東山区

六波羅蜜寺の御朱印を6種類紹介! – 空也上人ゆかりの観音霊場

こんにちは、nobo@kyoto_gosyuin)です。

京都市東山区の空也上人や平家にゆかりのお寺「六波羅蜜寺ろくはらみつじ」。

六波羅蜜寺は、国宝に指定されている「十一面観音立像」を祀り、西国三十三所や洛陽三十三所観音霊場などの札所になっています。

この記事では、六波羅蜜寺の御朱印と御朱印帳、歴史や見どころなどについて詳しくご紹介します。

六波羅蜜寺の御朱印について

まずは六波羅蜜寺の御朱印について。

  • 種類:6種類
  • 料金:300円
  • 時間:8:00〜17:00

六波羅蜜寺でいただける御朱印一覧はこちらです。

六波羅蜜寺の御朱印
  1. 西国三十三所の御朱印
  2. 西国三十三所の御詠歌の御朱印
  3. 洛陽三十三所観音霊場の御朱印
  4. 洛陽三十三所観音霊場の御詠歌の御朱印
  5. 神仏霊場巡拝の道の御朱印
  6. 弁財天の御朱印
六波羅蜜寺の御朱印

以上の6種類のうち、弁財天の御朱印以外は基本的に本堂の内の納経所もらえます。



本堂内の納経所でもらえる御朱印

本堂の中にある納経所でもらえる御朱印は5種類です。

1.西国三十三所の御朱印

西国三十三所第17番札所の御朱印です。
通常、何も言わずに御朱印帳を渡すと、こちらがいただけます。

御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:日付、奉拝
    中央:六波羅堂
    右側:執事
  • 朱印
    右側:西國十七番、西国三十三所草創1300年の記念印
    中央:「十一面観音」の梵字(読み:キャ)
    左側:月参り巡礼の記念印、六波羅堂
左上の朱印は月参り巡礼の限定。
右下の朱印は2022年3月31日までの限定。
六波羅蜜寺の西国三十三所の御朱印

2.西国三十三所の御詠歌の御朱印

西国三十三所第17番札所の御詠歌の御朱印です。

御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:日付
    中央:「おくとも 五つの罪は よもあらじ 六波羅堂へ 参る身なれば」
  • 朱印
    右側:西國十七番、西国三十三所草創1300年の記念印
    中央:「十一面観音」の梵字(読み:キャ)
    左側:月参り巡礼の記念印、六波羅堂
左上の朱印は月参り巡礼の限定
右下の朱印は2022年3月31日までの限定。
六波羅蜜寺の御詠歌の御朱印

一つ前の札所:西国三十三所第16番「清水寺」の御朱印情報

清水寺の御朱印一覧
清水寺の御朱印情報京都市東山区にある世界遺産の清水寺は、複数の札所になっており、全部で12種類の御朱印をいただくことが出来ます。この記事では全ての御朱印を写真付きで紹介しています。...

一つ次の札所:西国三十三所第18番「六角堂」の御朱印情報

六角堂の御朱印
六角堂(頂法寺)の御朱印 - 聖徳太子創建のお寺京都市中京区にある六角堂の御朱印を5種類全てご紹介しています。正式名称は頂法寺というお寺で、本堂が六角形をしていることから六角堂とよばれています。古くからある当寺は西国三十三所や洛陽三十三所観音霊場の札所になっています。...

3.洛陽三十三所観音霊場の御朱印

洛陽三十三所観音霊場第15番札所の御朱印です。

御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝、日付
    中央:六波羅堂
    左側:執事
  • 朱印
    右側:洛陽十五番
    中央:「十一面観音」の梵字(読み:キャ)
    左側:六波羅堂
六波羅蜜寺の洛陽三十三所観音霊場の御朱印

私は洛陽三十三所観音霊場の公式御朱印帳にいただきました。

洛陽三十三所観音霊場の御朱印帳洛陽三十三所観音霊場巡礼とは? 洛陽三十三所観音霊場は、京都市内にある33寺を参拝する霊場巡りです。 近畿地方の広範囲に散らばってい...

