北区

興臨院の御朱印|枯山水庭園や紅葉が美しい!通常非公開の大徳寺塔頭

京都市北区の興臨院の御朱印

こんにちは、nobo@nobo_kyoto)です。

京都市北区の大徳寺塔頭「興臨院(こうりんいん)」。
通常は非公開となっており、春と秋に特別公開が行われるお寺です。

この記事では、そんな興臨院で頂いた御朱印を中心に、歴史や紅葉の様子などについてご紹介します!

京都市北区の興臨院

興臨院の御朱印について

釋迦牟尼仏の御朱印

興臨院の御本尊「釋迦牟尼仏(釈迦如来)」の御朱印です。

京都市北区の興臨院の御朱印
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:日付
    中央:釈迦牟尼仏
    左側:興臨院
  • 朱印
    中央:三宝印、興臨禅院
    左側:大徳寺塔頭
  • スタンプ
    右側:令和

 

御朱印は書き置きのみ授与でした。
大徳寺塔頭の特別公開は、ほとんどが書き置きだけのようです。

京都市北区の興臨院の御朱印

右上には、桐紋の中に「令和」と書いてあるスタンプが押してありました。
ちょっとかわいい感じですね。

京都市北区の興臨院の御朱印

書き置き御朱印は、御朱印帳にのりで貼るのが一般的ですが、個人的にはフィルムで挟むだけの「御朱印ホルダー」や差し込むタイプの「書き置き御朱印 専用御朱印帳」をオススメしてます!

京都市北区の興臨院の御朱印
大徳寺塔頭の御朱印
【13寺社】大徳寺の本坊・塔頭と周辺寺社の御朱印まとめ京都市北区にある臨済宗大徳寺派大本山「大徳寺」の本坊・塔頭、周辺の寺社で頂ける御朱印の紹介です。大徳寺は塔頭寺院がたくさんあり、常時公開されているところから、めったに公開されないところまであります。この記事では、周辺の寺社を含めて、合計13寺社の御朱印をまとめて掲載します。...

興臨院ってどんなお寺?

歴史

伝えによれば、興臨院の起こりは室町時代末期の大永年間(1521年〜1528)。※諸説あり

能登の武将・畠山義総はたけやまよしふさが、大徳寺86世・小渓紹怤しょうけいじょうふを開山に迎えて創建したのが始まりです。

京都市北区の興臨院

興臨院の寺号は、義総の法名である「興臨院殿伝翁徳胤大禅定門」から名付けられました。

この法名が寺号になるパターンは、大徳寺の塔頭寺院ではよくあることのようで、「総見院」は織田信長、「瑞峯院」は大友宗麟、「聚光院」は三好長慶の法名から名付けられています。

京都市北区の興臨院

元々は畠山家の菩提寺だった興臨院ですが、前田利家が屋根の葺き替えを行ったことから、前田家の菩提寺にもなりました。

京都市北区の興臨院

本堂は残念ながら一度焼失していますが、表門は創建当時のものが残されており、重要文化財に指定されています。

京都市北区の興臨院

方丈前にある庭園は、昭和53年(1978)に中根金作なかねきんさくによって作庭されたもの。

個人的に白砂の枯山水庭園って凄く好きなんですよね。
ずっとぼーっと見てたくなります。

京都市北区の興臨院



紅葉

私が訪れた11月末は、境内の紅葉が最高に美しかったです。

京都市北区の興臨院

特に本堂裏は凄く、紅葉と苔の緑の相性がバツグンでした。

京都市北区の興臨院

グラデーションが素晴らしいですね!!

京都市北区の興臨院

奥の方には、きれいに磨かれたテーブルが設置されており、反射した紅葉を撮影できるようになっていました。
とても美しいですね!

お寺の方の話では、ほとんどの人がこの写真を撮るために訪れてるんだとか。

拝観の際は、写真撮影をお忘れなく。

京都市北区の興臨院

手水鉢には、色とりどりのお花が生けられていました。

こじんまりとしていて、美しい花手水ですね〜!

京都市北区の興臨院



興臨院へのアクセス

  • 京都市営バス「大徳寺前」から徒歩約4分
  • 京都市営バス「建勲神社前」から徒歩約5分

興臨院の基本情報

御朱印の種類通常1種類
御朱印の値段300円(書き置きのみ)
宗旨臨済宗大徳寺派
御本尊釈迦如来
住所京都市北区紫野大徳寺町80
公式HPなし
ABOUT ME
nobo
休日に自転車で京都を走り回り、御朱印を拝受しています。 御朱印を初めて頂いたのは2017年4月で、御朱印きっかけで神社仏閣によく行くようになりました。