時に頂いた御朱印を中心に、歴史や織田信長の木像・お墓などについてもご紹介いたします!

信長好きの方には、ぜひ参拝していただきたいお寺ですよ〜!

織田信長ゆかりの京都の寺社

総見院の御朱印について

御朱印の基本情報
  • 御朱印の種類:通常1種類
  • 御朱印の朱印料:300円

総見院では、通常1種類の御朱印が授与されています。

施無畏の御朱印

総見院で頂ける「施無畏せむい」の御朱印です。

説明書によると、施無畏は「何ものをも恐れない力を与えること。さまざまなおそれを取り除いて、安心させること。」という意味があるそうです。

京都市北区の総見院の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝、日付
    中央:施無畏
    左側:総見院
  • 朱印
    中央:*無本師(?) 釈迦如来 大**

 

御朱印は書き置きのみの対応でした。
頂けるだけでも嬉しいですね。

中央の朱印はいくつか読めませんでした。
頂いた時に聞いておけばよかった・・・。

京都市北区の総見院の御朱印

御朱印は「拝観受付」で授与されています。

書き置きの御朱印の保管には、フィルムで挟むだけの「御朱印ホルダー」や差し込むタイプの「書き置き御朱印 専用御朱印帳」などがオススメですよ〜!

京都市北区の総見院の御朱印

総見院ってどんなお寺?

歴史

天正10年(1582)6月、本能寺に宿泊していた織田信長は、家臣・明智光秀による謀反「本能寺の変」で命を落としました。

同年10月、豊臣秀吉は大徳寺で信長の葬儀を盛大に行ったと伝えられています。

京都市北区の総見院



翌天正11年(1583)、信長の一周忌に合わせ、秀吉は「信長の菩提寺」として総見院を創建。
臨済宗の僧「古渓宗陳」を開祖とし、寺名は信長の戒名「総見院殿贈大相国一品泰巌大居士」から名付けられました。

京都市北区の総見院茶筅塚

創建当初は広大な境内があり、様々なお堂が建てられていました。
しかし、明治初期の「廃仏毀釈」によって、お堂・宝物はほとんど失われ、一時は廃絶状態に。

京都市北区の総見院

現在のお堂は大正時代に建てられたもので、創建当初の建築物は、境外にある大きな鐘楼と入口の土塀を残すのみとなっています。

京都市北区の総見院

織田信長木像

総見院の一番の見所は、織田信長の木造坐像です。
作者は運慶・湛慶の流れをくむ仏師「康清こうせい」によるもので、天正11年の創建に合わせて造られました。

康清は生前の信長と会ったことがあるらしく、顔は信長に似せて造られたとのこと。
目はとってもキラキラ輝いていました。

京都市北区の総見院の織田信長木像

上でも紹介した廃仏毀釈の際は、破却を免れるために本坊に避難。
信長の380年忌にあたる昭和36年(1961)、回廊に掲げられている「輿」で総見院に戻ってきたそうです。

京都市北区の総見院

実は、康清は信長像をもう1体造っており、そちらは信長の亡骸の代わりに火葬されたそうです。

材料は高級香木の「沈香」が使用され、火葬のいい香りは京都中に漂ったとのこと。
秀吉らしい派手な演出ですね。

created by Rinker
日本香堂(Nippon Kodo)
¥842
(2021/12/04 22:50:19時点 Amazon調べ-詳細)

信長一族の墓

境内の北側には、信長一族のお墓(五輪塔)が建ち並んでいます。

京都市北区の総見院のお墓

並び順は、左から「秀雄(信雄嫡男)、信雄(信長二男)、信長、信忠(信長嫡男)、秀勝(信長四男)、信髙(信長七男)、信好(信長十男)」。

京都市北区の総見院のお墓

信長のお墓には、しきみが手向けられていました。

京都市北区の総見院のお墓

また、脇には信長の正室「濃姫のうひめ」と側室「お鍋の方(興雲院)」のお墓もあります。
話によれば、大徳寺所蔵の文献によってお墓の主が明らかになったそうです。

京都市北区の総見院のお墓

墓所からは、信長が焼き討ちを行った比叡山がよく見えました。

京都市北区の総見院

ちなみに、信長のお墓は上京区「阿弥陀寺」にもあります。
ぜひ、阿弥陀寺も参拝してみてくださいね!

京都市左京区の阿弥陀寺
京都の阿弥陀寺の御朱印
阿弥陀寺の御朱印 - 信長忌限定で拝受!信長のお墓があるお寺京都市上京区の寺町通にある「阿弥陀寺(あみだじ)」で頂ける2種類の御朱印情報です。阿弥陀寺は織田信長のお墓があるお寺で、御本尊の阿弥陀如来の他、「信長公本廟」の御朱印も頂けます。年に1度行われる「信長忌」では、特別なスタンプが押され限定仕様の御朱印となります。...
織田信長ゆかりの京都の寺社5選 | お墓からマイナーな神社まで!名だたる戦国武将の中で最も人気ある「織田信長」。本能寺で最期を迎えたことはあまりにも有名です。この記事では、そんな信長ゆかりの京都の寺社を5つ厳選。信長のお墓があるお寺から、ほとんどの人が知らない小さい神社まで詳しくご紹介いたします!...

総見院周辺の寺社情報

総見院の周辺には、平安時代から疫病退散で有名な「今宮神社」や美しい枯山水庭園を拝観出来る「瑞峯院」などがあります。
また、船岡山には織田信長を祀る「建勲神社」も鎮座していますよ!

記事を参考にして、ぜひ併せて参拝してみてくださいね〜!

京都市北区の今宮神社の御朱印
今宮神社の御朱印 - 疫病退散で有名な神社!あぶり餅は絶品!京都市北区の紫野にある「今宮神社(いまみやじんじゃ)」で頂ける御朱印を中心に歴史や、門前のあぶり餅についてご紹介いたします。古くから疫病退散の神社として知られる今宮神社では、通常の御朱印の他にも、見開き御朱印や和歌の御朱印などが授与されています。...
京都市北区の大徳寺の御朱印
大徳寺の御朱印 - 非公開時でも頂ける!千利休ゆかりの三門あり京都市北区紫野にある「大徳寺(だいとくじ)」で頂ける御朱印の紹介です。大徳寺は通常非公開のお寺ですが、非公開時でも御朱印は頂くことができます。頂ける場所などを中心に、歴史や千利休ゆかりの三門についても詳しく掲載しています。...
建勲神社
建勲神社の御朱印情報基本情報 住所:京都市北区紫野北舟岡町49 御祭神:織田信長公 時間:9:00〜17:00 御朱印の初穂料:300円・500円 ...

総見院へのアクセス

  • 京都市営バス「建勲神社前」から徒歩約6分
  • 京都市営バス「今宮神社前」から徒歩約4分

総見院の基本情報

御朱印の種類通常1種類
御朱印の値段300円
宗旨臨済宗大徳寺派
拝観料有料
住所京都市北区紫野大徳寺町59
京都春秋HPhttps://kyotoshunju.com/temple/daitokuji-sokenin/

ABOUT ME
nobo
休日に自転車で京都を走り回り、御朱印を拝受しています。 御朱印を初めて頂いたのは2017年4月で、御朱印きっかけで神社仏閣によく行くようになりました。