4.洛陽三十三所観音霊場の御詠歌の御朱印

洛陽三十三所観音霊場第15番札所の御詠歌の御朱印です。

西国三十三所の御詠歌と墨書きは同じですが、押してある印が違います。

御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:日付
    中央:「おくとも 五つの罪は よもあらじ 六波羅堂へ 参る身なれば」
  • 朱印
    右側:洛陽十五番
    中央:「十一面観音」の梵字(読み:キャ)
    左側:月参り巡礼の記念印、六波羅堂
六波羅蜜寺の御詠歌の御朱印

一つ前の札所:洛陽三十三所観音霊場第14番「清水寺・泰産寺」の御朱印情報

清水寺の御朱印一覧
清水寺の御朱印情報京都市東山区にある世界遺産の清水寺は、複数の札所になっており、全部で12種類の御朱印をいただくことが出来ます。この記事では全ての御朱印を写真付きで紹介しています。...

一つ次の札所:洛陽三十三所観音霊場第16番「仲源寺」の御朱印情報

仲源寺の御朱印
仲源寺の御朱印情報京都市東山区・祇園商店街の中にある仲源寺(ちゅうげんじ)の御朱印情報です。仏師の定朝(ていじょう)が地蔵菩薩を彫り、四条橋の北東に祀ったのが当寺の起こりとされ、御本尊の目疾地蔵尊は眼病平癒の信仰を集めています。観音堂に祀られている千手観音菩薩は洛陽三十三所観音霊場第16番札所。...

5.神仏霊場巡拝の道の御朱印

神仏霊場巡拝の道の御朱印です。

御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝、日付
    中央:六波羅堂
    左側:執事
  • 朱印
    右側:神仏霊場
    中央:「十一面観音」の梵字(読み:キャ)
    左側:六波羅堂
六波羅蜜寺の神仏霊場巡拝の道の御朱印
こちらの御朱印は専用御朱印帳にしか書いてもらえない可能性があります。
神仏霊場巡拝の道の御朱印帳情報神仏霊場巡拝の道とは? 神仏霊場巡拝の道は近畿地方の150社寺+伊勢神宮を巡る霊場です。神と仏を区別すること無く等しく、参拝をする...

本堂脇の御堂でもらえる弁財天の御朱印

弁財天の御朱印は、基本的に本堂脇の御堂でいただくことが出来ます。

六波羅蜜寺の御朱印情報
御朱印の内容
  • 墨書き
    右側:奉拝、日付
    中央:弁財天
    左側:執事
  • 朱印
    右側:都七福神 福徳自在
    中央:琵琶形の「弁財天」の梵字(読み:ソ)
    左側:六波羅蜜寺印
六波羅蜜寺の弁財天の御朱印

本堂脇の御堂内にある御朱印所で御朱印は頂けますが、人がいらっしゃらないことが多いです。
人がいらしゃらない場合は、本堂内の納経所でも頂けるようです。

六波羅蜜寺の授与所

六波羅蜜寺のオリジナル御朱印帳

六波羅蜜寺では、4種類のオリジナル御朱印帳が授与されています。
冥加料(値段)は、「紺・赤・青:1500円」「金:2000円」となっています。

手にとって見るとわかるのですが、とっても美しいデザインをしています。
説明書きによると、この表紙は「空也上人が刻んだ御本尊・十一面観世音菩薩」の飛天図を図案化したものということです。

六波羅蜜寺の御朱印帳 六波羅蜜寺の御朱印帳

この御朱印帳は、本堂内の納経所と「総受付」の札がかけてある建物内で頂けます。
この建物内には、西国三十三所や洛陽三十三所観音霊場、都七福神めぐりの御朱印帳なども置いてありました。

六波羅蜜寺の御朱印帳が置いてある建物


六波羅蜜寺ってどんなお寺?

御本尊

御本尊は国宝十一面観音立像を祀っています。
この十一面観音立像は、西国三十三所第17番・洛陽三十三所観音霊場第15番の札所に指定されています。

六波羅蜜寺の本堂

歴史

951(天暦5)年、開基である空也上人(くうやしょうにん)は当時京都で流行していた悪疫退散のために十一面観音像を刻み、車に乗せて引き回し、念仏を唱えながら病人にお茶を振る舞いました。

963(応和3)年、鴨川岸で600人の僧による大般若経の転読などが行われ盛大な落慶供養が行われました。これが当寺の起こりです。
当時は西光寺という寺名でしたが、空也上人の没後に中信上人によって六波羅蜜寺と改められ、天台別院になりました。

空也上人空也上人のイラスト

本堂

現在の本堂は1363(貞治2)年に建てられたものです。

六波羅蜜寺の本堂

江戸時代、豊臣秀吉公は寺領70石を安堵し、本堂の修復。
しかし、明治初期の廃仏毀釈により広かった寺領は今の大きさまで狭められ、荒廃してしまいます。

1969(昭和44)年に開創1000年を記念した本堂の解体修理が行われ、現在の美しい色合いの本堂になりました。

六波羅蜜寺の本堂

六波羅蜜寺と平家

平安末期、当寺周辺に平家一門の邸宅が5000以上も建ち並び栄えましたが、1183(寿永2)年の兵火により本堂以外の邸宅や諸堂はすべて焼失してしまいます。

鎌倉時代になると当寺近くに鎌倉幕府の出先機関「六波羅探題」が設置され、朝廷の監視や治安維持などが行われました。

六波羅蜜寺の平清盛公の塚平清盛公の塚

境内には「六波羅探題府」の石碑が立っています。

六波羅蜜寺の六波羅探題の石碑此附近平氏六波羅探題址

都七福神の六波羅弁財天

弁財天堂には、都七福神の一つ「六波羅弁財天」が祀られています。

六波羅弁財天

崇徳天皇(第75代)の夢告により、曹洞宗の僧・禅海が造立したものです。

崇徳天皇が讃岐に流されると、寵愛ちょうあいされていた阿波内侍わのないしは、屋敷をお寺に改め、弁財天を祀りました。

明治初期、廃仏毀釈によってこのお寺は廃寺となり、弁財天は六波羅蜜寺に移されました。

六波羅蜜寺の弁財天堂

弁財天堂の正面には、都七福神めぐりで使われる色紙(大護符)が置いてありました。

都七福神めぐりは毎年1月に行われるので、機会があれば参加してみてくださいね。

六波羅探題の弁財天堂の色紙

弁財天堂の横には、弁財天が中央に配置されている七福神の絵馬が沢山かかっていました。

6柱の男神に見守られながら、女神・弁財天が琵琶を弾いている感じですかね〜。

六波羅探題の弁財天堂の絵馬


その他 撫で牛や銭洗い弁財天

手水場の近くにひっそりとある「無事かえる」。
わかりにくいですが、石の上に二匹のカエルが彫ってあります。

説明書きには「御無事の御帰宅をお祈り申し上げます」とありました。

六波羅探題の無事かえる

こちらは「撫で牛」と呼ばれる石像です。
痛いところや辛いところを撫でると治るとされています。

北野天満宮などに安置されている撫で牛と同じ感じですね。

六波羅探題の撫で牛

本堂脇の御堂には、銭洗い弁財天水掛不動尊などが安置されています。

銭洗い弁財天の前に置いてある小さなザルにお金を入れ、柄杓一杯の水を三回に分けてかけると、お金を清めることが出来ます。
清めたお金は使わずに貯めておくといいそうです!

六波羅探題の銭洗い弁財天 六波羅探題のお地蔵さん

基本情報まとめ

御朱印の種類6種類
御朱印の朱印料300円
時間8:00〜17:00
御本尊十一面観音立像
宗旨真言宗智山派
山号普陀落山
住所京都市東山区五条通大和大路上ル東
公式HPhttp://rokuhara.or.jp

六波羅蜜寺のアクセス

  • 京都市営バス”清水道”より徒歩約8分
  • 京阪電気鉄道”清水五条駅”より徒歩約8分
  • 阪急電鉄”河原町駅”より徒歩約14分

ABOUT ME
アバター
nobo
休日に自転車で京都を走り回り、御朱印を拝受しています。 御朱印を初めて頂いたのは2017年4月で、御朱印きっかけで神社仏閣によく行くようになりました。